ハナネコノメ

花猫の目 ユキノシタ目/ユキノシタ科/ネコノメソウ属 花期/2月末~3月 結実期/4月~5月
学名/Chrysosplenium album Maxim. var. stamineum (Franch.) H.Hara

ハナネコノメ 厚木市七沢・不動の滝 2024/03/21

ハナネコノメ 厚木市七沢・不動の滝 2024/03/21

山麓の直射日光が当たらない湿った林床や、源流域の沢べりにある苔むした岩などに生える、小型な多年草。日本固有種。ハナネコノメソウ(花猫の目草)、俗に略してハナネコとも。花が地味なため一般には見向きもされないネコノメソウ(猫の目)の仲間にあって、花が清楚な白色で美しい本種に限ってはわざわざ遠出してまで花を見に行く人が多く出るくらい絶大な人気を誇っている。春に山歩きをする人からしたらアイドル的な存在。神奈川県内では、丹沢・小仏山地・箱根にのみ分布。高い山をぜえぜえ登る必要はなく、その麓(ふもと)の登山口をちょっと入った辺りの沢近くを探せば生えているため、登山家のみならず一般ハイカーでも手軽に楽しめるのが人気の秘訣。自生地は土砂崩れ等で消滅していることがあるので注意が必要。湘南・鎌倉・三浦半島には自生なく、栽培されることもないので見かける機会は皆無。

沢べりの岩に生えたハナネコノメ(白色矢印) 厚木市七沢・不動尻 2024/03/09

沢べりの岩に生えたハナネコノメ(白色矢印) 厚木市七沢・不動尻 2024/03/09

沢べりの岩に生えたハナネコノメ(白色矢印) 厚木市七沢・不動尻 2024/03/09

沢べりの岩に生えたハナネコノメ(白色矢印) 厚木市七沢・不動尻 2024/03/09

沢べりの岩に生えたハナネコノメ(白色矢印) 厚木市七沢・不動尻 2024/03/09

沢べりの岩に生えたハナネコノメ(白色矢印) 厚木市七沢・不動尻 2024/03/09

沢べりの岩に生えたハナネコノメ 厚木市七沢・不動尻 2024/03/09

沢べりの岩に生えたハナネコノメ 厚木市七沢・不動尻 2024/03/09

沢べりの岩に生えたハナネコノメ(白色矢印) 厚木市七沢・不動尻 2024/03/21

沢べりの岩に生えたハナネコノメ(白色矢印) 厚木市七沢・不動尻 2024/03/21

ハナネコノメ 厚木市七沢・不動尻 2024/03/21

ハナネコノメ 厚木市七沢・不動尻 2024/03/21

沢べりの岩に生えたハナネコノメ 厚木市七沢・不動の滝 2024/03/21

沢べりの岩に生えたハナネコノメ 厚木市七沢・不動の滝 2024/03/21

沢べりの岩に生えたハナネコノメ 厚木市七沢・不動の滝 2024/03/21

沢べりの岩に生えたハナネコノメ 厚木市七沢・不動の滝 2024/03/21

沢べりの岩に生えたハナネコノメ 厚木市七沢・不動の滝 2024/03/21

沢べりの岩に生えたハナネコノメ 厚木市七沢・不動の滝 2024/03/21

沢べりの岩に生えたハナネコノメ 厚木市七沢・不動の滝 2024/03/21

沢べりの岩に生えたハナネコノメ 厚木市七沢・不動の滝 2024/03/21

沢べりの岩に生えたハナネコノメ 厚木市七沢・不動の滝 2024/03/21

沢べりの岩に生えたハナネコノメ 厚木市七沢・不動の滝 2024/03/21

ハナネコノメ 厚木市七沢・不動尻 2024/03/09

ハナネコノメ 厚木市七沢・不動尻 2024/03/09

ハナネコノメ 厚木市七沢・不動尻 2019/03/20

ハナネコノメ 厚木市七沢・不動尻 2019/03/20

ハナネコノメ 厚木市七沢・不動尻 2019/03/20

ハナネコノメ 厚木市七沢・不動尻 2019/03/20

ハナネコノメ 厚木市七沢・不動尻 2019/03/20

ハナネコノメ 厚木市七沢・不動尻 2019/03/20

ハナネコノメ 厚木市七沢・不動尻 2024/03/21

ハナネコノメ 厚木市七沢・不動尻 2024/03/21

ハナネコノメの葉 厚木市七沢・不動尻 2019/03/20

ハナネコノメの葉 厚木市七沢・不動尻 2019/03/20

ハナネコノメの葉 厚木市七沢・不動の滝 2024/03/21

ハナネコノメの葉 厚木市七沢・不動の滝 2024/03/21

ハナネコノメの葉 厚木市七沢・不動の滝 2024/03/21

ハナネコノメの葉 厚木市七沢・不動の滝 2024/03/21

ハナネコノメの花

花弁(のように見えるが学術的には萼片)は大きめに発達して、白色。花粉を放出する前の若い葯(やく)は赤っぽい。野山に色味がなかった殺風景な長い冬を越し、ようやく出現した鮮やかな”白と赤”の対比がかわいいと人気。従って、花見は若い花に限る。といっても全株同時に開花して咲き終わるというわけではまったくないので、一刻を争って早い時期に見に行く必要はない。見頃は3月中旬の早め。開花情報はSNS等にこぞって上がってくるので参考に。

ハナネコノメの開き始めからよく目立つ赤い葯 厚木市七沢・不動の滝 2024/03/21

ハナネコノメの開き始めからよく目立つ赤い葯 厚木市七沢・不動の滝 2024/03/21

ハナネコノメ 厚木市七沢・不動尻 2024/03/09

ハナネコノメ 厚木市七沢・不動尻 2024/03/09

ハナネコノメ 厚木市七沢・不動尻 2024/03/09

ハナネコノメ 厚木市七沢・不動尻 2024/03/09

ハナネコノメ 厚木市七沢・不動尻 2024/03/09

ハナネコノメ 厚木市七沢・不動尻 2024/03/09

ハナネコノメ 厚木市七沢・不動尻 2019/03/20

ハナネコノメ 厚木市七沢・不動尻 2019/03/20

ハナネコノメ 厚木市七沢・不動尻 2019/03/20

ハナネコノメ 厚木市七沢・不動尻 2019/03/20

ハナネコノメ 厚木市七沢・不動尻 2024/03/21

ハナネコノメ 厚木市七沢・不動尻 2024/03/21

思っていた以上に花が小さくて驚いてしまう人、多数。

ハナネコノメ 厚木市七沢・不動の滝 2024/03/21

ハナネコノメ 厚木市七沢・不動の滝 2024/03/21

ハナネコノメの色味が失せた咲き終わり 厚木市七沢・不動尻 2019/03/20

ハナネコノメの色味が失せた咲き終わり 厚木市七沢・不動尻 2019/03/20

ハナネコノメの色味が失せた咲き終わり 厚木市七沢・不動の滝 2024/03/21

ハナネコノメの色味が失せた咲き終わり 厚木市七沢・不動の滝 2024/03/21

ハナネコノメの色味が失せた咲き終わり群落 厚木市七沢・不動尻 2024/03/21

ハナネコノメの色味が失せた咲き終わり群落 厚木市七沢・不動尻 2024/03/21

ハナネコノメの色味が失せた咲き終わり群落 厚木市七沢・不動尻 2024/03/21

ハナネコノメの色味が失せた咲き終わり群落 厚木市七沢・不動尻 2024/03/21


東京都八王子市裏高尾町・ザリクボ沢、東京都八王子市・日影沢

厚木市七沢・不動尻(煤ヶ谷バス停(すすがや-、谷太郎林道(やたろう-))分岐~不動尻広場(不動尻キャンプ場跡)~不動の滝、いずれも沢べり、二の足林道ゲートから分岐までよたよた25分・広場まで45分・滝まで55分、山神隧道周辺など冷たい強風吹くので要防寒着、不動の滝へは飛び石を渡るので要滑りにくい靴、3月20日頃であればミツマタの群生地も満開)、厚木市蓑毛・金目川(髭僧の滝~蓑毛橋の沢沿い広範囲にあるも点々と少ない)

※おそらくヤマビルマダニはまだ出ない。ツキノワグマとイノシシに注意。

参考資料

『神奈川県植物誌2018』(電子版を含む) 神奈川県植物誌調査会編 神奈川県植物誌調査会発行(2018)

『日本の固有植物』 加藤雅啓・海老原淳編 東海大学出版会発行(2011)

