カラタチバナ

唐橘 ツツジ目/サクラソウ科/ヤブコウジ属 花期/7月 結実期/10月下旬~4月

自生種稀少保護

シロミノカラタチバナの実 鎌倉市・成就院 2017/01/15

シロミノカラタチバナとカラタチバナの実 鎌倉市・成就院 2017/01/15

薄暗い林床に生える常緑の小低木。冬に赤い実を付けるため正月飾りに好まれ、通称ヒャクリョウ(百両)。実が白色のものはシロミノカラタチバナ(白実の唐橘)と呼ばれる。カラタチバナの姿は同属のマンリョウ(万両)に非常によく似る。湘南・鎌倉・三浦半島ではマンリョウの自生は多いがヒャクリョウはかなり稀。そこいらに生えていたってよさそうなものだが、人嫌いなのか気難しいのか。鎌倉の寺境内でもほとんど栽培されていない。

カラタチバナ(ヒャクリョウ)、左の一株はマンリョウ 鎌倉市・成就院 2017/01/15

カラタチバナ(ヒャクリョウ)とシロミノカラタチバナ、左の一株はマンリョウ 鎌倉市・成就院 2017/01/15

マンリョウの葉は、丸っこい鋸歯があり縁(ふち)が波打つ。カラタチバナの葉は、縁に腺点が並ぶため細かい鋸歯があるように感じるがよく見れば葉先を除いて切れ込みはほとんどなく、カールせずにすらっと横に伸びてぴーんと広がる。

カラタチバナ(ヒャクリョウ)の葉 鎌倉市・成就院 2017/01/15

カラタチバナ(ヒャクリョウ)の葉 鎌倉市・成就院 2017/01/15

カラタチバナ(ヒャクリョウ)の葉 鎌倉市・成就院 2017/01/15

カラタチバナ(ヒャクリョウ)の葉 鎌倉市・成就院 2017/01/15

カラタチバナ 鎌倉市二階堂・永福寺跡遊歩道 2018/01/10

カラタチバナ 鎌倉市二階堂・永福寺跡遊歩道 2018/01/10

カラタチバナの花

カラタチバナの花 鎌倉市・成就院 2017/07/01

カラタチバナの花 鎌倉市・成就院 2017/07/01

カラタチバナの花 鎌倉市・成就院 2017/07/01

カラタチバナの花 鎌倉市・成就院 2017/07/01

カラタチバナの実

マンリョウっぽい感じの赤い実を付ける。

カラタチバナの実 大磯町生沢 2017/12/14

カラタチバナの実 大磯町生沢 2017/12/14

カラタチバナの実 大磯町生沢 2017/12/14

カラタチバナの実 大磯町生沢 2017/12/14

シロミノカラタチバナの実 鎌倉市・成就院 2017/01/15

シロミノカラタチバナの実 鎌倉市・成就院 2017/01/15

自然界では、そもそも個体数少なく、そして実付き悪く、更にきれいに赤く色付けば鳥か何かに食べられてしまうのだろうあったはずの実もなくなってしまう。実の観察は12月のうちに。


報国寺(拝観受付正面、有料エリア入ってすぐカエデ(楓)の根元一帯)、覚園寺(愛染堂前・萬世太平の鐘後方)、成就院(手水の水盤周辺=ミズヒキ(水引)に埋もれ花は観察不適、白も)、大磯町生沢、高麗山公園(花期はマダニ(真蜱)に注意)

馬堀自然教育園(平成29年(2017)12月5日なし)、池子の森自然公園、長久保公園(名札のみで物はないか)、氷室椿庭園

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする