ヌマトラノオ

沼虎の尾 ツツジ目/サクラソウ科/オカトラノオ属 花期/7月上旬~中旬

自生種稀少保護

ヌマトラノオ 大和市・泉の森 2019/07/08

ヌマトラノオ 大和市・泉の森 2019/07/08

湿地周辺に生える多年草。近似種オカトラノオ(丘虎の尾)は湿地とはまったく関連がない丘陵地の草地やハイキングコース沿いなどに多数生えており、大型。ヌマトラノオは土がべちゃつき気味な湿地の周りという特殊な環境に生え、オカトラノオより小型。草丈はだいたい人の膝(ひざ)程度で、大きくなっても腰まで。神奈川県内の自生地は数ヵ所しかないらしく、湘南・鎌倉・三浦半島で見かける機会は皆無といってよいのではないか。公園や鎌倉の寺境内で栽培されていることもない。次回改定の神奈川県レッドリストに記載されることになるだろう稀少種。

ヌマトラノオ 大和市・泉の森 2019/07/08

ヌマトラノオ 大和市・泉の森 2019/07/08

ヌマトラノオ 大和市・泉の森 2019/07/08

ヌマトラノオ 大和市・泉の森 2019/07/08

ヌマトラノオ 大和市・泉の森 2019/07/08

ヌマトラノオ 大和市・泉の森 2019/07/08

ヌマトラノオ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/07/10

#ヌマトラノオ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/07/10

葉は、ふつう長さ4~6cm。

ヌマトラノオの葉 大和市・泉の森 2019/07/15

ヌマトラノオの葉 大和市・泉の森 2019/07/15

ヌマトラノオの葉 大和市・泉の森 2019/07/08

ヌマトラノオの葉 大和市・泉の森 2019/07/08

ヌマトラノオの花

花序はオカトラノオより明らかにほっそり小型で、小花の数も少なめなので小ざっぱりした印象。悪くいえば貧相。オカトラノオのように尻尾形に横を向いたり下に垂れたりはせず、花序は直立してしゅっとほぼ真上を向く(僅かに曲線を描くものはある)。花色は白。花弁(花冠裂片)はふつう五枚(六枚ないし七枚のものもある)で、軽く反り気味。オカトラノオの花弁の縁(ふち)は内側に巻く。ヌマトラノオは一歩遅れて、オカトラノオの花がピークをとうに過ぎてから開花し始める。

ヌマトラノオ 大和市・泉の森 2019/07/08

ヌマトラノオ 大和市・泉の森 2019/07/08

ヌマトラノオ 大和市・泉の森 2019/07/08

ヌマトラノオ 大和市・泉の森 2019/07/08

ヌマトラノオ 大和市・泉の森 2019/07/15

ヌマトラノオ 大和市・泉の森 2019/07/15

ヌマトラノオ 大和市・泉の森 2019/07/15

ヌマトラノオ 大和市・泉の森 2019/07/15

ヌマトラノオ 大和市・泉の森 2019/07/08

ヌマトラノオ 大和市・泉の森 2019/07/08

ヌマトラノオ 大和市・泉の森 2019/07/08

ヌマトラノオ 大和市・泉の森 2019/07/08

虫食いなのか傷みなのかわからないが、花序の上っ方が失われているものがちょくちょく見られる。そうなるとヌマトラノオの花序らしからぬ姿に。


東京都港区・#国立科学博物館附属自然教育園(水生植物園、7月中旬)、東京都小金井市他・野川公園(自然観察園)

#大船フラワーセンター(グリーンハウス前に鉢植え、密生させすぎで小振り)

大和市・泉の森(湿生植物園)、箱根湿生花園

イヌヌマトラノオ

犬沼虎の尾 ツツジ目/サクラソウ科/オカトラノオ属 花期/6月中旬~7月中旬

自生種稀少

イヌヌマトラノオ 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2019/07/05

イヌヌマトラノオ 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2019/07/05

湿地周辺に生える多年草。オカトラノオ(丘虎の尾)ヌマトラノオ(沼虎の尾)の自然交配種という。従って両者の中間的な性質を持つ。全体的な大きさ、花期、花序の湾曲具合、小花の数、葉の形状、などに着目したい。雑種なので、オカトラノオ寄りなのかヌマトラノオ寄りなのか、個体差(振れ幅)は大きいと思われる。ヌマトラノオの自生地でその一部ないし全部がイヌヌマトラノオと化すことがある模様。湘南・鎌倉・三浦半島ではヌマトラノオを見かけないのでイヌヌマトラノオもまずないものと考えてよい。

イヌヌマトラノオの葉 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2019/07/05

イヌヌマトラノオの葉 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2019/07/05

イヌヌマトラノオの花

ヌマトラノオと違ってまっすぐ直立せず、オカトラノオのように湾曲する傾向あり。小花はヌマトラノオより多め。花期は両者の中間になるはず。

イヌヌマトラノオ 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2019/07/05

イヌヌマトラノオ 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2019/07/05

イヌヌマトラノオ 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2019/07/05

イヌヌマトラノオ 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2019/07/05


東京都港区・#国立科学博物館附属自然教育園(水生植物園、6月末~7月上旬)、横浜市栄区・横浜自然観察の森(ヌマトラノオとされているが花弁の縁(ふち)が内側に巻くというオカトラノオの性質が出ている)

茅ヶ崎市・赤羽根字十三図(通常非公開)

箱根湿生花園(7月中旬)

フォローする