スイセン(ニホンズイセン)

水仙 クサスギカズラ目/ヒガンバナ科/スイセン属 花期/12月中旬~2月
学名/Narcissus tazetta L. var. chinensis M.Roem

有毒危険改良種

スイセン(ニホンズイセン) 逗子市池子・逗子ホームせせらぎ 2017/12/21

#スイセン(ニホンズイセン) 逗子市池子・逗子ホームせせらぎ 2017/12/21

地中海周辺を原産とする多年草。スイセンといった場合はスイセン属に分類される園芸種も含めた総称、またはニホンズイセン(ニホンスイセン、日本水仙)という品種を指す。ニホンズイセンは古い時代に日本に渡来しよく広まったもので、冒頭で述べた通り名前に反して外国産(近代以前の移入種なので外来種の扱いをしない)。じつは日本在来のスイセンはただの一種もない。ニホンズイセンは昭和時代(-1989)は住宅街の道路沿いにもよく植えられておりヒガンバナ(彼岸花)同様たいへんよく目にする花であったが、新しい多様な園芸品種が出回るようになってからは”ありふれたつまらない花”との烙印を押されたか、徐々に見かける機会は減っていった。今なお知名度の高い定番種ではあるものの、昭和のにおいがするところで多く栽培されている傾向が強い。昔々誰かが植えたのだろうものが日本の自然界に帰化し野生化していることもある。

スイセン(ニホンズイセン) 鎌倉市・瑞泉寺 2016/12/06

#スイセン(ニホンズイセン) 鎌倉市・瑞泉寺 2016/12/06

スイセン(ニホンズイセン) 鎌倉市・鶴岡八幡宮 2019/02/01

#スイセン(ニホンズイセン) 鎌倉市・鶴岡八幡宮 2019/02/01

スイセン(ニホンズイセン) 鎌倉市・海蔵寺 2019/02/01

#スイセン(ニホンズイセン) 鎌倉市・海蔵寺 2019/02/01

スイセン(ニホンズイセン) 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/01/11

#スイセン(ニホンズイセン) 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/01/11

スイセン(ニホンズイセン) 松田町・寒田神社 2017/01/06

#スイセン(ニホンズイセン) 松田町・寒田神社 2017/01/06

秋に発芽するので、球根の植え付けは八月~九月に行う。

スイセン(ニホンズイセン)の発芽 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/11/08

#スイセン(ニホンズイセン)の発芽 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/11/08

スイセン(ニホンズイセン)の発芽 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/11/08

#スイセン(ニホンズイセン)の発芽 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/11/08

スイセンは有毒。スイセンの葉をニラ(韮)と間違えて食べてしまう事故が現に毎年毎年発生しており、特に高齢者は注意が必要。ニラよりもスイセンの方が葉は幅広で硬いのだが、育ちの良い市販のニラと確かに形状が紛らわしいものがある。ニラは薄っぺらいうえ特有の香りがあるので、葉を千切ってにおいを嗅いでみること。明らかなニラ臭(ギョウザ(餃子)に入っていそうなにおい)がしなかったらスイセンの葉である疑い。また球根(鱗茎)をネギ類と間違えて食べてもいけない。スイセンは葉も花茎(かけい)も球根も、かき混ぜた納豆のようなぐしゃっと潰されたナメクジのようなぬるぬる成分を切断面から大量に出すのも大きな特徴。球根を誤食する人が少ないのは、切った途端に現れる強烈なぬるぬるぬめぬめに異常を察知するためと思われる。スイセンを誤って食べてしまうと、三十分、あるいは一時間程度のちに腹痛や下痢、嘔吐(おうと)などの食中毒症状を引き起こし、救急搬送される事例が多い。希ではあるが重篤(じゅうとく)化すれば死に至ることも。誤食を防ぐために、畑や家庭菜園の近くにスイセンを植えるのはやめておいた方が良いだろう。あるいはスイセンを一度でも植えたところにはニラやネギ類は植えないように心がけたい。

スイセン(ニホンズイセン)の葉 茅ヶ崎市萩園 2020/01/01

#スイセン(ニホンズイセン)の葉 茅ヶ崎市萩園 2020/01/01

令和2年(2020)4月、山形県で70代の夫婦がスイセンを摘み取り、花は飾り、葉は籠に放置。翌日ニラとその葉を混ぜてオムレツを作って食べたところ吐き気を催し、医療機関を受診した。(同年4月3日 山形新聞)

令和元年(2019)12月、愛媛県で80代男性が河川敷に生えていたスイセンをニラと勘違いして採取し、子の50代男性と一緒に寄せ鍋に入れて食べ下痢や嘔吐を発症。(同年12月5日 毎日新聞)

令和元年(2019)11月、千葉県の八百屋が近くの雑木林で採取したスイセンらしきものをニラとして販売。買って食べた家族三人が嘔吐した。(同年11月25日 産経新聞)

令和元年(2019)4月、秋田県で60代女性がスイセンの葉を刻んでチャーハンに入れて食べ、食中毒に。スーパーマーケットの産直コーナーでビニールポット入りの「ニラ苗」として販売されていたものだった。(同年4月4日 秋田魁新報)

平成31年(2019)4月、福井県でスイセンをカレーライスに入れて食べた家族三人が食中毒、うち一人は一時入院した。60代男性が、葉がニラ、鱗茎がタマネギに似ていることから食べられると思って自宅近くの道路脇で採取し持ち帰ったという。(同年4月17日 福井新聞)

平成28年(2016)5月、北海道でニラと間違えてスイセンの葉を食べた60代男性が食中毒による多臓器不全で死亡。(同年5月31日 産経新聞)
厚生労働省によれば、平成21年(2009)以降にスイセンが原因で発生した食中毒事故では唯一の死者となっている。

スイセン(ニホンズイセン)の葉 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/01/11

#スイセン(ニホンズイセン)の葉 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/01/11

よく似ているニラとスイセン(ニホンズイセン)の葉 2020/01/24

#よく似ているニラとスイセン(ニホンズイセン)の葉 2020/01/24

よく似ているニラとスイセン(ニホンズイセン)の葉 2020/01/24

#よく似ているニラとスイセン(ニホンズイセン)の葉 2020/01/24

八重咲きスイセン(ニホンズイセン)の球根 茅ヶ崎市浜之郷 2020/04/02

八重咲き#スイセン(ニホンズイセン)の球根 茅ヶ崎市浜之郷 2020/04/02

八重咲きスイセン(ニホンズイセン)の球根 茅ヶ崎市浜之郷 2020/04/02

八重咲き#スイセン(ニホンズイセン)の球根 茅ヶ崎市浜之郷 2020/04/02

スイセンは神奈川県内では、川崎市高津区の花、横浜市西区の花、寒川町の花、大井町の花に制定されている。

ニホンズイセンの花

清楚な見た目に加えて、爽やかな甘い香りも人気。真冬に咲く希少な花である。そのためセッチュウカ(雪中花)の別名も。花茎はナガネギ(長葱)の葉のように中空。

スイセン(ニホンズイセン)の蕾 鎌倉市・横浜国立大学附属鎌倉中学校 2019/12/05

#スイセン(ニホンズイセン)の蕾 鎌倉市・横浜国立大学附属鎌倉中学校 2019/12/05

スイセン(ニホンズイセン)の蕾 鎌倉市・横浜国立大学附属鎌倉中学校 2019/12/05

#スイセン(ニホンズイセン)の蕾 鎌倉市・横浜国立大学附属鎌倉中学校 2019/12/05

スイセン(ニホンズイセン)の咲き始め 鎌倉市・横浜国立大学附属鎌倉中学校 2019/12/05

#スイセン(ニホンズイセン)の咲き始め 鎌倉市・横浜国立大学附属鎌倉中学校 2019/12/05

スイセン(ニホンズイセン) 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/01/11

#スイセン(ニホンズイセン) 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/01/11

スイセン(ニホンズイセン) 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/01/11

#スイセン(ニホンズイセン) 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/01/11

スイセン(ニホンズイセン) 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/01/11

#スイセン(ニホンズイセン) 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/01/11

スイセン(ニホンズイセン) 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/01/11

#スイセン(ニホンズイセン) 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/01/11

花茎一本から咲く花の数はその株(球根)の育ち具合によると思うが、十一個咲いたものも。一斉同時には開花せず、一つずつ徐々に咲き進んでゆく。おっとりした性格のようで、蕾がほころび始めてから完全に開くまで三日程度かかる。また花持ちの良さは抜群で、寒いうちから咲き出したものは優に一ヶ月近くもしなびることなくきれいに咲き続けてくれる。つまりは群生地では、一番花が咲き始めてちょうど三週間後が、傷んでいる花はまだなく花数も多い見頃といえる。ただしそれまでに強風吹き荒れれば花が倒れてしまっている可能性も出てはくるが。

花(蕾を含む)が11個もあるスイセン(ニホンズイセン) 鎌倉市・大船フラワーセンター 2020/01/10

花(蕾を含む)が11個もある#スイセン(ニホンズイセン) 鎌倉市・大船フラワーセンター 2020/01/10

花(蕾を含む)が11個もあるスイセン(ニホンズイセン) 鎌倉市・大船フラワーセンター 2020/01/10

花(蕾を含む)が11個もある#スイセン(ニホンズイセン) 鎌倉市・大船フラワーセンター 2020/01/10

八重咲きのスイセンは似ても似つかないがニホンズイセンである。蕊が花弁に変身したことで副花冠がどこにお供に付けばよいのかわからなくなって混乱し、細かく分裂してごちゃついた感じ。一重咲き同様の芳香あり。

スイセン(ニホンズイセン)と八重咲きスイセン(ニホンズイセン)の混生 鎌倉市・鶴岡八幡宮 2019/02/01

#スイセン(ニホンズイセン)と八重咲き#スイセン(ニホンズイセン)の混生 鎌倉市・鶴岡八幡宮 2019/02/01

八重咲きのスイセン(ニホンズイセン) 二宮町・せせらぎ公園 2018/02/11

八重咲きの#スイセン(ニホンズイセン) 二宮町・せせらぎ公園 2018/02/11

一重咲きと八重咲きの#スイセン(ニホンズイセン) 鎌倉市・円覚寺龍隠庵参道 2019/12/16

一重咲きと八重咲きの#スイセン(ニホンズイセン) 鎌倉市・円覚寺龍隠庵参道 2019/12/16

ニホンズイセンの実

実(種子)は作らない。球根で増える。

ニホンズイセンの花後、膨らんで実になりそうな部分はふにゃんふにゃん 鎌倉市・大船フラワーセンター 2020/02/24

#ニホンズイセンの花後、膨らんで実になりそうな部分はふにゃんふにゃん 鎌倉市・大船フラワーセンター 2020/02/24


#田浦梅の里(ウメより半歩早咲き)、#明月院、#海蔵寺、#徳富蘇峰記念館梅林(ウメより半歩早い、2月初旬)

#観音崎公園(18万株、2月上旬)、#野比海岸(水仙ロード(県道212号下北浦海岸通り沿い=事実上ビッドル広場・久里浜医療センター入口・野比海岸公園の三地点)に公称200万株、1月10日前後=海辺につき強風で傷みも早い、水仙まつり)、#城ケ島公園(八重・60万株、駐車場周り、緑陰広場、水仙ロード、1月下旬~2月上旬、かながわの花の名所100選、城ケ島観光協会(三浦市観光協会城ケ島支部)主催「城ケ島水仙まつり」・三浦市観光協会主催「県立城ケ島公園水仙まつり」あり)、#子安の里、#明王院(※撮影不可)、#瑞泉寺(1月10日~15日頃、かながわの花の名所100選)、#覚園寺(愛染堂前庭、数は多くないが八重咲きあり)、#宝戒寺(八重咲き)、#青梅聖天(八重咲きも、日陰で葉ばかり多い)、#大長寺(八重咲きも)、寒川町・#JR相模線台畑第一踏切(寒川神社北西)、#氷室椿庭園(八重)、二宮町・#吾妻山公園(役場口側、日陰で葉ばかり多い)

静岡県下田市・#爪木崎公園(つめきざき-、1月15日頃、真っ先に新聞記事に取り上げられる)