カワラナデシコ

河原撫子 ナデシコ目/ナデシコ科/ナデシコ属 花期/5月下旬~8月

自生種改良種稀少保護

ナデシコはナデシコ属の総称で、基本的には、線香花火がぱっと開いたような五枚花弁のこのカワラナデシコを指す。花は貨幣ほどの小ささで、色は白から濃いピンクまで。薄ピンク色が一般的か。自生種でかつてはそこかしこで見られたはずもその姿を人知れず消してしまっており、今となってはもはやお目にかかれるものではない。園芸種も様々あり。舶来ものはカーネーションという。

カワラナデシコ 常栄寺 2011/07/28

カワラナデシコ 常栄寺 2011/07/28

元来は河原などの草地に生える。神奈川県内の河原はことごとく人為的な土手が造成されており、持ち込んだ盛土に種子が混入していたのだろう外来種がはびこってしまっており、日本自生の野草が生える場所などまったくといっていいほどありはしない。平塚市の花水川(はなみずがわ)河口域に撫子原(なでしこはら)という名前の地区があるがナデシコはここにも生えていない。

カワラナデシコ 氷室椿庭園 2016/12/09

カワラナデシコ 氷室椿庭園 2016/12/09

日本人女性を大和撫子(やまとなでしこ)と称するのは、純愛を表すこの花に由来する。現代では女子サッカー日本代表チームの愛称「なでしこジャパン」が有名か。

現代の感覚に合致しないが、「秋の七草」の一つ。見頃は7月中旬。
平塚市の花に制定されている。


東慶寺(本堂前、宝蔵前)

満願寺(二三の鉢植えに細々と若干数あるのみ、三浦半島 秋の七草)、常栄寺、馬入・光と風の花づつみ(親水デッキ ※管理・成育不良)、平塚市役所(※改修工事で滅失か)

秦野市堀西・四十八瀬川自然村(しじゅうはっせがわ-、旧甘柿橋(国道246号線甘柿橋の一つ北)北東、自生種の保護栽培)、小田原市・酒匂川(礫河原ある土手周辺)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする