コヒガン

小彼岸 バラ目/バラ科/サクラ属 花期/4月上旬~中旬

改良種稀少

コヒガン 大磯運動公園 2017/04/10

コヒガン 大磯運動公園 2017/04/10

ヒガンザクラ(彼岸桜)と呼ばれるものの一種。エドヒガン(江戸彼岸)と区別してコヒガンという。コヒガンはエドヒガンとマメザクラ(豆桜)の交雑種とされる。マメザクラの性質も受け継いでいるので、花は小さめ。ソメイヨシノ(染井吉野)よりわずかにピンク色濃く、女性好みの色彩だろう。

コヒガン 大磯運動公園 2017/04/10

コヒガン 大磯運動公園 2017/04/10

花期は早く彼岸(3月20日ないし21日)の頃から咲き始める。ゆえにヒガンザクラの名がある。
にもかかわらず、私の知るコヒガン(とされるもの)は彼岸をとうに過ぎた4月に花を咲かせている。なんなら、ソメイヨシノよりも遅いくらい。

コヒガン 大磯運動公園 2017/04/10

コヒガン 大磯運動公園 2017/04/10

コヒガン 大磯運動公園 2017/04/10

コヒガン 大磯運動公園 2017/04/10

コヒガン 大磯運動公園 2017/04/10

コヒガン 大磯運動公園 2017/04/10

大磯運動公園のコヒガンは、”エドヒガンに比べて萼筒のくびれ部分が長め”という定義に一致せず、まるでエドヒガンのよう。

コヒガンの萼 大磯運動公園 2017/04/10

コヒガンの萼 大磯運動公園 2017/04/10

よく植えられているというが、湘南・鎌倉・三浦半島では明確にコヒガンと認識して花を見られる機会は多くはないのではないか。


横浜市金沢区・金沢自然公園

大磯運動公園

参考資料

『生きもの出会い図鑑 日本の桜』 勝木俊雄著 学研教育出版発行(2014)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする