ヒメオドリコソウ

姫踊子草 シソ目/シソ科/オドリコソウ属 花期/12月~4月

外来種駆除

ヒメオドリコソウ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/02/20

ヒメオドリコソウ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/02/20

ヨーロッパ原産の一年草(越年草)。道端に、空き地に、畑周辺に、どこにでも大量に生えてくる帰化雑草で、よく群生する。春の花とされているが、初冬から開花が見られるため冬を代表する花である。近似種ホトケノザ(仏の座)に花期がほぼ同じで雰囲気も似ておりよく混同される。混生もする。

ヒメオドリコソウ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/02/20

ヒメオドリコソウ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/02/20

ヒメオドリコソウの群生 茅ヶ崎市浜之郷 2018/03/23

ヒメオドリコソウの群生 茅ヶ崎市浜之郷 2018/03/23

ヒメオドリコソウはホトケノザと同属で、葉の表面に網状脈(もうじょうみゃく)と呼ばれる網の目状の細かい葉脈がしっかり入って見える点は同じ。冬から初春にかけて網状脈がある雑草の葉はおそらくこの両者のどちらか。網状脈がなければオオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)やその仲間の葉か。ヒメオドリコソウの葉には細かい毛が密生しており、触るとふかふか(ホトケノザのざらざら程度の毛)。葉の縁(ふち)は僅かに裏側に反り気味なもの多い。鋸歯は小さめで毛にも隠れがちなため不明瞭に見える(鋸歯が深めに切れ込んで入ればホトケノザ)。葉が大きくなるにつれ、より縦長な三角形になり、先端は尖り気味になる(ホトケノザは丸っこい形状の葉も目立つ)。茎上部の葉にも柄(え)がある(ホトケノザの茎上部の葉は無柄(むへい))。

若いヒメオドリコソウの葉 鎌倉市扇ガ谷・海蔵寺道 2019/02/01

若いヒメオドリコソウの葉 鎌倉市扇ガ谷・海蔵寺道 2019/02/01

ヒメオドリコソウとホトケノザの雑種起源と考えられているモミジバヒメオドリコソウ(紅葉葉姫踊子草)なるものあり。別名キレハヒメオドリコソウ(切葉姫踊子草)。全体的な雰囲気はヒメオドリコソウのようでありながら、何か変と感じたら本種の疑い。葉には大きめの切れ込みが入ったりして、両者の中間種的な様相を帯びる。神奈川県内には広まっていないようなので見かける機会はまずないか。

日本在来の近似種オドリコソウ(踊子草)は神奈川県内では北部や西部にはあるようだが、相模川以東の湘南・鎌倉・三浦半島ではほとんど見かけないか、ない。

ヒメオドリコソウの花

ヒメオドリコソウ 大磯町・高麗山公園 2017/01/19

ヒメオドリコソウ 大磯町・高麗山公園 2017/01/19

葉を折りたたむタイプのヒメオドリコソウ 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2015/12/02

葉を折りたたむタイプのヒメオドリコソウ 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2015/12/02

暖秋・暖冬だった平成30年(2018)-同31年(2019)は、開花は一月中旬まで遅れた。ホトケノザは年末から咲いていたのだが。またテントウムシ(天道虫)も這い出てくるようなぽかぽか陽気が続くと傷みやすい。ホトケノザよりも寒い気候を好むようだ。

霜に覆われてもへっちゃらなヒメオドリコソウ 鎌倉市山崎・谷戸の池入口 2019/02/07

霜に覆われてもへっちゃらなヒメオドリコソウ 鎌倉市山崎・谷戸の池入口 2019/02/07

シロバナヒメオドリコソウ 茅ヶ崎市浜之郷 2019/01/25

#シロバナヒメオドリコソウ 茅ヶ崎市浜之郷 2019/01/25

シロバナヒメオドリコソウ 茅ヶ崎市浜之郷 2018/03/23

シロバナヒメオドリコソウ 茅ヶ崎市浜之郷 2018/03/23

軽く運動すると汗ばむ陽気になってきたら、病気にかかったように葉に白斑が出てきて傷んで終わり。

ヒメオドリコソウの花期終わり 大磯運動公園 2016/04/16

ヒメオドリコソウの花期終わり(青花はタチイヌノフグリ) 大磯運動公園 2016/04/16

フォローする