カタバミ

片喰、酢漿草 カタバミ目/カタバミ科/カタバミ属 花期/4月~11月

自生種

カタバミ 茅ケ崎里山公園 2017/05/07

カタバミ 茅ケ崎里山公園 2017/05/07

雑草としてどこにでも生える多年草。葉は”ハート形”の小葉(しょうよう)が三枚で、まるでクローバー(シロツメクサ(白詰草)の仲間の”丸形”小葉をいう)のよう。葉の表面(おもてめん)は無毛。茎は地面を這うため群生状態になり、茎先端は立ち上がって花を付ける。道端や農地周辺、公園など至る所にまるで外来種であるかのように生えているが、在来種とのこと。鎌倉の寺境内にも多いが、栽培しているわけではなく、むしってもむしっても勝手に生えて来ている状態。

カタバミ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/05/09

カタバミ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/05/09

カタバミ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/05/09

カタバミ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/05/09

花は小さく、明るい黄色。花弁は五枚。

カタバミ(白色紋入り葉はシロツメクサのもの=クローバー) 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/05/09

カタバミ(白色紋入り葉はシロツメクサのもの=クローバー) 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/05/09

ウスアカカタバミ 茅ヶ崎市浜之郷 2018/04/12

ウスアカカタバミ 茅ヶ崎市浜之郷 2018/04/12

全体的に小型で葉が赤みを帯びている変種アカカタバミ(赤片喰)は市街地のアスファルトの割れ目などによく生えている。赤みの薄いウスアカカタバミ(薄赤片喰)はカタバミとアカカタバミの交雑種という。

アカカタバミ 鎌倉市・円覚寺松嶺院 2018/04/22

アカカタバミ 鎌倉市・円覚寺松嶺院 2018/04/22

引っこ抜くと、小さなダイコン(大根)のような肥大した根があるのがわかる。

海岸型の変種で葉の表に毛が多いものをケカタバミ(毛片喰)という。神奈川県内の海辺にも稀にあるという。

カタバミの仲間の外来種や園芸種を総称してカタバミ属を意味するオキザリス(Oxalis)の名で呼ぶことがある。

参考資料

『神奈川県植物誌2001』 神奈川県植物誌調査会編集 神奈川県立生命の星・地球博物館発行(2001)

オッタチカタバミ

おっ立ち片喰 カタバミ目/カタバミ科/カタバミ属 花期/4月中旬~7月、9月~11月

外来種駆除

オッタチカタバミ 茅ヶ崎市行谷 2018/04/19

オッタチカタバミ 茅ヶ崎市行谷 2018/04/19

北米原産の多年草で、オキザリスの一種。花は小さな黄色でカタバミにそっくり。茎は這わずにまっすぐおっ立つ。葉は全開せず閉じ気味、などの微妙な違いあり。栽培されることはふつうなく、市街地や里山地域の道端に帰化植物として勝手に生えている。普通種。

オッタチカタバミの群生 茅ヶ崎市萩園 2018/05/05

オッタチカタバミの群生 茅ヶ崎市萩園 2018/05/05

オッタチカタバミ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/05/09

オッタチカタバミ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/05/09

オッタチカタバミ 茅ヶ崎市行谷 2018/04/19

オッタチカタバミ 茅ヶ崎市行谷 2018/04/19


大磯城山公園(駐車場と車道の間)

オオキバナカタバミ

大黄花片喰 カタバミ目/カタバミ科/カタバミ属 花期/12月~6月

外来種駆除

生態系被害防止外来種リスト「総合対策外来種」

オオキバナカタバミ 鎌倉市極楽寺 2017/03/10

オオキバナカタバミ 鎌倉市極楽寺 2017/03/10

南アフリカ原産の多年草で、オキザリスの一種。キイロハナカタバミ(黄色花片喰)、キバナハナカタバミ(黄花酢漿草)とも。黄色い花のみならず全体的に、カタバミオッタチカタバミ(おっ立ち片喰)とは比較にならないほど巨大。花は日照あるときのみ全開し日陰になるとすぐ閉じる。花柄(かへい)が徒長(とちょう)気味に長いため、花が多いと自重で倒れる。冬の間も開花するがきれいに咲くのは3月以降。本来は花観賞用に公園などで栽培されているものである。場所を取るためあまり民家の庭では見かけないが、市街地のひょんな道端で茂っていることがある。大きめなよく目立つ黄色い花が長い期間咲くので、除草されることがないのだろう。大群生しやすい。

オオキバナカタバミ 鎌倉市極楽寺 2017/03/10

オオキバナカタバミ 鎌倉市極楽寺 2017/03/10

オオキバナカタバミ 鎌倉市極楽寺 2017/03/10

オオキバナカタバミ 鎌倉市極楽寺 2017/03/10

オオキバナカタバミ 逗子市・小坪飯島公園 2017/03/28

オオキバナカタバミ 逗子市・小坪飯島公園 2017/03/28

オオキバナカタバミ 逗子市・小坪飯島公園 2017/03/28

オオキバナカタバミ 逗子市・小坪飯島公園 2017/03/28

オオキバナカタバミ 逗子市・小坪飯島公園 2017/03/28

オオキバナカタバミ 逗子市・小坪飯島公園 2017/03/28

オオキバナカタバミ 逗子市・小坪飯島公園 2017/03/28

オオキバナカタバミ 逗子市・小坪飯島公園 2017/03/28

オオキバナカタバミ 逗子市・小坪飯島公園 2017/03/28

オオキバナカタバミ 逗子市・小坪飯島公園 2017/03/28

葉は全開するものもあるが多くは僅かに閉じ気味。紫色の斑紋が点々と入るのが最大の特徴で、病気ではなくこういうもの。

オオキバナカタバミの葉 鎌倉市極楽寺 2017/03/10

オオキバナカタバミの葉 鎌倉市極楽寺 2017/03/10


#カトリック雪ノ下教会(午前中は日影)、逗子市・小坪飯島公園(プール西側の道路沿い)

逗子市・#大崎公園、#別願寺

ムラサキカタバミ

紫片喰 カタバミ目/カタバミ科/カタバミ属 花期/4月下旬~7月

外来種駆除

外来生物法「要注意外来種」(廃止)

ムラサキカタバミ 鎌倉市・龍宝寺 2019/05/05

ムラサキカタバミ 鎌倉市・龍宝寺 2019/05/05

南米原産の多年草で、オキザリスの一種。キキョウカタバミ(桔梗片喰)とも。花はやや小振りで2cm弱、花色は薄めな紫色(ピンク色)。意図的に栽培するというよりは、庭などに勝手に生えてきたものが勝手に花開く感じか。草むしりの際に引っこ抜かれるだろうが。庭の片隅でそっと咲いているとたいへんかわいらしい花ではあるものの、小さい薄いで儚げな印象も。生命力が強い厄介な帰化雑草だと聞いてはいるが、湘南・鎌倉・三浦半島ではそこまでの悪しき存在感を放っているとはさほど感じない。もしかしたら畑周辺で葉がしつこく生えて迷惑をかけているか。

ムラサキカタバミ 茅ヶ崎市浜之郷 2018/05/02

ムラサキカタバミ 茅ヶ崎市浜之郷 2018/05/02

ムラサキカタバミ 茅ヶ崎市東海岸南 2018/04/03

ムラサキカタバミ 茅ヶ崎市東海岸南 2018/04/03

花柄(かへい)や萼は、赤みを帯びない緑色。雄蕊の葯(やく)が白色なのも大きな特徴。

ムラサキカタバミ 茅ヶ崎市東海岸南・しおさいの森 2018/06/04

ムラサキカタバミ 茅ヶ崎市東海岸南・しおさいの森 2018/06/04

ムラサキカタバミ 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2019/04/21

ムラサキカタバミ 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2019/04/21

ベニカタバミ

紅片喰 カタバミ目/カタバミ科/カタバミ属 花期/3月下旬~7月

外来種駆除

ベニカタバミ 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2018/04/14

#ベニカタバミ 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2018/04/14

南米原産の多年草で、オキザリスの一種。名はブラジルカタバミ(ブラジル片喰)ともいわれるがあまり使われないか。よく園芸栽培され、その逸出が帰化も。花色は、このところ人気が高まっているギャル系の濃いピンクである。花弁には暗紫色の条(すじ)が入り、条が集中する花筒部は特に色濃く見える。花径はムラサキカタバミ(紫片喰)より少し大きく2.5cm前後あり、花数も多く付くので、公園の花壇や民家の庭を彩るのにちょうどよい。雄蕊の葯(やく)は黄色。

ベニカタバミ 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2018/04/14

#ベニカタバミ 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2018/04/14

花のピンクが濃いばかりでなく、花柄(かへい)や萼なども赤みを帯びる傾向あり。

ベニカタバミの赤みを帯びた花柄や萼 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2018/04/14

#ベニカタバミの赤みを帯びた花柄や萼 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2018/04/14


#氷室椿庭園

ハナカタバミ

花片喰 カタバミ目/カタバミ科/カタバミ属 花期/10月~11月

外来種駆除

ハナカタバミ 逗子市小坪・大崎公園 2016/11/13

#ハナカタバミ 逗子市小坪・大崎公園 2016/11/13

南アフリカ原産の大型な多年草で、オキザリスの一種。かなり大きな花を咲かせるので、公園などで観賞用に栽培されることがある。花は丸っこい印象で、やや張りがない。花の基部は黄色。花が大きいせいか、茎が長く伸びたものは自重で倒れる。

ハナカタバミ 逗子市小坪・大崎公園 2016/11/13

#ハナカタバミ 逗子市小坪・大崎公園 2016/11/13

ハナカタバミ 逗子市小坪・大崎公園 2016/11/13

#ハナカタバミ 逗子市小坪・大崎公園 2016/11/13

葉はハート形でなく丸っこい大きなもの。葉脈が窪んでやや目立つ。

ハナカタバミの葉 逗子市小坪・大崎公園 2016/11/13

#ハナカタバミの葉 逗子市小坪・大崎公園 2016/11/13


#大崎公園

フヨウカタバミ

芙蓉片喰 カタバミ目/カタバミ科/カタバミ属 花期/10月~4月

外来種

フヨウカタバミ 鎌倉市腰越・本龍寺 2017/03/10

#フヨウカタバミ 鎌倉市腰越・本龍寺 2017/03/10

南アフリカ原産の多年草で、オキザリスの一種。花はふつう純白ないしピンク色で、適度に大きく、エレガント。気品あふれる佇まいと適度なサイズ感から民家の庭でも栽培しやすいと思うが、花数はあまり多く付けない。また好天日の真っ昼間以外は花を閉じていることが多く、きれいに咲いている姿をなかなか見ることができない難点あり。咲けばきれい。湘南・鎌倉・三浦半島では帰化雑草として野良で見かけることはまずないはず。

フヨウカタバミ 藤沢市片瀬・龍口寺 2016/12/21

#フヨウカタバミ 藤沢市片瀬・龍口寺 2016/12/21

フヨウカタバミ 藤沢市片瀬・龍口寺 2016/12/21

#フヨウカタバミ 藤沢市片瀬・龍口寺 2016/12/21

フヨウカタバミ 藤沢市片瀬・龍口寺 2016/12/21

#フヨウカタバミ 藤沢市片瀬・龍口寺 2016/12/21

葉の縁(ふち)や花柄などには毛が目立つ。

フヨウカタバミの葉 藤沢市片瀬・龍口寺 2016/12/21

#フヨウカタバミの葉 藤沢市片瀬・龍口寺 2016/12/21

フヨウカタバミ 鎌倉市腰越・本龍寺 2017/03/10

#フヨウカタバミ 鎌倉市腰越・本龍寺 2017/03/10


#元八幡宮(白、滅失)、#海蔵寺(ピンク)、腰越・#本龍寺(駐車場に濃ピンクと薄ピンク)、#龍口寺(日蓮銅像前に白)

#大巧寺(社務所玄関前、白)、#教恩寺(門外に白)

フォローする