関連記事 – 仲間・似ている・紛らわしい

ムカゴネコノメ

ネコノメソウ

ヤマネコノメソウ

ツルネコノメソウ

イワボタン

ヨゴレネコノメ

トウダイグサ

ハルトラノオ

トウゴクサバノオ

『ハナネコノメ』へのコメント

  1. 投稿日:2024/03/15(金) 06:16:05 ID:56ffc7e63 返信

    随分長い間お会いできていませんが、お元気ですね。
    不動尻で検索すると、ミツマタの群落が出てきましたが、不動滝まではバス停から90分とか。
    私は最近よちよち歩きのためとても歩ける距離でなさそうですが、ハナネコノメは不動滝へ向かう途中なのでしょうか。

    • mirusiru.jp 投稿日:2024/03/15(金) 21:05:13 ID:7e3c103ef 返信

      こんばんは。ブログ、変わらず精力的に継続されているようで何よりです。

      私が見たハナネコノメは不動尻広場近辺のものです。10時半に広沢寺温泉を出て、13時にハナネコノメの写真を撮っています。まったく急がず途中撮りながら休みながらではありますが、私のよたよた歩きでは150分でしたね。バス利用だと二の足林道ゲートまでがとにかく苦痛で、見るもの何もなく、横浜自然観察の森でいえば長倉口から入った舗装路のような上り坂が延々と続くので脚力と精神力が削られていきます。
      トンネルを過ぎてしまえば楽さん的に目新しいだろうムカゴネコノメの花とハルユキノシタの葉っぱが大量にあるので無理なく歩けるのではないかと予想します。運が良ければトウゴクサバノオだか何だかも咲いているかも。ネコノメソウはあるんだかないんだか。
      高尾山と同じで風がきんきんに冷たいので羽織るものは持って行ってください。腹冷えます。
      私も3月20日以降になってしまうと思いますが、ミツマタ目当てでもう一発足を運ぶ気で今のところはいます。

      バス停から近い、という意味では蓑毛の方がぜんぜん楽だろうと思います。どこで咲いているのかはさっぱり存じませんが。

      • 投稿日:2024/03/16(土) 06:01:20 ID:b5ccfaa74 返信

        情報ありがとうございます。
        mirusiruさんが、9日に撮っておられるので18日に行って見ます。
        写真を見ると沢沿いの岩で咲いているのを撮っているということは、沢に入ったのですか?
        老人は滑る可能性があるので、怖くて沢には降りられないので、望遠レンズ狙いになり、こんなアップ写真は望めそうもありませんが、行って見ます。
        そういえば、写真の文字にカメラ、レンズ、氏名が追加になったのですね。
        レンズは S-Line の上等なレンズを使われたのですね。羨ましい。
        自分は買えないので、Fマウントのレンズを使っています。

        • mirusiru.jp 投稿日:2024/03/16(土) 19:44:48 ID:c55809f8d 返信

          沢の中に入りはしませんが、降りて沢べりを徘徊します。2019年も本年も目的は全く別のところにあってハナネコノメはもののついでにちらっと沢べりを覗いてみた、という程度でしか探していません。なので、チワワでも降りられるくらいのところしか入り込んでいません。従って、花数の少なさがネックになってきますね。ハナネコノメを見る気満々で行くとガッカリな結果に終わる可能性も。きれいなのが一個二個見れたらラッキー、くらいのおまけ要素と考えていた方が気が楽かと。不動尻広場から徒歩10分らしい不動滝(脚が残っておらずじつは行ったことがない)方面の沢べりも(沢に近づけるものなら)覗いてみた方がよろしかろうと思います。
          望遠レンズで狙うにも、花が小さいので近づかないことにはそこにあることにさえ気づかないかもですよ?

          楽さん、カメラは何度も買い換えてるし、レンズなんかしこたま取り揃えてらっしゃるじゃないですか。妬ましい。
          私なんか永久に標準ズームレンズ一本ですよ。恥ずかしい。現在Z6Ⅱに24-120/4Sですが、AFがやたら遅いんですよね。最短撮影距離より離れているにも関わらずピントも合いません。不良品掴まされてるんじゃないか疑惑があったりします。遭遇したらばちょっと診てやってください。私基本F13の人なので、結局真っ暗でストロボ焚いてます。撮れないものは諦める。見なかったことにする。