カキツバタ

杜若、燕子花 キジカクシ目/アヤメ科/アヤメ属 花期/5月

改良種稀少

環境省レッドリスト2018「準絶滅危惧(NT)」
神奈川県レッドリスト2006「絶滅」

カキツバタ 横浜市戸塚区・俣野園 2017/05/09

カキツバタ 横浜市戸塚区・俣野園 2017/05/09

アヤメ(菖蒲)は早いもので4月末から、カキツバタが5月上旬から順に、半ば時期重なるように花開かせる。アヤメは乾燥した場所に、カキツバタは湿地ないし水中に生える。花は紫色。伝統的な高級風呂敷を思わせる落ち着いた大人の紫である。美しい。花弁(外花被片)の付け根に白色の細い条(すじ)模様がしゅっと入るだけ、なのが特徴。

カキツバタを題材にした尾形光琳筆の六曲一双の屏風「燕子花図(かきつばたず)」(東京都港区南青山・根津美術館蔵、国宝)が名高い。


横浜市戸塚区・俣野園(5月上旬)

横須賀市・光の丘水辺公園(四季の池、アサザと)、光触寺(池)、海蔵寺(本道裏庭園の池に、白花も)、東慶寺(書院の池などに)、鎌倉中央公園(湿性花園)、藤沢市・新林公園(湿性植物園)、氷室椿庭園

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする