コゴメイヌノフグリ

小米犬の陰嚢 シソ目/オオバコ科/クワガタソウ属 花期/3月~4月

外来種駆除稀少

コゴメイヌノフグリ 鎌倉市・光則寺道 2019/03/15

#コゴメイヌノフグリ 鎌倉市・光則寺道 2019/03/15

地中海周辺が原産という一年草(越年草)。オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)の”新しい”近似種。種子の拡散があまり上手でないようなのでたちまちのうちに爆発的に増加してしまうようなことはないだろうと思われるものの、おそらく園芸栽培されていたものが道端などにも帰化をし始めてしまっている。湘南・鎌倉・三浦半島では、今のところは見かける機会はかなり稀。

日蓮聖人立正安国論進献霊跡碑の足元に逸出しかけているコゴメイヌノフグリ 鎌倉市・光則寺道 2019/03/15

日蓮聖人立正安国論進献霊跡碑の足元に逸出しかけている#コゴメイヌノフグリ 鎌倉市・光則寺道 2019/03/15

コゴメイヌノフグリ 鎌倉市・光則寺道 2019/03/15

#コゴメイヌノフグリ 鎌倉市・光則寺道 2019/03/15

コゴメイヌノフグリ 鎌倉市・光則寺道 2019/03/15

#コゴメイヌノフグリ 鎌倉市・光則寺道 2019/03/15

茎(の上部)や葉裏に白色の長い毛がたくさん生えており、一見近似種のフラサバソウ(フラサバ草)を思わせる雰囲気。但し、フラサバソウの葉は鋸歯の数が明らかに少なく、子葉(双葉)がいつまでも残ってよく目立つため、”フラサバソウにしては何かが変だ”と違和感を感じるに違いない。コゴメイヌノフグリの葉の形状はむしろオオイヌノフグリに近い。とはいえ”オオイヌノフグリにしては開出毛が目立ちすぎる”と違和感を感じよう。

コゴメイヌノフグリの茎などに密生した開出毛 鎌倉市・光則寺道 2019/03/15

#コゴメイヌノフグリの茎などに密生した開出毛 鎌倉市・光則寺道 2019/03/15

コゴメイヌノフグリの葉 鎌倉市・光則寺道 2019/03/15

#コゴメイヌノフグリの葉 鎌倉市・光則寺道 2019/03/15

コゴメイヌノフグリの花

形状はオオイヌノフグリと同様。但し、花色は白。白い花が最大の特徴で、小米(こごめ、砕けた小さな米粒)という名前が冠された理由になっている。小米と呼ぶほど小さな花ではないような気もするけれど。コゴメイヌノフグリの花の大きさはオオイヌノフグリより一回り小さい。フラサバソウほど極小ではない。

コゴメイヌノフグリ 鎌倉市・光則寺道 2018/03/13

#コゴメイヌノフグリ 鎌倉市・光則寺道 2018/03/13

コゴメイヌノフグリ 鎌倉市・光則寺道 2019/03/15

#コゴメイヌノフグリ 鎌倉市・光則寺道 2019/03/15

コゴメイヌノフグリ 鎌倉市・光則寺道 2019/03/15

#コゴメイヌノフグリ 鎌倉市・光則寺道 2019/03/15

コゴメイヌノフグリ(白花)とオオイヌノフグリ(青花)の混生 鎌倉市・光則寺道 2019/03/15

#コゴメイヌノフグリ(白花)とオオイヌノフグリ(青花)の混生 鎌倉市・光則寺道 2019/03/15

コゴメイヌノフグリ 鎌倉市長谷・光則寺道 2019/03/15

#コゴメイヌノフグリ 鎌倉市長谷・光則寺道 2019/03/15

コゴメイヌノフグリは注意深く観察していないが、オオイヌノフグリの仲間の花は暗いと閉じてしまう性質があるため、花の観察はよく晴れた日の十三時頃がよいだろう。

コゴメイヌノフグリ 鎌倉市・光則寺 2019/03/15

#コゴメイヌノフグリ 鎌倉市・光則寺 2019/03/15


#光則寺道(日蓮聖人立正安国論進献霊跡碑周辺に民家から逸出しかけ)

#光則寺(庫裏玄関周辺に少ない)

フォローする