スミレ(ホンスミレ)

菫 キントラノオ目/スミレ科/スミレ属 花期/3月下旬~4月 閉鎖花花期・結実期/~11月上旬
学名/Viola mandshurica W.Becker var. mandshurica

自生種稀少保護

スミレ(ホンスミレ) 茅ヶ崎市浜之郷 2020/04/05

#スミレ(ホンスミレ) 茅ヶ崎市浜之郷 2020/04/05

本頁でいうは総称としてのスミレではなく一品種名としての狭義のスミレ。俗称ホンスミレ(本菫)。学名からマンジュリカ(Mandshurica)とも。場所を問わず生える多年草で、最も身近なところでは市街地のアスファルトの割れ目などに人知れず咲いていることがある。神奈川県内でも広く分布する普通種だったようだが、そういわれる割にはどうも見かけない。数を減らしているのではないか。

スミレ(ホンスミレ) 鎌倉市大町・比企ガ谷産 2019/11/09

#スミレ(ホンスミレ) 鎌倉市大町・比企ガ谷産 2019/11/09

スミレ(ホンスミレ) 鎌倉市大町・比企ガ谷産 2020/04/14

#スミレ(ホンスミレ) 鎌倉市大町・比企ガ谷産 2020/04/14

スミレ(ホンスミレ) 鎌倉市大町・比企ガ谷 2017/03/28

スミレ(ホンスミレ) 鎌倉市大町・比企ガ谷 2017/03/28

葉はハート形ではなく、細長めの箆(へら)形のように見える形状。葉柄にしっかりとした翼(よく)がある。

スミレ(ホンスミレ)の葉 鎌倉市大町・比企ガ谷産 2020/04/14

#スミレ(ホンスミレ)の葉 鎌倉市大町・比企ガ谷産 2020/04/14

スミレ(ホンスミレ)の葉裏 鎌倉市大町・比企ガ谷産 2020/04/14

#スミレ(ホンスミレ)の葉裏 鎌倉市大町・比企ガ谷産 2020/04/14

スミレ(ホンスミレ)の花

花はタチツボスミレ(立坪菫)より濃い紫色。

スミレ(ホンスミレ) 鎌倉市大町・比企ガ谷産 2020/04/12

#スミレ(ホンスミレ) 鎌倉市大町・比企ガ谷産 2020/04/12

スミレ(ホンスミレ) 鎌倉市大町・比企ガ谷産 2019/11/08

#スミレ(ホンスミレ) 鎌倉市大町・比企ガ谷産 2019/11/08

スミレ(ホンスミレ) 鎌倉市大町・比企ガ谷 2017/04/02

スミレ(ホンスミレ) 鎌倉市大町・比企ガ谷 2017/04/02

スミレ(ホンスミレ) 鎌倉市大町・比企ガ谷 2017/04/02

スミレ(ホンスミレ) 鎌倉市大町・比企ガ谷 2017/04/02

スミレ(ホンスミレ)の園芸種か 茅ヶ崎市・茅ヶ崎同盟教会 2018/04/03

スミレ(ホンスミレ)の園芸種か 茅ヶ崎市・茅ヶ崎同盟教会 2018/04/03

スミレ(ホンスミレ)の園芸種か 茅ヶ崎市・茅ヶ崎同盟教会 2018/04/03

スミレ(ホンスミレ)の園芸種か 茅ヶ崎市・茅ヶ崎同盟教会 2018/04/03

スミレ(ホンスミレ)の園芸種か(葉はホンスミレ形) 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2018/04/03

スミレ(ホンスミレ)の園芸種か(葉はホンスミレ形) 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2018/04/03

スミレ(ホンスミレ)の園芸種か(葉はホンスミレ形) 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2018/04/03

スミレ(ホンスミレ)の園芸種か(葉はホンスミレ形) 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2018/04/03

スミレ(ホンスミレ)の園芸種か(葉はホンスミレ形) 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2018/04/03

スミレ(ホンスミレ)の園芸種か(葉はホンスミレ形) 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2018/04/03

スミレ(ホンスミレ)の園芸種か(葉はホンスミレ形) 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2018/04/03

スミレ(ホンスミレ)の園芸種か(葉はホンスミレ形) 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2018/04/03

スミレ(ホンスミレ)の閉鎖花とその実

スミレ(ホンスミレ)は無茎種(むけいしゅ)なので、春と夏で姿はさほど違わない。夏から秋のはじめにかけて、花弁をぱっと広げない閉鎖花とその実を次々と作って種子を大量に播き散らし続ける。

閉鎖花の実をたくさん作っているスミレ(ホンスミレ) 鎌倉市大町 2019/10/03

閉鎖花の実をたくさん作っているスミレ(ホンスミレ) 鎌倉市大町 2019/10/03


鎌倉市・比企ガ谷、#東慶寺、#海蔵寺

茅ヶ崎市東海岸南・茅ヶ崎同盟教会(駐車場にホンスミレに近い姿の園芸種らしきもの逸出しかけ、花色赤紫・基部白すぎ・距短すぎ)、大磯町黒岩・レイクウッドゴルフクラブ

『スミレ(ホンスミレ)』へのコメント

  1. 里山ライフ 投稿日:2020/04/08(水) 21:08:32 ID:9174e64aa 返信

    日当たり抜群で乾燥気味なところに出現し、
    わずかな隙間や根を張れないような場所であっても旺盛に生育するほどの「たくましさ」を感じる野草です。
    容姿が端麗で好ましく、強健そうなので、幾度か移植や播種の経験があります。
    けれども、活着したように見えても、発芽しても、そのうちに跡形もなく消滅してしまいました。

    剛健そうな印象とは違って、
    生育環境には「かなりナイーブ」で、野生種としての本質的な儚さをみせます。
    せっかくの存在なので、無為自然に見守ることにしました。