コオニタビラコ

小鬼田平子 キク目/キク科/ヤブタビラコ属 花期/3月~5月 結実期/4月~6月中旬
学名/Lapsanastrum apogonoides (Maxim.) Pak & K. Bremer

自生種

コオニタビラコ 茅ヶ崎市浜之郷 2020/04/25

コオニタビラコ 茅ヶ崎市浜之郷 2020/04/25

主に田んぼに生える一年草(越年草)。春の、まだ水が引き込まれていない、田起こしもされていない、そんなしばらく放置されている田んぼに、小指の爪(つめ)くらいの小さなタンポポ(蒲公英)みたいな黄色花が咲いていたら、それはおよそこのコオニタビラコか近似種のヤブタビラコ(藪田平子)であろう。湘南・鎌倉・三浦半島で、田んぼがある場所ではどうということのない普通種の水田雑草。

春の田んぼの畔に生えたコオニタビラコ(青花はオオイヌノフグリ) 茅ヶ崎市浜之郷 2020/03/03

春の田んぼの畔に生えたコオニタビラコ(青花はオオイヌノフグリ) 茅ヶ崎市浜之郷 2020/03/03

春の田んぼに生えたコオニタビラコ(黄色花) 寒川町田端 2020/03/12

春の田んぼに生えたコオニタビラコ(黄色花) 寒川町田端 2020/03/12

田んぼの水路周辺に生えたコオニタビラコ(黄色花のほとんどすべて) 茅ヶ崎市浜之郷 2020/04/25

田んぼの水路周辺に生えたコオニタビラコ(黄色花のほとんどすべて) 茅ヶ崎市浜之郷 2020/04/25

一斉に咲いたコオニタビラコ 茅ヶ崎市浜之郷 2020/04/25

一斉に咲いたコオニタビラコ 茅ヶ崎市浜之郷 2020/04/25

コオニタビラコの春の若めの株 寒川町田端 2020/03/12

コオニタビラコの春の若めの株 寒川町田端 2020/03/12

コオニタビラコの春の若めの株 寒川町田端 2020/03/12

コオニタビラコの春の若めの株 寒川町田端 2020/03/12

「春の七草」にいうホトケノザは、ホトケノザ(仏の座)ではなく本種の春の葉のこととされる。七草粥を食べる人日(じんじつ、1月7日)は現代の暦では寒い真冬なので、葉は小さく赤紫を帯びており食用には適さない。(スーパーマーケットで市販されている七草セットは温室栽培のものなので、きれいな緑色の若葉である。)

コオニタビラコの葉 寒川町田端 2020/04/11

コオニタビラコの葉 寒川町田端 2020/04/11

コオニタビラコの葉 寒川町田端 2020/04/11

コオニタビラコの葉 寒川町田端 2020/04/11

葉は、頂小葉に見える先端の大きな裂片が、コオニタビラコは丸っこく、ヤブタビラコは五角形、とよくいわれるが、個体差があってそうとも言い難い。葉裏はほぼ無毛。ヤブタビラコの葉裏はややまばらながらしっかり毛が生える。

葉の形状が定説とは逆になっているヤブタビラコとコオニタビラコ 茅ヶ崎市浜之郷 2021/04/27

葉の形状が定説とは逆になっているヤブタビラコとコオニタビラコ 茅ヶ崎市浜之郷 2021/04/27

コオニタビラコの花

ちっちゃなタンポポ系の花で、頭花(とうか、キク科の花の形状をいう)の花径は1cmないし1cm余り。一重咲き。花色は明るい黄色。好天日にしか咲かないと思われる。長きに渡ってちらほら咲いているのは見かけるが、辺り一面でどっと一斉に咲き誇るのはごく僅かな期間しかない。

コオニタビラコ 茅ヶ崎市浜之郷 2020/04/25

コオニタビラコ 茅ヶ崎市浜之郷 2020/04/25

花を裏側から見て、萼片(に見える総苞内片)はふつう五枚。たいへん紛らわしい花を咲かせるヤブタビラコはふつう八枚なので、花が咲いていれば見分けは簡単。

コオニタビラコの総苞内片(5枚) 寒川町田端 2020/04/11

コオニタビラコの総苞内片(5枚) 寒川町田端 2020/04/11

コオニタビラコの総苞片(6枚) 寒川町田端 2020/03/12

コオニタビラコの総苞片(6枚) 寒川町田端 2020/03/12

コオニタビラコの実

特にどうということのない、円筒形から軽く三角錐をした実ができる。ヤブタビラコの実は基部がぷくっと膨れた壺形になる。種子(のように見える個々が痩果(そうか))に冠毛は付かない。

コオニタビラコの実(垂れ下がっているもの) 寒川町田端 2020/04/11

コオニタビラコの実(垂れ下がっているもの) 寒川町田端 2020/04/11

関連記事 – 仲間・似ている・紛らわしい

ヤブタビラコ

オニタビラコ

『コオニタビラコ』へのコメント

  1. 多摩NTの住人 投稿日:2021/05/21(金) 18:56:55 ID:f7791114f 返信

    こんにちは。植物観察を初めてから15年以上になりますが、コオニタビラコを見たのは比較的最近でした。ニュータウンには田んぼが無く水田雑草の類は縁遠かったです。ヤブタビラコのほうが見つかり易いですね。オニタビラコは赤鬼、青鬼ともそこらじゅうにあります。

    • mirusiru.jp 投稿日:2021/05/21(金) 19:33:19 ID:f8660ec13 返信

      多摩NTの住人さん、こんばんは。
      もうそろそろワタリミヤコグサとやらを見物にそちらへ伺わなければいけない時期となりました。今年はもう雨期に入っちゃいましたけど。というより今日は風速10mのほぼ台風ですけども。

      私のところは身近に田んぼがあるせいで、コオニタビラコは春になれば毎年見かけるただの雑草という感じです。植物との出会いは環境差が大きいですよね。私なんかは逆にヤブタビラコ探しにかなり苦心しましたもの。ヤブタビラコの時期に生えている場所に私が縁遠いのでしょうね。あるいは、視界に入っていながら見ていなかったか。。青鬼はぜんぜん見かけません。私がわかっていないだけなのか。オニタビラコの話もちょっと棚上げしてすっとぼけているところです。