ハナカイドウ

花海棠 バラ目/バラ科/リンゴ属 花期/3月下旬~4月中旬

改良種

ハナカイドウ 鎌倉市・光則寺 2019/03/31

#ハナカイドウ 鎌倉市・光則寺 2019/03/31

園芸栽培される中国原産の落葉高木で、雌雄同株(しゆうどうしゅ)。遠からずけれど近からずといった程度のサクラ(桜)の仲間である。単にカイドウといった場合もハナカイドウを指すが、本来カイドウとはミカイドウ(実海棠)という近似の別種のことであった。つまりは誤用が定着した呼称。湘南・鎌倉・三浦半島では民家の庭に植えられているものも見かけるが、鎌倉の寺境内にも名木あり。カメラを抱えた写真好きは高徳院(鎌倉大仏)と長谷寺の間にある光則寺の古木へ、一般の観光客はJR鎌倉駅から徒歩でも近い妙本寺がお薦め。春の空は荒れやすく雲りがちながら、花見は必ず青空覗く晴れた日に。太陽光に照らされた暖かな花色こそハナカイドウである。

ハナカイドウ 鎌倉市・光則寺 2019/03/31

#ハナカイドウ 鎌倉市・光則寺 2019/03/31

ハナカイドウ 鎌倉市・光則寺 2019/03/31

#ハナカイドウ 鎌倉市・光則寺 2019/03/31

ハナカイドウ 鎌倉市・光則寺 2019/03/31

#ハナカイドウ 鎌倉市・光則寺 2019/03/31

ハナカイドウ 鎌倉市・妙本寺 2019/03/31

#ハナカイドウ 鎌倉市・妙本寺 2019/03/31

ハナカイドウ 鎌倉市・妙本寺 2019/03/31

#ハナカイドウ 鎌倉市・妙本寺 2019/03/31

ハナカイドウ 鎌倉市・妙本寺 2019/03/31

#ハナカイドウ 鎌倉市・妙本寺 2019/03/31

ハナカイドウ 鎌倉市・海蔵寺 2019/03/31

#ハナカイドウ 鎌倉市・海蔵寺 2019/03/31

ハナカイドウ 鎌倉市風致保存会 2019/03/31

#ハナカイドウ 鎌倉市風致保存会 2019/03/31

シュウカイドウ(秋海棠)は花色がハナカイドウのようだというだけでまったくの別種で草本。

ハナカイドウの花

花期はソメイヨシノ(染井吉野)とほぼ重なるが、ハナカイドウの方がちょっとだけ早いか。やや濃いめのピンクが女性的でかわいらしく人気が高い。

ハナカイドウの蕾 鎌倉市・光則寺 2019/03/15

#ハナカイドウの蕾 鎌倉市・光則寺 2019/03/15

ハナカイドウ 鎌倉市・妙本寺 2019/03/31

#ハナカイドウ 鎌倉市・妙本寺 2019/03/31

ハナカイドウ 鎌倉市・光則寺 2019/03/31

#ハナカイドウ 鎌倉市・光則寺 2019/03/31

ハナカイドウ 鎌倉市・光則寺 2019/03/31

#ハナカイドウ 鎌倉市・光則寺 2019/03/31

直感的にサクラではないなとわかる姿。花と同時に展開する葉は明らかに小さい。開花近い蕾はすべて軽くほころんでいる。花柄(かへい)や萼が強く赤く染まる。花柄が細いため花は軽く下向きに垂れる。若い花は雄蕊の葯(やく)が淡い黄色で見た目良好。ただし花弁が完全にぱっと開くと花粉を飛ばしてやや黒ずんだものになる。

ハナカイドウ 鎌倉市・妙本寺 2019/03/31

#ハナカイドウ 鎌倉市・妙本寺 2019/03/31

ソメイヨシノ以外にもほぼ同時期に咲いているものに、エドヒガン(江戸彼岸)、シダレザクラ(枝垂桜)ハナモモ(花桃)などがある。モモの仲間は花柄がないため、花は枝に密着した状態で咲く。いずれもハナカイドウと誤認しうるものでなし。


#妙本寺(本堂向かって左右に=北側わずかに早咲き・南側は日影なため遅咲き、鎌倉三大カイドウ)、#安国論寺(鎌倉三大カイドウ、市指定天然記念物 ※平成23年(2011)芽吹かず、平成24年(2012)5月 伐採・6月 市指定天然記念物の指定解除、平成25年(2013)新たに接木し開花)、#光則寺(少し早咲き、本堂向かって右手前に古木=樹齢200年・樹勢一時期悪化したが盛り返した、鎌倉三大カイドウ、市指定天然記念物、かながわ名木100選、かながわの花の名所100選、他数本)、#海蔵寺(少し遅咲き、一部枝落とし

#鎌倉風致保存会、#源氏山公園、#寒川神社(第2駐車場側

フォローする