ナンテンハギ

南天萩 マメ目/マメ科/ソラマメ属 花期/9月中旬~10月上旬 結実期/11月

自生種稀少保護

ナンテンハギ 鎌倉中央公園 2016/10/10

ナンテンハギ 鎌倉中央公園 2016/10/10

林縁部や草地などに生える蔓性の多年草。背丈の低い他の草に紛れて生えていることが多い。湘南・鎌倉近辺では三浦半島でしばしば見かけることがある。市街地にはない。

ナンテンハギ、桃色の玉はヒメツルソバ 逗子市・神武寺 2018/10/25

ナンテンハギ、桃色の玉はヒメツルソバ 逗子市・神武寺 2018/10/25

ササ藪に紛れて生えたナンテンハギ 逗子市桜山 2018/11/23

ササ藪に紛れて生えたナンテンハギ 逗子市桜山 2018/11/23

マメ科の葉は三出複葉が多いが、ナンテンハギの葉は一対(二枚)なのが最大の特徴。それが互生する。なおマメ科の二枚葉にはミヤマタニワタシ(深山谷渡)というのも山地に自生するが、湘南・鎌倉・三浦半島にはないものと考えてよいだろうと思う。

ナンテンハギの葉 鎌倉中央公園 2016/10/10

ナンテンハギの葉 鎌倉中央公園 2016/10/10

葉の基部に、明石家さんま扮するブラックデビルの耳のような形をした一対の托葉がある。さほど大きくはないのであまり目立ちはしないか。

ナンテンハギの托葉 逗子市桜山 2018/11/23

ナンテンハギの托葉 逗子市桜山 2018/11/23

ナンテンハギの花

花はマメ科らしい形状で、花色は紫系で個体差あり。暖かい初秋では明るい濃い赤紫色(ややどぎつめの濃いピンク色)、更に紫、咲き終わり近くなると青っぽくなることも。ほぼ同時期に似たような形状と大きさの花を付けるヤブマメ(薮豆)も咲いているが、こちらの花色は白基調に淡い紫が入るもの。紫花で数多くまとまってどっさり付いていたらクサフジ(草藤)の仲間のどれかか。クサフジそのものは神奈川県内にはない模様。

ナンテンハギ 鎌倉中央公園 2017/09/19

ナンテンハギ 鎌倉中央公園 2017/09/19

ナンテンハギ 鎌倉中央公園 2017/09/19

ナンテンハギ 鎌倉中央公園 2017/09/19

ナンテンハギ 鎌倉中央公園 2016/10/10

ナンテンハギ 鎌倉中央公園 2016/10/10

シロバナナンテンハギ 鎌倉中央公園 2017/09/29

シロバナナンテンハギ 鎌倉中央公園 2017/09/29

シロバナナンテンハギ 鎌倉中央公園 2017/09/29

シロバナナンテンハギ 鎌倉中央公園 2017/09/29

シロバナナンテンハギ 鎌倉中央公園 2017/09/29

シロバナナンテンハギ 鎌倉中央公園 2017/09/29

暖秋の年は冬到来する12月上旬あたりまで花が咲き続けることも。マメ科なので花期は長い。

ナンテンハギの実

小さなエンドウ(豌豆)っぽい形状。完熟して乾燥すると、莢(さや)がカールしながら開いて種子(豆)を露出させる。他の草にまみれてあるせいだろう、犯人はコオロギ(蟋蟀)なのか何なのか莢も豆も虫にかじられているものが目立った。

シロバナナンテンハギの実 鎌倉中央公園 2017/11/16

シロバナナンテンハギの実 鎌倉中央公園 2017/11/16

シロバナナンテンハギの実 鎌倉中央公園 2017/11/16

シロバナナンテンハギの実 鎌倉中央公園 2017/11/16

シロバナナンテンハギの実 鎌倉中央公園 2017/11/16

シロバナナンテンハギの実 鎌倉中央公園 2017/11/16

シロバナナンテンハギの実 鎌倉中央公園 2017/11/16

シロバナナンテンハギの実 鎌倉中央公園 2017/11/16

シロバナナンテンハギの実 鎌倉中央公園 2017/11/16

シロバナナンテンハギの実 鎌倉中央公園 2017/11/16


子安の里(頂上の直売所北側)、鎌倉中央公園(少ないが白花も、夏の刈払いで被害多い)、鎌倉広町緑地(畑周辺)

六代御前の墓(長柄桜山古墳群2号墳への通路沿いに僅少)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする