ミゾソバ

溝蕎麦 ナデシコ目/タデ科/タデ属 花期/9月中旬~10月

自生種

ミゾソバ 鎌倉中央公園 2016/10/10

ミゾソバ 鎌倉中央公園 2016/10/10

川べりや湿地を好む一年草。よく群生する。名は、溝に生えるソバのような花の意。溝は田んぼに掘られた水路のことをいっているようだ。

花の可愛らしさもさることながら、葉が牛の頭部を真正面から見たような形をしておりウシノヒタイ(牛の額)という別名も。

ミゾソバの葉 鎌倉中央公園 2016/10/10

ミゾソバの葉 鎌倉中央公園 2016/10/10

似たような花を付けるものにママコノシリヌグイ(継子の尻拭い)アキノウナギツカミ(秋の鰻掴)がある。

ミゾソバの花

ミゾソバの群生 鎌倉中央公園 2016/10/10

ミゾソバの群生 鎌倉中央公園 2016/10/10

ミゾソバ 鎌倉中央公園 2016/10/10

ミゾソバ 鎌倉中央公園 2016/10/10

白花のミゾソバ 鎌倉中央公園 2016/10/10

白花のミゾソバ 鎌倉中央公園 2016/10/10

赤みが強いミゾソバ 鎌倉中央公園 2016/10/16

赤みが強いミゾソバ 鎌倉中央公園 2016/10/16

赤みが強いミゾソバ 鎌倉市・夫婦池公園 2017/10/09

赤みが強いミゾソバ 鎌倉市・夫婦池公園 2017/10/09

ミゾソバ 箱根湿性花園 2017/10/01

ミゾソバ 箱根湿性花園 2017/10/01


逗子市・池子の森自然公園(白っぽい)、鎌倉中央公園(山崎口入り左手の湿生花園)、清水谷(池周辺、木道のある湿地)

夫婦池公園

オオミゾソバ

大溝蕎麦 ナデシコ目/タデ科/タデ属 花期/9月中旬~10月

自生種稀少保護

オオミゾソバ 鎌倉中央公園 2017/09/29

オオミゾソバ 鎌倉中央公園 2017/09/29

ミゾソバの変種という。花がやや大きめで、赤みを強く帯びる傾向がみられる。

オオミゾソバの葉はミゾソバに比べてくびれが強めに入りやや細長い。

オオミゾソバ 鎌倉中央公園 2017/09/19

オオミゾソバ 鎌倉中央公園 2017/09/19

オオミゾソバの葉 鎌倉中央公園 2017/09/19

オオミゾソバの葉 鎌倉中央公園 2017/09/19

オオミゾソバの花

赤いのは花弁(のように見える萼片)の外側なので、閉じているときの方が色濃く鮮やか。

オオミゾソバ 鎌倉中央公園 2017/09/29

オオミゾソバ 鎌倉中央公園 2017/09/29

オオミゾソバ 鎌倉中央公園 2016/10/10

オオミゾソバ 鎌倉中央公園 2016/10/10


鎌倉中央公園(山崎口入り左手の湿生花園でミゾソバに混じって)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする