マヤラン

摩耶蘭 クサスギカズラ目/ラン科/シュンラン属 花期/6月下旬~10月 見頃/6月下旬~7月上旬

自生種稀少保護

環境省レッドリスト2018「絶滅危惧II類(VU)」

マヤラン 真鶴町 2017/07/10

マヤラン 真鶴町 2017/07/10

林床や林縁部に生える多年草。名は、発見地である兵庫県神戸市・摩耶山(-さん)に因む。サガミラン(相模蘭)とも。マヤランは地面から花茎(かけい)を伸ばすのみで葉はない。神奈川県内では人が入り込まない林があれば広域に自生している(はずである)が、目にする機会はかなり稀。高齢者の間で絶大な人気を誇るランの仲間とあって盗掘被害が多い。ただし生育に必要な栄養分は自分の体内にかくまっている特殊な菌類(キノコ)から貰っている腐生植物(ふせいしょくぶつ)なので、盗み持ち帰ったとて枯らして終わり。その菌類もまた特定の樹木が生えている特定の環境があってこそ存在しうるものなのである。

マヤラン 横須賀市・衣笠山公園 2017/07/19

マヤラン 横須賀市・衣笠山公園 2017/07/19

マヤラン 真鶴町 2017/07/10

マヤラン(葉はテイカカズラのもの) 真鶴町 2017/07/10

ナギ(梛)のような葉を伴うものはナギラン(梛蘭)、白花のマヤランらしき近似種にサガミランモドキ(相模蘭擬)がある。

マヤランの花

シュンラン(春蘭)の仲間なので花はよく似ている。

マヤラン 座間市・座間谷戸山公園 2017/07/09

マヤラン 座間市・座間谷戸山公園 2017/07/09

マヤラン 座間市・座間谷戸山公園 2017/07/09

マヤラン 座間市・座間谷戸山公園 2017/07/09

マヤランの蕾 二宮町 2017/07/10

マヤランの蕾 二宮町 2017/07/10

マヤラン 真鶴町 2017/07/10

マヤラン 真鶴町 2017/07/10

マヤランの実

マヤランの未熟な実 東京都調布市・神代植物公園植物多様性センター 2018/11/10

マヤランの未熟な実 東京都調布市・神代植物公園植物多様性センター 2018/11/10

フォローする

『マヤラン』へのコメント

  1. 志賀眞紀子 投稿日:2019/07/20(土) 09:47:56 ID:2d0881590 返信

    最近は 腐生植物とは言わず 菌従属栄養植物というと色々な論文などで言われているようですが・・・・・
    サガミランは マヤランの白化したものとか一時言われていたようですが サガミランは遺伝子的にシュンランに近い系統と分析された研究書も出ているようです。
    先日 マヤランの近くにサガミランを数株見つけましたが 目で見ただけで 両種は明らかに違うように思えました。
    このページの内容を検討されること願っています。

    • mirusiru.jp 投稿日:2019/07/20(土) 22:31:09 ID:dc81ca1d3 返信

      志賀眞紀子さん、こんばんは。

      一、腐生植物という用語が伝統的に用いられてきたためそれに従いましたが、私自身すっきりと納得のいっているものではありませんでした。菌従属栄養植物という用語は本頁のみならず一切使用していないはずです。単にそこまで細々記述していないというだけの理由ですが、仰るようにこの語を付した方がよろしいかもしれませんね。

      一、サガミラン云々というのは別名「サガミラン(相模蘭)とも。」に引っかかってのご発言でしょうか。まさに「マヤランの白化したものとか一時言われていた」ことからサガミランと呼ぶ人がいる(呼んでいた資料等がある)という理由での記述でしかありません。言葉足らずなのは承知しております。
      なお「目で見ただけで 両種は明らかに違う」とのことですが、並べて見たわけではない私でさえなんとなく”違う”と瞬時に感じたのでそうかもしれませんが、このサイトは目が肥えた上級者や研究者を閲覧対象として想定しておりませんのでその点はご了承ください。

      ご覧の通り本頁は文字情報が不十分なじつに薄っぺらいものに終わっており、お叱りを頂戴するのはごもっともと私も思います。手が回っていないのが正直なところで、申し訳なく感じております。これを読んで勉強し直せという資料ないし著書等あらばお教えいただければ幸いです。