ホトケノザ

仏の座 シソ目/シソ科/オドリコソウ属 発芽/9月中旬~ 花期/11月中旬~5月

自生種

ホトケノザの一番花 茅ヶ崎市芹沢 2018/09/22

ホトケノザの一番花 茅ヶ崎市芹沢 2018/09/22

田畑や草地、道路沿いなどどこにでも雑草として大量に生えている一年草(越年草)。雰囲気が似るヒメオドリコソウ(姫踊子草)とよく混生する。葉が仏像の台座である蓮華座(れんげざ)のような形状をしているのが特徴。本来は初春の花なのだそうだが、初冬からひっそり咲いており、ヒメオドリコソウと併せて冬を代表する野の花といえる。

夏も峠をついに越え、「暑さ寒さも彼岸(9月23日頃)まで」などという言葉が巷(ちまた)で囁(ささや)かれ始めた頃、農地周辺にホトケノザの若葉が出現しはじめる。そろそろ秋の気配が──、なんて言っている最中に冬の植物登場でちょっとぞっとしてしまう。ホトケノザの葉の表面には、近似種であるヒメオドリコソウ同様に、網状脈(もうじょうみゃく)と呼ばれる網の目状に走る細かな葉脈の凹みがある。網状脈なければオオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)あたりの葉だろう。鋸歯はヒメオドリコソウよりも深めにしっかり切れ込む。茎上部の葉は無柄(むへい)。

紫斑入りシロバナホトケノザの若葉 茅ヶ崎市浜之郷 2018/12/18

#紫斑入りシロバナホトケノザの若葉 茅ヶ崎市浜之郷 2018/12/18

紫斑入りシロバナホトケノザの若葉 茅ヶ崎市浜之郷 2019/02/01

#紫斑入りシロバナホトケノザの若葉 茅ヶ崎市浜之郷 2019/02/01

ホトケノザの芽生え 茅ヶ崎市萩園 2018/09/17

ホトケノザの芽生え 茅ヶ崎市萩園 2018/09/17

ホトケノザの芽生え 寒川町田端 2018/10/09

ホトケノザの芽生え 寒川町田端 2018/10/09

ホトケノザの特徴 鎌倉市・フラワーセンター大船植物園 2019/01/29

ホトケノザの特徴 鎌倉市・フラワーセンター大船植物園 2019/01/29

毛の生え具合には個体差あるが、およそ、茎はほぼ無毛に感じられ、葉などには短毛あり。葉を触るとざらざら(さらさら)した感じ。

ホトケノザの茎 茅ヶ崎市萩園 2018/11/21

ホトケノザの茎 茅ヶ崎市萩園 2018/11/21

なお「春の七草」にいうところのホトケノザは、本種ではくコオニタビラコ(小鬼田平子)のことである。

ホトケノザの花

花冠の筒部が長く、しっかり上向きに立ち上がって見える。紫は色濃い。ヒメオドリコソウの花は筒部が短いため葉に埋もれがちに咲き、色もやや薄め。

ホトケノザ 藤沢市遠藤 2016/11/22

ホトケノザ 藤沢市遠藤 2016/11/22

ホトケノザ 鎌倉市関谷・関谷耕地 2017/03/11

ホトケノザ 鎌倉市関谷・関谷耕地 2017/03/11

ホトケノザ 茅ヶ崎市浜之郷 2018/12/28

ホトケノザ 茅ヶ崎市浜之郷 2018/12/28

ホトケノザは閉鎖花で自家受粉をし自身のクローン種子を周囲にばら撒ける秘術を習得している。

ホトケノザの閉鎖花 茅ヶ崎市浜之郷 2018/04/03

ホトケノザの閉鎖花 茅ヶ崎市浜之郷 2018/04/03

フォローする