ハルユキノシタ

春雪の下 ユキノシタ目/ユキノシタ科/ユキノシタ属 花期/3月中旬~4月 結実期/4月下旬~5月中旬

稀少

ハルユキノシタ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/04/09

#ハルユキノシタ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/04/09

山地の半日陰のあるいは明るい日陰の湿った岩場に生える多年草。湧水が滴(したた)っているような岩の崖や、滝の水しぶきが降りかかるため苔むしている沢べりの大石あたりが居心地がよろしいらしい。ユキノシタの近似種であるが、花期は一足早くて春。神奈川県内では東丹沢の宮ヶ瀬湖周辺に分布あり。湘南・鎌倉・三浦半島には自生しない。ただし栽培されることがあり、その逸出がどこぞにあるとかどうとか。鎌倉の谷戸周辺や寺境内で見かけるのはユキノシタの方でまず間違いない。ハルユキノシタの栽培はユキノシタに比べればやや難。成長が遅く、蒸れ蒸れ蒸し蒸しした暑い夏が苦手なようで葉が茶色く腐りやすく、ユキノシタのように旺盛に増えて増えて困ってしまうようなものでなし。

ハルユキノシタ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/04/09

#ハルユキノシタ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/04/09

ハルユキノシタ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/04/09

#ハルユキノシタ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/04/09

葉はやや小さめで、縁(ふち)の切れ込みはユキノシタよりやや細かくやや鋭利に感じる。葉の表面は明るい緑色。成長した葉はユキノシタの葉ほど肉厚でなく、表面にはつやつやてかてかな光沢が現れ、葉柄(ようへい)は毛が減ってつるっと無毛に近い姿に変わる。葉表側の葉脈は、斑(ふ)が入ったような白い図柄にはならず、全面ふつうに緑色をしている。

ハルユキノシタの若い葉 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/02/20

#ハルユキノシタの若い葉 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/02/20

ハルユキノシタの春の葉 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/03/09

#ハルユキノシタの春の葉 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/03/09

ハルユキノシタの葉 厚木市七沢・不動尻 2019/03/20

ハルユキノシタの葉 厚木市七沢・不動尻 2019/03/20

ハルユキノシタの大きく成長した光沢ある葉 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/04/09

#ハルユキノシタの大きく成長した光沢ある葉 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/04/09

葉の裏側が赤っぽければユキノシタ、赤からず緑色をしていればハルユキノシタである──、は誤り。ハルユキノシタの葉裏も赤みを帯びることがある。葉柄が赤くなることはないようであるけれども。逆に、葉裏の赤みが完全に失われたユキノシタもふつうに存在している。従って、葉裏の色は同定にはまったく役立たない。※ユキノシタに関しては別途ユキノシタの頁を参照のこと。

ハルユキノシタのうっすらと赤みを帯びた冬の若い葉の裏 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/02/20

#ハルユキノシタのうっすらと赤みを帯びた冬の若い葉の裏 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/02/20

ハルユキノシタの赤みを帯びた葉裏 厚木市七沢・不動尻 2019/03/20

ハルユキノシタの赤みを帯びた葉裏 厚木市七沢・不動尻 2019/03/20

ハルユキノシタの花茎と、大きく成長した葉とその葉柄 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/04/09

#ハルユキノシタの花茎と、大きく成長した葉とその葉柄 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/04/09

ユキノシタは春から花期にかけて(葉の数とほぼ同数といってもよいくらいに)多数の匍匐茎(ほふくけい、走出枝、ランナー)を地表に出すという特色があるので見分けの一助にできるだろう。大きく成長した葉であっても葉柄には多数の剛毛が生えた状態を維持する違いも押さえておきたい。

ハルユキノシタの花

花期はユキノシタより早い。およそハナカイドウ(花海棠)やらソメイヨシノ(染井吉野)が満開のときに見頃を迎えていたらばハルユキノシタ、バラ(薔薇)の頃にきれいに咲いていたらばユキノシタである。花の姿は両者よく似ている。但し、ユキノシタは花弁の上三枚に赤い斑が入るのがふつうながら、ハルユキノシタは白地(若い花はうっすらピンク色に染まっている)に黄色斑のみ、という傾向あり。とはいえ、赤斑が不鮮明でほぼ視認できないユキノシタもあるので、花色だけで判別するとこれまた誤同定の可能性が非常に高まってしまう。

ハルユキノシタ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/04/09

#ハルユキノシタ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/04/09

ハルユキノシタ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/04/09

#ハルユキノシタ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/04/09

ハルユキノシタ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/04/09

#ハルユキノシタ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/04/09

以上の通り、ハルユキノシタとユキノシタの見分けは、葉の形状、葉の模様、大きく成長した葉の柄(え)に生えている毛の数、ランナーの有無、花期の違いで行うとよい。ハルユキノシタの花がピークをとうに過ぎて汚らしいばかりに思えてきたゴールデンウィーク(4月末~5月初旬)の頃、今度はユキノシタが花茎(かけい)を伸ばして蕾を付ける様子が確認できるようになるだろう。

ハルユキノシタの実

雌蕊の基部にあった子房が膨らんで実となる。枯れて褐色となれば口が開き、風に揺れては種子を散布する。咲き終わった花弁がいつまでも落ちないで残っているのは、花茎を揺らすための風を受ける帆の役目を果たすためか。種子は極小の黒い粒(というかミクロの点)。

ハルユキノシタの実 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/05/05

#ハルユキノシタの実 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/05/05


横浜市戸塚区・#俣野園(鉢植え)、横浜市泉区・#天王森泉公園

#大船フラワーセンター(4月上旬 ハナショウブ西側サンシュユの足元に=名札立っているがユキノシタも同区画に植えてあり紛らわしい)

相模原市緑区鳥屋・宮ヶ瀬湖・早戸川支流水沢川(群生あり、4月20日頃、川はヤマメ・イワナ釣りの名所、要ヤマビル対策)、相模原市緑区鳥屋・宮ヶ瀬湖・早戸川林道(宮ヶ瀬やまなみセンター別館みやがせミーヤ館(旧宮ヶ瀬ビジターセンター)西側~宮ヶ瀬湖を南西に沿う、ゲート閉門・車両進入禁止、ついでにヤマセミ・ベニマシコも、要ヤマビル対策)、清川村・宮ヶ瀬湖・金沢林道(3月末~4月中旬、早戸川林道途中を川に沿って高畑山方面へ南下する、3月中旬 ハナネコノメも、ついでにアナグマ・カモシカも、要ヤマビル対策)、厚木市七沢・不動尻(4月、不動尻キャンプ場跡近くの林道沿いにも多くあるが落石防止フェンスに覆われて見るに能わず、不動尻キャンプ場跡から不動滝方面の沢、大量にある)、#箱根湿性花園(4月中旬~5月初旬)

参考資料

『神奈川県植物誌2001』 神奈川県植物誌調査会編集 神奈川県立生命の星・地球博物館発行(2001)

フォローする