イヌノフグリ

犬の陰嚢 シソ目/オオバコ科/クワガタソウ属 花期/1月下旬~4月

自生種稀少保護

環境省レッドリスト2018「絶滅危惧II類(VU)」
神奈川県レッドリスト2006「絶滅危惧IB類」

イヌノフグリ 東京都小金井市他・野川公園 2019/02/24

#イヌノフグリ 東京都小金井市他・野川公園 2019/02/24

道端のひょんな場所や石垣の隙間などに生える一年草(越年草)。昔はしようもない雑草だったと聞いているが、外来種オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)などに分布を追われて見かける機会はほぼ皆無となった。湘南・鎌倉・三浦半島でもわずかながら自生が残っているようながら、具体的にどこへ出向けばご対面できるのかは不明。私自身も見つけたことは残念ながら一度たりともない。オオイヌノフグリより全体的に小さくて人目に留まらないこと、花がなければ何者かさっぱりわからないこと、花は正午前後にしかまともには咲いていないこと、その花は小さすぎて咲いていたとて気づけないこと、絶対数が少ない(ほぼない)こと、などから、おそらく今後も自力で探し出せることはないのではないかと思っている。※神奈川県内にあるイヌノフグリ自生場所をご存じの方は、メールフォームより情報をお寄せくださいますよう宜しくお願い申し上げます。

イヌノフグリ(ほぼ全面) 東京都小金井市他・野川公園 2019/02/24

#イヌノフグリ(ほぼ全面) 東京都小金井市他・野川公園 2019/02/24

イヌノフグリ 東京都小金井市他・野川公園 2019/02/24

#イヌノフグリ 東京都小金井市他・野川公園 2019/02/24

全体的に立ち上がらず、地面にべたっと匍匐(ほふく)して広がる傾向が強いか。毛が長めでよく目立ち、けばけばして見えたら近似の外来種フラサバソウ(フラサバ草)である。

イヌノフグリ 東京都小金井市他・野川公園 2019/02/24

#イヌノフグリ 東京都小金井市他・野川公園 2019/02/24

イヌノフグリ 東京都小金井市他・野川公園 2019/02/24

#イヌノフグリ 東京都小金井市他・野川公園 2019/02/24

葉は、オオイヌノフグリより小さいあるいは小さめ。有毛であるが毛は細かすぎてあまり目立たない(オオイヌノフグリの葉の表面に多数ある毛穴のぶつぶつが目に付かない)。代わりに葉脈の窪みが明瞭に見える。まだ寒いウメ(梅)の季節くらいまでは紅葉している葉が多い。オオイヌノフグリの葉はやや縦長、イヌノフグリは僅かに横長、という違いを聞いたことがあるが、寒いうちの(大きくは成長していない)葉ではイヌノフグリの葉もオオイヌノフグリ形をしていた。鋸歯の数は、オオイヌノフグリは片側四個程度、イヌノフグリは三個程度、というが、あまり参考にはならないか。イヌノフグリの葉の方がやや肉厚な感じに見える。以上がイヌノフグリ探索の手がかりとなろうが、いかんせん葉が小さすぎて発見には困難を極めること必至である。イヌノフグリの仲間の葉を見つけたら”オオイヌノフグリよりも小さめで、毛があまり目立たず、ぶつぶつなく、葉脈の窪みがより明瞭”であるかをいちいちしゃがみ込んで(場合によっては地面に両膝両肘をついて這いつくばって)まじまじ観察しなければ見分けはできないだろう。

イヌノフグリの紅変した葉 東京都小金井市他・野川公園 2019/02/24

#イヌノフグリの紅変した葉 東京都小金井市他・野川公園 2019/02/24

イヌノフグリと紛らわしい近似種まとめ


オオイヌノフグリ

オオイヌノフグリ 鎌倉市・海蔵寺 2019/02/01

花が大きい。花色はふつう青。


フラサバソウ

フラサバソウ 三浦市・小松ヶ池周辺 2018/03/03

全体的に長めの毛が多くよく目立つ。葉の鋸歯はふつう片側二個だけ。花弁の間に隙間がはっきりある。※花の色と大きさはイヌノフグリとたいへん誤認しやすいものであるので要注意。


コゴメイヌノフグリ

コゴメイヌノフグリ 鎌倉市長谷 2018/03/13

花色は白。


タチイヌノフグリ

タチイヌノフグリ 鎌倉市・JR横須賀線扇ガ谷ガード周辺 2019/03/31

茎が直立する。花に近い位置の葉の形状が明らかに細い。花色は青。


ホトケノザ

ホトケノザ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/01/29

葉の形状が紛らわしいが、細かい葉脈が網の目状に入る。


ヒメオドリコソウ

ヒメオドリコソウの葉 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/01/29

葉の形状が紛らわしいが、細かい葉脈が網の目状に入る。

イヌノフグリの花

花冠の形状はオオイヌノフグリに近く、もう少し丸っこくしたもの。白地で淡い赤紫色に染まる。ピンクっぽい色ではあるが薄いため、多少腰をかがめた程度の人の目線では白に近い色と感じられるかもしれない。花は小さく花径3mm~4mm。開いた花冠の面積比でいえばオオイヌノフグリの四分の一にも及ばない小さな小さな花である。なお(イヌノフグリの仲間に共通する性質として)花弁が四枚あるのではなく、一つの花冠で裂片が四個ある、という花。従って、花弁一枚一枚に分かれてひらひら散ってゆくのではなく、花冠一つ丸ごと(花弁四枚セットで)ぽろっと落ちる。一日花と思われる。

イヌノフグリ 東京都小金井市他・野川公園 2019/02/24

#イヌノフグリ 東京都小金井市他・野川公園 2019/02/24

イヌノフグリ 東京都小金井市他・野川公園 2019/02/24

#イヌノフグリ 東京都小金井市他・野川公園 2019/02/24

イヌノフグリ、花径約3.5mm 東京都小金井市他・野川公園 2019/02/24

#イヌノフグリ、花径約3.5mm 東京都小金井市他・野川公園 2019/02/24

花が開くのは好天日の正午前後。オオイヌノフグリは日が差してしばらくたった十時頃にはもうきれいに咲き誇っているものの、イヌノフグリの動きはじつにおっとりしていて鈍く、まともに開花した状態になるのは十一時半近くになってから。オオイヌノフグリほどぱっと花弁を開いていない中途半端な(萼に潰されてしまっているかのような七分開き程度の)咲き具合に終わるものも多い。そのくせ今度は十二時半頃にはもうぽろっと花冠を落とすものが続々と現れてくるので、散るときだけは気が早い(平成31年(2019)2月24日晴れ、日の出06:18、開花11:20-13:30、見頃11:45-12:15、野川公園)。雲が出てきてしまうとまた状況は変わるだろう。薄暗い曇天日などは(イヌノフグリの仲間に共通する性質として)花開かない可能性。

オオイヌノフグリ(青花、切花)とイヌノフグリ(矢印)の比較 東京都小金井市他・野川公園 2019/02/24

オオイヌノフグリ(青花、切花)と#イヌノフグリ(矢印)の比較 東京都小金井市他・野川公園 2019/02/24

オオイヌノフグリ(青花、切花)とイヌノフグリ(ピンク花)の比較 東京都小金井市他・野川公園 2019/02/24

オオイヌノフグリ(青花、切花)と#イヌノフグリ(ピンク花)の比較 東京都小金井市他・野川公園 2019/02/24

フラサバソウの花は大きさと色がイヌノフグリによく似ているものあり、紛らわしい。フラサバソウは花弁(花冠の裂片)の間に隙間がしっかり生じるのが特徴。イヌノフグリの花弁は隣同士で重なりがちである。またフラサバソウは全体的に長めの毛がたいへんよく目立つ点も見分けるための大きなポイントとなる。フラサバソウの葉は鋸歯がふつう片側二個しかない。

イヌノフグリの実

丸っこい玉が二つできる。イヌノフグリという名は、この実の形状がイヌの陰嚢(金玉)に見立てられたものである。ぱんぱんに膨らんだのち熟す。

イヌノフグリの膨らみかけの実 東京都小金井市他・野川公園 2019/02/24

#イヌノフグリの膨らみかけの実 東京都小金井市他・野川公園 2019/02/24

イヌノフグリの膨らみかけの実 東京都小金井市他・野川公園 2019/02/24

#イヌノフグリの膨らみかけの実 東京都小金井市他・野川公園 2019/02/24


東京都小金井市他・#野川公園(自然観察園に植栽=主に二ヶ所、2月下旬~3月上旬、タチイヌノフグリが混生しているので要注意)

フォローする