アキノウナギツカミ

秋の鰻掴 ナデシコ目/タデ科/イヌタデ属 花期/10月中旬~11月上旬 結実期/11月中旬~12月上旬

自生種稀少保護

アキノウナギツカミ 藤沢市大庭 2018/10/16

アキノウナギツカミ 藤沢市大庭 2018/10/16

湿地に生える一年草。茎は細くて長く、地を這い伸びる。その姿はミゾソバ(溝蕎麦)ママコノシリヌグイ(継子の尻拭い)イシミカワ(石実皮)ヤノネグサ(矢の根草)と同じ系統のもの。神奈川県内では普通種といわれているが、湘南・鎌倉・三浦半島でどうも見かけた記憶がほとんどない。もしかしたらよくあるミゾソバやママコノシリヌグイだと思い込んで気に留めなかったか、あるいはじつは数を減らしているのか。特にミゾソバと混生していることが多いので葉の形状の違いを覚えておいてしっかり見分けられるように。

アキノウナギツカミ 藤沢市大庭 2018/10/16

アキノウナギツカミ 藤沢市大庭 2018/10/16

アキノウナギツカミ 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2017/10/12

アキノウナギツカミ 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2017/10/12

アキノウナギツカミの葉 箱根湿性花園 2017/10/01

アキノウナギツカミの葉 箱根湿性花園 2017/10/01

アキノウナギツカミの葉裏 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2017/10/12

アキノウナギツカミの葉裏 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2017/10/12

茎には逆刺(ぎゃくし、下向きの棘(とげ))があり、指でこすっても痛くない程度によく引っかかる。棘は、すこしざらつく程度のミゾソバと、突き刺さるほどに痛いママコノシリヌグイやイシミカワの中間といった感じ。稀に棘を欠く個体があるらしく、名付けてアキノウナギツカメズ(秋の鰻掴めず)。

アキノウナギツカミの茎の棘 藤沢市大庭 2018/10/16

アキノウナギツカミの茎の棘 藤沢市大庭 2018/10/16

一般に初夏に咲くものをウナギツカミ、初秋に咲くものをアキノウナギツカミと分けているが、同種(変種)とする向きも。県内で初夏咲きのものを見かけることはまずないか。

アキノウナギツカミの花

花一つは、ミゾソバのものより小さく、華やぎという点で劣る。花開いていても蕾と大差ない大きさなので開花しているものを探すのがたいへん。ぽつりぽつりと順に咲いていくようで、満開しない。

アキノウナギツカミ 藤沢市大庭 2018/10/16

アキノウナギツカミ 藤沢市大庭 2018/10/16

アキノウナギツカミ 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2017/10/12

アキノウナギツカミ 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2017/10/12

アキノウナギツカミの実

アキノウナギツカミの熟した実 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2018/11/15

アキノウナギツカミの熟した実 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2018/11/15


横浜市栄区・横浜自然観察の森(赤み弱い)

小網代の森(赤み強い)、藤沢市大庭・引地川親水公園南側の田んぼ、寒川町田端・西久保橋北の田んぼ

箱根湿性花園(同時期)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする