ミヤマシキミ

深山樒 ムクロジ目/ミカン科/ミヤマシキミ属 花期/3月中旬~下旬 結実期/11月中旬~12月

有毒稀少

ミヤマシキミ(タチバナモッコク)の雄花 鎌倉市・浄妙寺 2017/04/02

ミヤマシキミ(タチバナモッコク)の雄花 鎌倉市・浄妙寺 2017/04/02

常緑の低木で、雌雄異株(しゆういしゅ)。タチバナモッコク(橘木斛)とも。シキミ(樒)モッコク(木斛)とはまったくの別種。タチバナ(橘)は同じミカン科ながら、本種の実はミカンではなくモチノキ(黐の木)とかシロダモ(白梻)のような赤いアレ。山地に分布するため、神奈川県内では丹沢や箱根で見ることができる。東京都八王子市・高尾山のものが人目に付きやすいか。湘南・鎌倉・三浦半島ではごく稀に栽培されるのみ。

ミヤマシキミ(タチバナモッコク)の雄花 鎌倉市・浄妙寺 2017/04/02

ミヤマシキミ(タチバナモッコク)の雄花 鎌倉市・浄妙寺 2017/04/02

ミヤマシキミの花

ミヤマシキミ(タチバナモッコク)の雄花の蕾 鎌倉市・浄妙寺 2017/02/03

ミヤマシキミ(タチバナモッコク)の雄花の蕾 鎌倉市・浄妙寺 2017/02/03

丸みを帯びた蕾はかわいらしくちょっと気になる存在。花の少ない冬の季節をさりげなく彩ってくれそうだ。という点が着目されてヨーロッパで品種改良された逆輸入園芸種をスキミア(Skimmia)という。スキミアとはミヤマシキミ属のこと。蕾の数はもっとたくさんふっさふさに、色も赤みを強く帯びて、クリスマスの飾りにちょうどよいかも。今後民家の庭で見かける機会が増えてきそう。

ミヤマシキミ(タチバナモッコク)の雄花の蕾 鎌倉市・浄妙寺 2017/02/03

ミヤマシキミ(タチバナモッコク)の雄花の蕾 鎌倉市・浄妙寺 2017/02/03

ミヤマシキミ(タチバナモッコク)の雄花 鎌倉市・浄妙寺 2017/04/02

ミヤマシキミ(タチバナモッコク)の雄花 鎌倉市・浄妙寺 2017/04/02

ミヤマシキミ(タチバナモッコク)の雄花 鎌倉市・浄妙寺 2017/04/02

ミヤマシキミ(タチバナモッコク)の雄花 鎌倉市・浄妙寺 2017/04/02

ミヤマシキミ(タチバナモッコク)の雄花 鎌倉市・浄妙寺 2017/04/02

ミヤマシキミ(タチバナモッコク)の雄花 鎌倉市・浄妙寺 2017/04/02

ミヤマシキミ(タチバナモッコク)の雄花 鎌倉市・浄妙寺 2017/04/02

ミヤマシキミ(タチバナモッコク)の雄花 鎌倉市・浄妙寺 2017/04/02

ミヤマシキミの実


横浜市南区・こども植物園(生垣園、今あるのは雄株のみか)、横浜市緑区・新治市民の森(にいはる-、駐車場(土日祝のみ開場)周囲に植栽、3月20日頃に雌花、白実も)

浄妙寺(参道右手にタチバナモッコクとして、雄株、蕾が観客の目に留まる)、フラワーセンター大船植物園

ツルシキミ

蔓樒 ムクロジ目/ミカン科/ミヤマシキミ属 花期/3月中旬~下旬、(箱根)4月中旬~5月上旬 結実期/11月~12月、(箱根)11月~12月

有毒

ツルシキミの実 箱根町・湖尻 2017/11/17

ツルシキミの実 箱根町・湖尻 2017/11/17

ミヤマシキミ(深山樒)の変種。あまり枝を分岐させずに茎を長く伸ばして倒れ地面に横たわる姿になる。上に積もった雪で枝を折らずに耐えるための変形という。こちらも山地に生えるので、神奈川県内では丹沢や箱根で見かける程度。にょきにょき伸びて姿にまとまりがないため、湘南・鎌倉・三浦半島では栽培もされていないのでは。

ツルシキミの葉 箱根町・湖尻 2017/11/17

ツルシキミの葉 箱根町・湖尻 2017/11/17

ツルシキミの花

他の低木の下木として生えるため、花や実の付きはあまり良くないかも。

ツルシキミの実

ツルシキミの実 箱根町・湖尻 2017/11/17

ツルシキミの実 箱根町・湖尻 2017/11/17

ツルシキミの実 箱根町・湖尻 2017/11/17

ツルシキミの実 箱根町・湖尻 2017/11/17


南足柄市三竹・御嶽神社(社殿裏山、県指定天然記念物「御嶽神社の社叢林」)、箱根町・湖尻

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする