サガミランモドキ

相模蘭擬 キジカクシ目/ラン科/シュンラン属 花期/6月下旬~10月 見頃/7月下旬

自生種稀少保護

環境省レッドリスト2018「絶滅危惧IB類(EN)」
サガミラン=神奈川県レッドリスト2006「絶滅危惧II類」

サガミランモドキ 真鶴町 2017/08/01

サガミランモドキ 真鶴町 2017/08/01

マヤラン(摩耶蘭)の白花種、のようなもの。単にサガミランとも。サガミランはマヤランと同一種なのだとする見解からは、サガミランはマヤランの別名という扱い。サガミランとマヤランは別種だとする見解からは、混乱を避けるため独立してサガミランモドキという呼び名も当てられているようだ。つまり、サガミランといった場合はマヤランないしサガミランモドキを指す。もしマヤランに白花品種があった場合はサガミランモドキとの識別はなかなか容易でなさそうだ。なお神奈川県(相模国)固有種ではない。

神奈川県内でも稀に目撃情報が寄せられているが、マヤランでさえ比にならないくらいに稀。サガミランモドキは、マヤランが咲き終わった頃に開花するか。マヤランも同様だが、花が開き始めてから全開するまでに思いのほか日数を要してじれったいが、かといって油断をしているといつの間にか朽ちて終わっているから驚き呆れる。一日花ではないにせよちょうど見頃の花を見るのはなかなか難しく、頻繁に足を運んで開花状況を確認する必要あり。

サガミランモドキ 真鶴町 2017/07/28

サガミランモドキ 真鶴町 2017/07/28

サガミランモドキ 真鶴町 2017/08/01

サガミランモドキ 真鶴町 2017/08/01

サガミランモドキ 真鶴町 2017/07/26

サガミランモドキ 真鶴町 2017/07/26

サガミランモドキ 真鶴町 2017/08/01

サガミランモドキ 真鶴町 2017/08/01

サガミランモドキ 真鶴町 2017/08/01

サガミランモドキ 真鶴町 2017/08/01

“自生のラン”というだけでマニアの間では価値が高いらしく、残念なことに盗掘被害が絶えない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『サガミランモドキ』へのコメント

  1. 綾瀬市立中央公民館 岡田 伸夫 投稿日:2018/07/11(水) 11:42:47 ID:d4548e8ab 返信

    「サガミランモドキ」の名称について 国立科学博物館筑波実験植物園の2006-2014年度研究結果「菌従属栄養植物の系統と進化」(植物科学最前線)によると遺伝子分析の結果からマヤランとサガミランは別種との判定であり、かつての腐生植物⇒菌従属栄養植物のような改め方がなく、環境省は平成20年度「絶滅のおそれのある動植物種の生息域外保全に関する基本方針(案)」に基づき自然環境局が2009年2月に出した「絶滅危惧植物種子の収集・保存等に関するマニュアル」でも依然として「モドキ」のまま、神奈川県のレッドデータブックでは明快に「サガミラン」と表記されています。2015年秋頃から当方の公園では照葉樹林及び土手に「マヤラン」とこのランがベニタケ等のキノコとともに菌根菌を共有し共にでています。生物の多様性はともかく、その名称については地域別の呼称とは異なるので、ややこしくないほうが良いのではと思っています。

    • mirusiru.jp 投稿日:2018/07/11(水) 13:57:08 ID:e5b574cb0 返信

      こんにちは。研究者の方でしょうか。貴重なご意見ありがとうございます。
      コメントを単純化致しますれば、
      ・マヤランとサガミランは別種であると確定している。
      ・サガミランモドキという呼称は使うな。
      という二点でよろしいでしょうか。

      まず本ページタイトルのサガミランモドキは環境省レッドリストに従いました。
      環境省レッドリスト2018にもなおサガミランモドキの名が発見できます。
      というだけで他意はありません。
      サガミランモドキという名が現に世に知られてしまっている以上そこに一切触れないわけにも参りませんけれども、”遺伝子分析の結果からマヤランとサガミランは別種”であることが確定しているのでしたら当サイトにおける話の構成はマヤランとサガミランの二本立てにしてサガミランモドキはできうる限り排除の方向にもっていった方が仰る通り万人にわかりやすく適切だと思います。

      さすれば、”遺伝子分析の結果からマヤランとサガミランは別種との判定”という記述のある具体的な論文なり資料(ウェブなり図書館等で閲覧できるもの)をたいへんお手数ではございますけれどもお示しいただけないでしょうか。
      別種ということになりましたという噂は耳にしているのですが、その資料をずばり拝見したことが残念ながらございません。(その結果、サガミランモドキを軸にした混沌とした”古い”記述に終始しております。)

      「菌従属栄養植物の系統と進化」(http://bsj.or.jp/jpn/general/bsj-review/BSJ-Review5C-2.pdf)のページ内検索で「サガミラン」はヒットしませんでした。

      「菌従属栄養植物の進化に伴う菌根菌相のシフト —進化の道のりでおこった菌根共生のダイナミックな変化— 」(http://bsj.or.jp/jpn/general/bsj-review/BSJ-Review5C-6.pdf)のページ内に”マヤランとサガミランの2種”、”マヤランとサガミランはお互いに姉妹関係”の記述があることから、マヤランとサガミランを別種として取り扱っているところまでは理解できたのですが、そもそもの”遺伝子分析の結果からマヤランとサガミランは別種との判定”に至った部分に辿り着けませんでした。

      綾瀬市にマヤランのみならずサガミランまで出ているなんて凄いですね。
      座間・大和・綾瀬あたりの情報はブログ等であまり発信されていないように感じています。(私がチェックしきれていないだけかもしれませんが。)
      三浦半島や相模原に引けを取らない、遭いたかったあの子やこの子も結構いてはるんじゃないかと、密かにうすうす狙っている地帯ではあります。(といいながら、湘南・鎌倉・三浦半島エリアから外れてしまうためやはりどうしても後回しになってしまうのですけれど。)
      大切なもの、たくさんの方に見て知っていただけるといいですね。そうなると盗掘されますが。‥。