アサザ

浅沙 キク目/ミツガシワ科/アサザ属 花期/5月下旬~10月
学名/Nymphoides peltata (S.G.Gmel.) Kuntze

環境省レッドリスト2019「準絶滅危惧(NT)」
神奈川県レッドリスト2020「絶滅」
神奈川県レッドリスト2006「絶滅」

アサザ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/07/13 09:20

#アサザ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/07/13 09:20

日当たりの良い池などに生える浮葉性の多年草。スイレン(睡蓮)同様に、水底の土中に根を張って水面に葉を浮かべる水草である。スイレンより明らかに小型で、葉も花も小さい。名前は、浅い水辺を覆うものの意か、あるいは朝咲くことに因むか。神奈川県内に自生なし。かつてはあったという文字上の記録はあるようなので絶滅という扱いになってはいるが、あったという明確な証拠となる標本などはない模様。園芸栽培用に広く流通しており、県内の公園の池などで見られるアサザはすべて人為的な栽培(の名残り)ないし誰かしらの不法投棄に始まる移入である(ことが強く推察される)。全国的に自生地は失われる傾向にあるものの、栽培ものはよく増えて大群生する。

アサザ 横浜市南区・こども植物園 2021/06/12

#アサザ 横浜市南区・こども植物園 2021/06/12

コンテナ栽培されているアサザ(小さな丸葉と黄花) 鎌倉市・大船フラワーセンター 2022/05/28

コンテナ栽培されている#アサザ(小さな丸葉と黄花) 鎌倉市・大船フラワーセンター 2022/05/28

人工池で栽培されているアサザ 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2021/10/06

人工池で栽培されている#アサザ 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2021/10/06

アサザ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/08/19

#アサザ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/08/19

アサザ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/04/21

#アサザ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/04/21

池を埋め尽くしたアサザ 箱根湿生花園 2023/06/10

池を埋め尽くした#アサザ 箱根湿生花園 2023/06/10

葉はほぼ円形。必ず水面に浮いており、水上へ突き出ることはない。形状はトチカガミ(鼈鏡)によく似ていて紛らわしいが、葉脈の走り方が異なるので見分けは可能。

アサザの葉 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/07/13

#アサザの葉 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/07/13

アサザの葉 鎌倉市・大船フラワーセンター 2016/10/16

#アサザの葉 鎌倉市・大船フラワーセンター 2016/10/16

アサザの葉 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/04/21

#アサザの葉 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/04/21

アサザの花

水面より少し突き出て咲く。花色は黄色。なんとなくキュウリ(胡瓜)の花に似ているように感じられるだろう。一日花で、朝に開花し昼過ぎには(早いものでは十時頃から)早々と咲き終わってしまう。また曇天日は開花しづらい傾向あるか。花見は晴れた日の朝に限る。

アサザ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2016/10/16 10:31

#アサザ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2016/10/16 10:31

アサザ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2016/10/16 10:26

#アサザ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2016/10/16 10:26

アサザ 茅ヶ崎市浜之郷 2022/07/30

#アサザ 茅ヶ崎市浜之郷 2022/07/30 09:43

アサザ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2021/07/17 07:54

#アサザ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2021/07/17 07:54

アサザ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2022/05/28

#アサザ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2022/05/28

アサザ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2016/10/16 10:28

#アサザ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2016/10/16 10:28

アサザ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/07/13 09:21

#アサザ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/07/13 09:21

アサザの咲き終わり 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/08/19 12:58

#アサザの咲き終わり 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/08/19 12:58

アサザの実

咲き終わると水中に没し、水中で結実する。

アサザの若い実 鎌倉市・大船フラワーセンター 2022/05/28

#アサザの若い実 鎌倉市・大船フラワーセンター 2022/05/28


横浜市都筑区・#山崎公園、横浜市南区・#こども植物園(事務所向い広場の人工池に鉢植え)、横浜市栄区・#横浜自然観察の森(遅め)、横浜市戸塚区・#小雀公園(レストハウス前)

#観音崎公園(花の広場とうみの子とりでの間の池に多い)、#光の丘水辺公園(四季の池に大群生、カキツバタと、花は間近では観察できない)、#長谷寺、#大船フラワーセンター(グリーンハウス前コンテナ、すいれん池近くの大鉢などに)

#氷室椿庭園(人工池に増やされたが10時開園なので既にことごとく萎みかけ)

秦野市・#葛葉緑地(でんじそう池に少ない)、#箱根湿生花園(池に多いが間近では見られない)

参考資料

『神奈川県植物誌2018』(電子版を含む) 神奈川県植物誌調査会編 神奈川県植物誌調査会発行(2018)

関連記事 – 仲間・似ている・紛らわしい

トチカガミ

スイレン

ミツガシワ