ヌルデ

白膠木 ムクロジ目/ウルシ科/ヌルデ属 花期/8月末~9月中旬 結実期/11月~12月

有毒危険薬用自生種

ヌルデの雄花 茅ヶ崎市・上ノ田公園 2019/09/17

#ヌルデの雄花 茅ヶ崎市・上ノ田公園 2019/09/17

林縁部などに生える落葉小高木で、雌雄異株(しゆういしゅ)。ウルシ(漆)やハゼノキ(櫨の木)の仲間。ハゼノキは春咲き、ヌルデは秋咲き。湘南・鎌倉・三浦半島でもしばしば見かける普通種。川沿いの林にも多い。とはいえ、汚らしく荒れているものが多く、花見に足る状態の木はあまりない。材は護摩木(ごまぎ)に用いられることが知られる。護摩木とは仏教の護摩法要で炎に投じられて焚(た)かれる木片のこと。護摩法要は天台宗や真言宗などの密教で多く行われている、主に不動明王(ふどうみょうおう)を本尊とし、護摩壇で火を燃やして願い事をする修法(しゅほう)。

ヌルデの低木 横浜市金沢区・釜利谷陸橋 2018/05/20

ヌルデの低木 横浜市金沢区・釜利谷陸橋 2018/05/20

ヌルデの雄株 茅ヶ崎市・上ノ田公園 2019/09/17

#ヌルデの雄株 茅ヶ崎市・上ノ田公園 2019/09/17

葉は奇数羽状複葉。オニグルミ(鬼胡桃)と混同しやすいか。ヌルデの葉軸には翼(よく)があることだけを覚えておけば見分けは簡単。春の葉はきれいだが、花咲く夏の終わりになってはかなり傷みが目立つように。

ヌルデの初夏の葉 茅ヶ崎市萩園・相模川沿い 2018/04/28

ヌルデの初夏の葉 茅ヶ崎市萩園・相模川沿い 2018/04/28

ヌルデの初夏の葉 茅ヶ崎市中島・小出川沿い 2018/06/07

ヌルデの初夏の葉 茅ヶ崎市中島・小出川沿い 2018/06/07

ヌルデの花期の葉 藤沢市稲荷・引地川沿い 2018/09/12

ヌルデの花期の葉 藤沢市稲荷・引地川沿い 2018/09/12

ヌルデの花

花弁が強く反り返り、雄蕊が突き出ているものが(雄株の)雄花。良い蜜源になるようでハチ(蜂)やアリ(蟻)などが多数集まる。

ヌルデの雄花 茅ヶ崎市・上ノ田公園 2019/09/17

#ヌルデの雄花 茅ヶ崎市・上ノ田公園 2019/09/17

ヌルデの雄花 茅ヶ崎市・上ノ田公園 2019/09/17

#ヌルデの雄花 茅ヶ崎市・上ノ田公園 2019/09/17

ヌルデの雄花 茅ヶ崎市・上ノ田公園 2019/09/17

#ヌルデの雄花 茅ヶ崎市・上ノ田公園 2019/09/17

花弁は反り返らず、雌蕊の柱頭(ちゅうとう)が目立つのが(雌株の)雌花。子房を囲うように退化した雄蕊がある。子房が赤っぽく染まっているのは受粉を終えた花か。

ヌルデの雌花 藤沢市稲荷・引地川沿い 2018/09/12

ヌルデの雌花 藤沢市稲荷・引地川沿い 2018/09/12

ヌルデの雌花 藤沢市稲荷・引地川沿い 2018/09/12

ヌルデの雌花 藤沢市稲荷・引地川沿い 2018/09/12

ヌルデの雌花 藤沢市稲荷・引地川沿い 2018/09/12

ヌルデの雌花 藤沢市稲荷・引地川沿い 2018/09/12

花期は秋の長雨や台風と重なりやすいため、ヌルデのきれいな花を観察するのは意外と難あり。

ヌルデの実

ハゼノキの実よりも粒が小さく、赤みが強め。

ヌルデの若い実 茅ヶ崎市・上ノ田公園 2019/09/17

#ヌルデの若い実 茅ヶ崎市・上ノ田公園 2019/09/17

ヌルデの完熟した実 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2017/12/02

ヌルデの完熟した実 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2017/12/02

ヌルデの完熟した実 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2017/12/02

ヌルデの完熟した実 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2017/12/02

ヌルデの完熟した実 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2017/12/02

ヌルデの完熟した実 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2017/12/02


横浜市金沢区・金沢自然公園(なんだろ坂、園外の横浜横須賀道路釜利谷陸橋東側に低木)、横浜市栄区・横浜自然観察の森(樹木ウォッチング49番の札あり

衣笠山公園(若芽堰から竹林方面へ)、茅ヶ崎市・#上ノ田公園

関連記事 – 仲間・似ている・紛らわしい

オニグルミの雄花 茅ヶ崎市萩園・小出川沿い 2018/04/23オニグルミ

フォローする