オオイヌノフグリ

大犬の陰嚢 シソ目/オオバコ科/クワガタソウ属 花期/(11月下旬~、)1月~4月 結実期/5月

外来種駆除

オオイヌノフグリ 二宮町・せせらぎ公園 2018/02/11

オオイヌノフグリ 二宮町・せせらぎ公園 2018/02/11

ヨーロッパ原産の一年草(越年草)。道端、公園、畑周辺、いたる所に雑草として帰化しており、誰でも知ってる”春を代表する野草”のような体(てい)ではびこっている。名は日本在来種イヌノフグリの大きいものの意。田んぼに生えるものは年明け早々からひっそりと花を咲かせていることがあるも、基本的には春(3月~4月)の花。

オオイヌノフグリ 鎌倉市・夫婦池公園 2017/02/25

オオイヌノフグリ 鎌倉市・夫婦池公園 2017/02/25

葉が人目に付くようになるのは11月中旬あたりから。暖秋暖冬の平成30年(2018)-同31年(2019)シーズンは1月下旬になるまで目立たない存在だった。寒い方が好きらしい。葉の表面にはぶつぶつ(のように見える毛穴)が目立つ。網状脈(もうじょうみゃく)と呼ばれる細かい葉脈が明瞭にあったらホトケノザ(仏の座)ヒメオドリコソウ(姫踊子草)の葉だろう。

オオイヌノフグリの葉 茅ヶ崎市萩園 2018/11/21

オオイヌノフグリの葉 茅ヶ崎市萩園 2018/11/21

オオイヌノフグリの葉と茎の特徴 鎌倉市・フラワーセンター大船植物園 2019/01/29

オオイヌノフグリの葉と茎の特徴 鎌倉市・フラワーセンター大船植物園 2019/01/29

通常の人間目線では気にも留まらないが、葉をめくって確認すると茎など全草に粗(あら)い毛が多いことがわかる。

オオイヌノフグリの毛が多い茎や葉 茅ヶ崎市萩園 2018/11/21

オオイヌノフグリの毛が多い茎や葉 茅ヶ崎市萩園 2018/11/21

オオイヌノフグリはイヌノフグリを絶滅目前に追いやっている犯人とされている。

オオイヌノフグリの花

花色はときに紫っぽいもの、やや淡い赤紫やピンクっぽいもあるが、ふつうは青系。

オオイヌノフグリ 鎌倉市・海蔵寺 2019/02/01

#オオイヌノフグリ 鎌倉市・海蔵寺 2019/02/01

オオイヌノフグリ 鎌倉市・海蔵寺 2019/02/01

#オオイヌノフグリ 鎌倉市・海蔵寺 2019/02/01

オオイヌノフグリ 鎌倉市・フラワーセンター大船植物園 2019/01/29

オオイヌノフグリ 鎌倉市・フラワーセンター大船植物園 2019/01/29

オオイヌノフグリ 藤沢市・川名清水谷戸 2016/02/08

オオイヌノフグリ 藤沢市・川名清水谷戸 2016/02/08

イヌノフグリ、外来種で帰化種のタチイヌノフグリ(立犬の陰嚢)フラサバソウ(フラサバ草)との見分けが難しいとよくいわれるが花さえ咲いていればそのようなことはなく、一般の人が目にして記憶しているものは決まってオオイヌノフグリ。他の三種は各段に花が小さいので、注意力がよほど優れているかしゃがみ込んでよくよく観察しない限りはとても人目に留まるものでない。

オオイヌノフグリ 二宮町・せせらぎ公園 2018/02/11

オオイヌノフグリ 二宮町・せせらぎ公園 2018/02/11

ごく稀に、オオイヌノフグリの白花らしきものに遭遇することがある。便宜的に(多少色が付いているものも含めて)シロバナオオイヌノフグリ(白花大犬の陰嚢)と呼ぶことにする。花全体の色素が抜けて純白になったのではなく、青ないし青紫色の条(すじ)は残っている。またよく見れば花全体がうっすら青ないし青紫色を帯びていたりいなかったりする。つまり、地色の青が薄くなって白っぽく変化したものである。このシロバナオオイヌノフグリの花には奇妙な指摘がいくつかある。まず目撃例が農地周辺に偏っていること。つい先日まで白花なんかまったくなかった場所に突如出現すること。通常の青花に比べてやや小さめな花が多いこと。花弁(のように見える花冠の裂片)の間に隙間ができ、まるでフラサバソウの花のような姿になるものが現れること。同一の株に、通常に近いほぼ青花と白花が同居することがあること。突然変異と考えるには、その一帯でまとまって複数の個体が同時に変異しており不自然。などである。原因はわからないが、何らかの農薬による影響が推察される。周辺の雑草が茂ったままなので除草剤ではないだろう。交雑の可能性であるが、以下掲載のシロバナオオイヌノフグリのすぐ近辺には、フラサバソウや、正常に白花を咲かせる新手の外来種コゴメイヌノフグリ(小米犬の陰嚢)は確認できなかった。ただし田んぼ側溝にカワヂシャ(川萵苣)は生えていた。

オオイヌノフグリ(左側の青花群)とシロバナオオイヌノフグリ(右側の白花群) 茅ヶ崎市西久保 2019/04/17

オオイヌノフグリ(左側の青花群)とシロバナオオイヌノフグリ(右側の白花群) 茅ヶ崎市西久保 2019/04/17

シロバナオオイヌノフグリの群生 茅ヶ崎市西久保 2019/04/17

シロバナオオイヌノフグリの群生 茅ヶ崎市西久保 2019/04/17

アリの巣に生えたシロバナオオイヌノフグリ、白いほど花が小さい傾向 茅ヶ崎市西久保 2019/04/17

アリの巣に生えたシロバナオオイヌノフグリ、白いほど花が小さい傾向 茅ヶ崎市西久保 2019/04/17

シロバナオオイヌノフグリ 茅ヶ崎市西久保 2019/04/17

シロバナオオイヌノフグリ 茅ヶ崎市西久保 2019/04/17

シロバナオオイヌノフグリ 茅ヶ崎市西久保 2019/04/17

シロバナオオイヌノフグリ 茅ヶ崎市西久保 2019/04/17

花冠の隙間が空いたシロバナオオイヌノフグリ 茅ヶ崎市西久保 2019/04/17

花冠の隙間が空いたシロバナオオイヌノフグリ 茅ヶ崎市西久保 2019/04/17

同一個体に咲いた、ほぼ正常に比較的近い青花とほぼ白花 茅ヶ崎市西久保 2019/04/17

同一個体に咲いた、ほぼ正常に比較的近い青花とほぼ白花 茅ヶ崎市西久保 2019/04/17

シロバナオオイヌノフグリ、オオイヌノフグリ、紫花のオオイヌノフグリの比較 茅ヶ崎市西久保 2019/04/17

シロバナオオイヌノフグリ、オオイヌノフグリ、紫花のオオイヌノフグリの比較 茅ヶ崎市西久保 2019/04/17

オオイヌノフグリの実

イヌノフグリとはイヌの陰嚢(いんのう)のこと。実の形状が名前の由来。オオイヌノフウグリの実もおおよそ同様の姿をしている。

オオイヌノフグリの実 茅ヶ崎市浜之郷 2018/05/12

オオイヌノフグリの実 茅ヶ崎市浜之郷 2018/05/12

春先には背丈が5cmとか10cmくらいのものだったはずも、いつのまにやら茎が50cmくらいに伸びているものがあって驚かされる。地面を這っているので(花が咲いている時期から)茎が長いことに気づかない。

花期終わりの徒長したオオイヌノフグリ 茅ヶ崎市浜之郷 2018/05/12

花期終わりの徒長したオオイヌノフグリ 茅ヶ崎市浜之郷 2018/05/12

袋の中には小さな種子が十個くらい入っている。

オオイヌノフグリの完熟した実 茅ヶ崎市浜之郷 2018/05/25

オオイヌノフグリの完熟した実 茅ヶ崎市浜之郷 2018/05/25

オオイヌノフグリの完熟した実と種子 茅ヶ崎市浜之郷 2018/05/25

オオイヌノフグリの完熟した実と種子 茅ヶ崎市浜之郷 2018/05/25

フォローする