ミョウガ

茗荷 ショウガ目/ショウガ科/ショウガ属 ミョウガタケ旬/3月~5月 ハナミョウガ旬/7月~10月 花期/(夏ミョウガ)7月下旬~8月上旬、(秋ミョウガ)9月下旬~10月上旬 結実期/10月下旬~11月上旬

食用

ミョウガ 茅ケ崎里山公園 2017/10/05

ミョウガ 茅ケ崎里山公園 2017/10/05

中国原産の多年草。いわゆる里山近隣の林の中に帰化しよく群生している。

冷奴(ひややっこ)や素麺(そうめん)などの薬味として用いられるあのミョウガで、あれは夏から初秋に採れるミョウガの花の蕾(を刻んだもの)で「花みょうが」ともいう(ハナミョウガ(花茗荷)という名の別の植物もある)。収穫は花が開く前。夏が終わってからのものが「秋みょうが」として特に香り高く美味とされる。春には若い茎である「みょうがたけ」も食用にされる。

ショウガ?ミョウガ?

ショウガとミョウガは食べると風味が異なるので明らかな別種であるが、近似種。葉を見比べても違いがよくわからない程。


ショウガ

本来は多年草だが日本の冬を越せないため現実的には一年草の扱い。従って、毎年畑に植え直して丁寧に栽培される。


ミョウガ

多年草。日陰でもよく育ち、(タケやササに次ぐレベルで)繁殖力旺盛。従って畑では栽培せず、家の裏っかたや庭の外れ、林の中や隅、道路脇など、ちょっと扱いが悪い感じの場所で放って置かれる。道端で毎年群生している、ハイキングをしていると毎年同じ場所で見かける、そういったものはすべてショウガでなくミョウガということになる。逆に、日当たりの良い畑でご丁寧に手入れされて栽培されることはふつうはない。

ヤブミョウガ(薮茗荷)はまったくの別種。

ミョウガの若い茎(みょうがたけ)

ミョウガの葉の若芽はミョウガタケ(茗荷茸、茗荷筍、茗荷竹)ないしミョウガダケといい、数10センチほど成長したら収穫し食用にする。日陰のものがよい。料亭などで使われるものは室(むろ)の中で栽培され、ほんのり紅色を付けるために一時的に日光を当てるなど手間をかけた高級品である。味噌を付けてそのまま、刻んで薬味に、用途は様々。ミョウガは、一般的には夏以降の「花みょうが」を食用にする。

ミョウガ(夏ミョウガ)の花

ミョウガ(秋ミョウガ)の花

地面から蕾だけをひょっこり出して、おしとやかな薄山吹色の花を咲かせる。

ミョウガの蕾 茅ケ崎里山公園 2017/10/05

ミョウガの蕾 茅ケ崎里山公園 2017/10/05

ミョウガ 茅ケ崎里山公園 2017/10/05

ミョウガ 茅ケ崎里山公園 2017/10/05

ミョウガの実

咲き終わったミョウガの花が真っ赤な実となることがある。

11月にもなればミョウガは枯れて消滅するが、多年草なのでまた来春生えてくる。なおショウガ(生姜)は寒さに弱く、ふつう越冬できずに腐って終わり。野良でショウガを見かけないのはこのためである。


横浜市戸塚区・俣野園

鎌倉市西御門・来迎寺、海蔵寺(底脱の井周辺、花期にすべて刈払う)、清水谷、茅ケ崎里山公園(谷の家(やとのいえ)前庭)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする