スイセン(ニホンズイセン)

水仙 キジカクシ目/ヒガンバナ科/スイセン属 花期/12月中旬~2月

有毒危険改良種

スイセン(ニホンズイセン) 逗子市池子・逗子ホームせせらぎ 2017/12/21

#スイセン(ニホンズイセン) 逗子市池子・逗子ホームせせらぎ 2017/12/21

地中海周辺を原産とする多年草。スイセンといった場合はスイセン属に分類される園芸種も含めた総称、またはニホンズイセン(ニホンスイセン、日本水仙)という品種を指す。ニホンズイセンは古い時代に日本に渡来しよく広まったもので、冒頭で述べた通り名前に反して外国産(近代以前の移入種なので外来種の扱いをしない)。じつは日本在来のスイセンはただの一種もない。ニホンズイセンは昭和時代(-1989)は住宅街の道路沿いにもよく植えられておりヒガンバナ(彼岸花)同様たいへんよく目にする花であったが、新しい多様な園芸品種が出回るようになってからは”ありふれたつまらない花”との烙印を押されたか、徐々に見かける機会は減っていった。今なお知名度の高い定番種ではあるものの、昭和のにおいがするところで多く栽培されている傾向が強い。昔々誰かが植えたのだろうものが日本の自然界に帰化し野生化していることもある。

スイセン(ニホンズイセン) 鎌倉市・瑞泉寺 2016/12/06

#スイセン(ニホンズイセン) 鎌倉市・瑞泉寺 2016/12/06

スイセン(ニホンズイセン) 鎌倉市・鶴岡八幡宮 2019/02/01

#スイセン(ニホンズイセン) 鎌倉市・鶴岡八幡宮 2019/02/01

スイセン(ニホンズイセン) 鎌倉市・海蔵寺 2019/02/01

#スイセン(ニホンズイセン) 鎌倉市・海蔵寺 2019/02/01

スイセン(ニホンズイセン) 鎌倉市・フラワーセンター大船植物園 2019/01/11

#スイセン(ニホンズイセン) 鎌倉市・フラワーセンター大船植物園 2019/01/11

スイセン(ニホンズイセン) 松田町・寒田神社 2017/01/06

#スイセン(ニホンズイセン) 松田町・寒田神社 2017/01/06

スイセンの仲間は有毒なので注意が必要。誤って食べてしまえば嘔吐や下痢などの中毒症状を引き起こす。従って、そもそもスイセンを畑や家庭菜園(の近く)に植えてはいけない。スイセンの葉をニラ(韮)と間違えて食べてはいけない(ニラの方が薄っぺらくて、独特のにおいがある)。スイセンの球根をタマネギ(玉葱)と間違えて食べてはいけない。毎年毎年「スイセンで食中毒」のニュースが報じられているのである。
平成28年(2016)5月 北海道で、ニラと間違えてスイセンの葉を食べた60代男性が食中毒による多臓器不全で死亡。(産経新聞、同年5月31日)

スイセン(ニホンズイセン)の葉 鎌倉市・フラワーセンター大船植物園 2019/01/11

#スイセン(ニホンズイセン)の葉 鎌倉市・フラワーセンター大船植物園 2019/01/11

スイセンは神奈川県内では、川崎市高津区の花、横浜市西区の花、寒川町の花、大井町の花に制定されている。

ニホンズイセンの花

清楚な見た目に加えて、爽やかな甘い香りも人気。真冬に咲く稀少な花である。そのためセッチュウカ(雪中花)の別名も。

スイセン(ニホンズイセン) 鎌倉市・フラワーセンター大船植物園 2019/01/11

#スイセン(ニホンズイセン) 鎌倉市・フラワーセンター大船植物園 2019/01/11

スイセン(ニホンズイセン) 鎌倉市・フラワーセンター大船植物園 2019/01/11

#スイセン(ニホンズイセン) 鎌倉市・フラワーセンター大船植物園 2019/01/11

スイセン(ニホンズイセン) 鎌倉市・フラワーセンター大船植物園 2019/01/11

#スイセン(ニホンズイセン) 鎌倉市・フラワーセンター大船植物園 2019/01/11

スイセン(ニホンズイセン) 鎌倉市・フラワーセンター大船植物園 2019/01/11

#スイセン(ニホンズイセン) 鎌倉市・フラワーセンター大船植物園 2019/01/11

八重咲きのスイセンは似ても似つかないがニホンズイセンである。蕊が花弁に変身したことで副花冠がどこにお供に付けばよいのかわからなくなって混乱し、細かく分裂してごちゃついた感じ。一重咲き同様の芳香あり。

スイセン(ニホンズイセン)と八重咲きスイセン(ニホンズイセン)の混生 鎌倉市・鶴岡八幡宮 2019/02/01

#スイセン(ニホンズイセン)と八重咲き#スイセン(ニホンズイセン)の混生 鎌倉市・鶴岡八幡宮 2019/02/01

八重咲きのスイセン(ニホンズイセン) 二宮町・せせらぎ公園 2018/02/11

八重咲きの#スイセン(ニホンズイセン) 二宮町・せせらぎ公園 2018/02/11

ニホンズイセンの実

実(種子)は作らない。球根で増える


#田浦梅の里(ウメより半歩早咲き)、#明月院、#海蔵寺、#徳富蘇峰記念館梅林(ウメより半歩早い、2月初旬)

#野比海岸(水仙ロードに200万株)、#観音崎公園(18万株、2月上旬)、#城ケ島公園(八重・60万株、駐車場周り、緑陰広場、水仙ロード、1月下旬~2月上旬、かながわの花の名所100選、城ケ島観光協会(三浦市観光協会城ケ島支部)主催「城ケ島水仙まつり」・三浦市観光協会主催「県立城ケ島公園水仙まつり」あり)、子安の里、明王院(※撮影不可)、#瑞泉寺(1月10日~15日頃、かながわの花の名所100選)、#覚園寺(愛染堂前庭、数は多くないが八重咲きあり)、#宝戒寺(八重咲き)、#青梅聖天(八重咲きも、日照悪く葉ばかり多い)、#大長寺(八重咲きも)、寒川町・#JR相模線台畑第一踏切(寒川神社北西)、#氷室椿庭園(八重)、二宮町・#吾妻山公園(役場口側、日陰のためか葉ばかり多い)

静岡県下田市・#爪木崎公園(1月15日頃、真っ先に新聞記事に取り上げられる)

フォローする