シュウカイドウ

秋海棠 ウリ目/シュウカイドウ科/シュウカイドウ属 花期/8月下旬~10月

外来種

シュウカイドウ 鎌倉市・光則寺 2018/09/28

シュウカイドウ 鎌倉市・光則寺 2018/09/28

日陰を好む中国原産の多年草で、雌雄同株(しゆうどうしゅ)の雌雄異花。ベゴニアの一種であるが、シュウカイドウをベゴニアと呼ぶことはなくきちんと独立させてシュウカイドウと呼び分けている。名は、秋に咲くカイドウ(秋海棠)のようなかわいらしい薄ピンク色の花、の意。「新・秋の七草」の一つ。

シュウカイドウ 鎌倉市坂ノ下・御霊神社 2018/09/28

シュウカイドウ 鎌倉市坂ノ下・御霊神社 2018/09/28

シュウカイドウ 二宮町・せせらぎ公園 2016/09/14

シュウカイドウ 二宮町・せせらぎ公園 2016/09/14

シュウカイドウ 箱根町仙石原・長安寺 2017/09/09

シュウカイドウ 箱根町仙石原・長安寺 2017/09/09

葉は左右非対称の不思議な形で、まるで觔斗雲(きんとんうん)のよう。

シュウカイドウの葉 厚木市・荻野運動公園野草園 2016/10/02

シュウカイドウの葉 厚木市・荻野運動公園野草園 2016/10/02

シュウカイドウの花

ぱっと見で目に留まる花は雄花。大きな花弁(のように見える萼片)が二枚に、小さめな花弁が二枚。

シュウカイドウの雄花 厚木市・荻野運動公園野草園 2016/10/02

シュウカイドウの雄花 厚木市・荻野運動公園野草園 2016/10/02

シュウカイドウの雄花 鎌倉市・光則寺 2018/07/08

シュウカイドウの雄花 鎌倉市・光則寺 2018/07/08

花の裏側に直角三角形の翼(よく)を持つ子房があれば雌花。大きな花弁(に見える萼片)が二枚に、小さめな花弁は一枚だけ。子房が重たいのかうなだれて真下を向いたままなため、花開いていることに気づかないかもしれない。咲き終わると萼片と花弁が落ち、やげん軟骨形の子房の先端に黄色い雌蕊が残った姿に変わる。

シュウカイドウの雌花 鎌倉市坂ノ下・御霊神社 2018/09/28

シュウカイドウの雌花 鎌倉市坂ノ下・御霊神社 2018/09/28

シュウカイドウの雌花 鎌倉市・光則寺 2018/09/28

シュウカイドウの雌花 鎌倉市・光則寺 2018/09/28

シュウカイドウの雌花 鎌倉市坂ノ下・御霊神社 2018/09/28

シュウカイドウの雌花 鎌倉市坂ノ下・御霊神社 2018/09/28

薄色なシュウカイドウ 鎌倉市・光則寺 2018/09/28

薄色なシュウカイドウ 鎌倉市・光則寺 2018/09/28


鎌倉市浄明寺・衣張山登り口(平成巡礼道、入口民家の栽培ものが山道沿いに帰化)、浄智寺、光則寺、長谷寺、鎌倉市坂ノ下・御霊神社、二宮町・せせらぎ公園(8月末~9月上旬)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする