カタバミ

片喰、酢漿草 カタバミ目/カタバミ科/カタバミ属 花期/4月~11月

自生種

カタバミ 茅ケ崎里山公園 2017/05/07

カタバミ 茅ケ崎里山公園 2017/05/07

雑草としてどこにでも生える多年草。葉は”ハート形”の小葉(しょうよう)が三枚で、まるでクローバー(シロツメクサ(白詰草)の仲間の”丸形”小葉をいう)のよう。葉の表面(おもてめん)は無毛。茎は地面を這うため群生状態になり、茎先端は立ち上がって花を付ける。道端や農地周辺、公園など至る所にまるで外来種であるかのように生えているが、在来種とのこと。鎌倉の寺境内にも多いが、栽培しているわけではなく、むしってもむしっても勝手に生えて来ている状態。

カタバミ 茅ヶ崎市萩園 2020/01/01 ※暖冬

カタバミ 茅ヶ崎市萩園 2020/01/01 ※暖冬

カタバミ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/05/09

カタバミ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/05/09

カタバミ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/05/09

カタバミ 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/05/09

花は小さく、明るい黄色。花弁は五枚。

カタバミ(白色紋入り葉はシロツメクサのもの=クローバー) 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/05/09

カタバミ(白色紋入り葉はシロツメクサのもの=クローバー) 東京都小平市・東京都薬用植物園 2017/05/09

ウスアカカタバミ 茅ヶ崎市浜之郷 2018/04/12

ウスアカカタバミ 茅ヶ崎市浜之郷 2018/04/12

全体的に小型で葉が赤みを帯びている変種アカカタバミ(赤片喰)は市街地のアスファルトの割れ目などによく生えている。赤みの薄いウスアカカタバミ(薄赤片喰)はカタバミとアカカタバミの交雑種という。

アカカタバミ 鎌倉市・円覚寺松嶺院 2018/04/22

アカカタバミ 鎌倉市・円覚寺松嶺院 2018/04/22

アカカタバミ 茅ヶ崎市・第一中学校 2020/11/08

アカカタバミ 茅ヶ崎市・第一中学校 2020/11/08

引っこ抜くと、小さなダイコン(大根)のような肥大した根があるのがわかる。

海岸型の変種で葉の表に毛が多いものをケカタバミ(毛片喰)という。神奈川県内の海辺にも稀にあるという。

カタバミの仲間の外来種や園芸種を総称してカタバミ属を意味するオキザリス(Oxalis)の名で呼ぶことがある。

参考資料

『神奈川県植物誌2001』 神奈川県植物誌調査会編集 神奈川県立生命の星・地球博物館発行(2001)

関連記事 – 仲間・似ている・紛らわしい

オッタチカタバミ

オオキバナカタバミ

インカノカタバミ

ムラサキカタバミ

イモカタバミ

ベニカタバミ

ハナカタバミ

オキザリス・グラブラ

フヨウカタバミ