タイアザミ

大薊 キク目/キク科/アザミ属 花期/10月~12月 結実期/10月下旬~1月

自生種

タイアザミ 横須賀市・鷹取山公園 2018/10/25

タイアザミ 横須賀市・鷹取山公園 2018/10/25

明るい、あるいは日当たりのあまり良くない草地やハイキングコース沿いなどに生えるやや大型な多年草。単にアザミといった場合はアザミの仲間をひっくるめて呼ぶ総称。春咲きのアザミは主にノアザミ(野薊)、晩夏から秋にかけてはこのタイアザミが最もふつうに見かけるアザミである。母種は東北地方に分布するナンブアザミ(南部薊)で、タイアザミは関東地方周辺で見られるその変種とされる。別名トネアザミ(利根薊)。湘南・鎌倉・三浦半島ではどうということのない普通種、というより雑草の扱いを受けており、棘(とげ)が嫌われるせいもあって夏から晩夏に行われる機械での刈払いで殲滅(せんめつ)される。そのため、意外と花数は多くは見かけなくなった。特に住宅地周辺からは姿を消してしまった。

タイアザミ 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2017/10/12

タイアザミ 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2017/10/12

タイアザミ 逗子市桜山 2018/11/23

タイアザミ 逗子市桜山 2018/11/23

葉は切れ込みが深い。ただし変異は大きい。

タイアザミの葉 横須賀市・衣笠山公園 2017/11/05

タイアザミの葉 横須賀市・衣笠山公園 2017/11/05

タイアザミの葉 横須賀市・衣笠山公園 2017/10/09

タイアザミの葉 横須賀市・衣笠山公園 2017/10/09

タイアザミの葉 横浜市戸塚区・舞岡公園 2018/10/18

タイアザミの葉 横浜市戸塚区・舞岡公園 2018/10/18

切れ込みが弱い(浅い)葉は根生葉しかない状態のときはまま見かけるが、成長した後であってもこのような葉を付けるものがある。特に三浦半島北部には多いように感じられる。

タイアザミの切れ込みの弱い葉 横須賀市・鷹取山公園 2018/10/30

タイアザミの切れ込みの弱い葉 横須賀市・鷹取山公園 2018/10/30

タイアザミの海岸型変種とされるものにイガアザミ(毬薊)がある。花柄(かへい)が短く、多数の花や蕾が一ヶ所にまとまって付く傾向がみられるためずんぐりむっくり体形になる。総苞片は長い。葉は棘が針状に長く伸び、見た目の凶暴さは五割増し。

タイアザミの花

花は首を曲げてやや横、ないし横、あるいはくいっと下を向く。総苞片は反り返るくらいに開き、見た目にかなり棘々(とげとげ)しい。

タイアザミの蕾 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2017/10/12

タイアザミの蕾 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2017/10/12

タイアザミ 藤沢市・引地川親水公園大庭遊水地 2018/10/02

タイアザミ 藤沢市・引地川親水公園大庭遊水地 2018/10/02

タイアザミ 横浜市戸塚区・舞岡公園 2018/10/18

タイアザミ 横浜市戸塚区・舞岡公園 2018/10/18

イガアザミとは違って、長めの花柄(かへい)がある(ことが多い)。

タイアザミ 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2017/10/12

タイアザミ 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2017/10/12

タイアザミ 横浜市戸塚区・舞岡公園 2018/10/18

タイアザミ 横浜市戸塚区・舞岡公園 2018/10/18

タイアザミ 横浜市戸塚区・舞岡公園 2018/10/18

タイアザミ 横浜市戸塚区・舞岡公園 2018/10/18

タイアザミ 横浜市戸塚区・舞岡公園 2018/10/18

タイアザミ 横浜市戸塚区・舞岡公園 2018/10/18

花が直立して真上を向いていたらノハラアザミ(野原薊)である可能性。

タイアザミの実

実はタンポポ系の綿毛。綿毛の奥に種子(のように見える痩果(そうか))が付いており、風に吹かれて遠くまで飛ばされてゆく。

タイアザミの実 横須賀市・貝山緑地 2017/10/24

タイアザミの実 横須賀市・貝山緑地 2017/10/24

タイアザミの実 横須賀市・鷹取山公園 2018/10/30

タイアザミの実 横須賀市・鷹取山公園 2018/10/30

タイアザミの実 横須賀市・鷹取山公園 2018/10/30

タイアザミの実 横須賀市・鷹取山公園 2018/10/30

タイアザミの種子 横須賀市・鷹取山公園 2018/10/30

タイアザミの種子 横須賀市・鷹取山公園 2018/10/30


横浜市栄区・横浜自然観察の森、横浜市戸塚区・舞岡公園(小谷戸の里)

横須賀市・鷹取山公園(鷹取第一配水池~展望台にたいへん多い、京急田浦駅口~展望台)、衣笠山公園(たいへん多いがヤマユリの道周辺以外は管理人がことごとく刈払ってしまう)、黒崎の鼻、六代御前の墓(長柄桜山古墳群2号墳への通路沿い)

蘆花記念公園

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする