ヨウシュヤマゴボウ

洋種山牛蒡 ナデシコ目/ヤマゴボウ科/ヤマゴボウ属 花期/6月~9月 結実期/9月中旬~10月

有毒外来種駆除

ヨウシュヤマゴボウ 茅ヶ崎市萩園・相模川沿い 2018/06/21

ヨウシュヤマゴボウ 茅ヶ崎市萩園・相模川沿い 2018/06/21

北米原産の多年草。沿道や荒れ地、林縁部などに帰化してしまっている。ときに人の背丈を超えて大きく育つので、見つけ次第早めに引っこ抜いてしまいたい。多年草なので根などが残っていれば来年また生えて来てしまうだろうが‥。大きく成長したあとでは頑丈過ぎて人力では太刀打ちできない。湘南・鎌倉・三浦半島で普通種。栽培しているのか放置しているだけかは知らないが、民家の庭で見かけることも。

葉の形状に特徴がないので、大きく成長するまでそれと気づきづらい。茎は赤紫色を帯びる傾向あり。

ヨウシュヤマゴボウ 茅ヶ崎市萩園・相模川沿い 2018/06/21

ヨウシュヤマゴボウ 茅ヶ崎市萩園・相模川沿い 2018/06/21

ヨウシュヤマゴボウの葉 藤沢市・新林公園 2016/10/16

ヨウシュヤマゴボウの葉 藤沢市・新林公園 2016/10/16

茎が緑色で短めの花序が直立する、単なるヤマゴボウは別種。平塚市北部などに稀にあるらしい。惣菜として市販されている通称ヤマゴボウはモリアザミ(森薊)の根であって、これもまたまったくの別種。

ヨウシュヤマゴボウの花

花序は長く、ときに自重で垂れ気味になる(それでも穂先は立ち上がろうとしてくるが)。

ヨウシュヤマゴボウ 茅ヶ崎市萩園・相模川沿い 2018/06/21

ヨウシュヤマゴボウ 茅ヶ崎市萩園・相模川沿い 2018/06/21

ヨウシュヤマゴボウ 茅ヶ崎市萩園・相模川沿い 2018/06/21

ヨウシュヤマゴボウ 茅ヶ崎市萩園・相模川沿い 2018/06/21

ヨウシュヤマゴボウの実

ブドウ(葡萄)あるいはブルーベリーのような姿の実ができる。ジューシーでおいしそうな見た目をしているが、有毒なので食べてはいけない。実の様子からヨウシュヤマブドウと呼び間違えてしまいそうになるが、ヨウシュヤマゴボウである。果汁が衣服に付着してしまうと落ちにくいので注意したい。

ヨウシュヤマゴボウの実 静岡県熱海市上多賀・頼朝ライン 2016/10/04

ヨウシュヤマゴボウの実 静岡県熱海市上多賀・頼朝ライン 2016/10/04

ヨウシュヤマゴボウの実 静岡県熱海市上多賀・頼朝ライン 2016/10/04

ヨウシュヤマゴボウの実 静岡県熱海市上多賀・頼朝ライン 2016/10/04

ヨウシュヤマゴボウの実 静岡県熱海市上多賀・頼朝ライン 2016/10/04

ヨウシュヤマゴボウの実 静岡県熱海市上多賀・頼朝ライン 2016/10/04


成就院(西結界門内)、英勝寺

清水谷(梅林)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする