オキザリス・グラブラ

カタバミ目/カタバミ科/カタバミ属 花期/11月~2月
学名/Oxalis glabra Thunb.

外来種改良種

オキザリス・グラブラ('桃の輝き') 茅ヶ崎市浜之郷 2020/11/16

#オキザリス・グラブラ(’桃の輝き’) 茅ヶ崎市浜之郷 2020/11/16

日当たり良い場所で園芸栽培される、南アフリカ原産の球根性の多年草。カタバミ(片喰)の仲間。カタバミ属(に分類される植物の総称)を意味するオキザリスでざっくりと呼ばれることもあるだろう。’桃の輝き’や’ラブハピネス’(タキイ種苗の登録品種)という品種名のものが多く流通しているようで、秋の前半(10月下旬~11月)からホームセンターの園芸コーナーで見つけることができるだろう。(駆除しにかからなければいけなくなるレベルで)もりもり茂って群生するので大きめの浅鉢を選び、乾燥には強く蒸れ蒸れの過湿は嫌いなので水はけ重視の土(極端な例を挙げれば、硬質赤玉土(小粒)7;腐葉土3)を用い、元肥(もとひ、もとごえ)として「マグァンプK(中粒)」などの緩効性化成肥料を少量混ぜ込み、水は土がしっかり乾いたらたっぷり与えるようにする。水は、蓮口(はすぐち)で上からかけてしまうと葉はぐしゃっと倒れ花も傷んでしまうため、水差しで土にだけ注ぐこと。開花中は追肥(ついひ)として「ハイポネックス」などの液肥をやると花数が良くなるだろう。日光が当たらないと花が開かない性質があるので、朝から午後までしっかり直射日光が当たり続ける(風通しも良い)場所で栽培することが絶対。地植えでも、水はけの良い土で乾燥気味に、日当たりの良い場所を選んで、同様に。地植えなら水やりは基本的に不要(あまりにも長く雨が降らないときは潅水(かんすい)すること)。花が咲くようになったら液肥を与える。屋内での栽培は不可。なお株自体の耐寒性はあるのだが、花柄(かへい)がひょろひょろに細くて弱いため、霜に当ててしまうと花が全部ばたっと倒れて復活しない。従って、地植えよりも鉢植えにし、夜間は軒下に入れる、強い霜が降りそうな夜は玄関の中にしまう、などできると良い。

オキザリス・グラブラ('桃の輝き') 茅ヶ崎市浜之郷 2019/11/24

#オキザリス・グラブラ(’桃の輝き’) 茅ヶ崎市浜之郷 2019/11/24

オキザリス・グラブラ('桃の輝き') 茅ヶ崎市浜之郷 2020/11/11

#オキザリス・グラブラ(’桃の輝き’) 茅ヶ崎市浜之郷 2020/11/11

オキザリス・グラブラ('桃の輝き') 茅ヶ崎市浜之郷 2019/11/24

#オキザリス・グラブラ(’桃の輝き’) 茅ヶ崎市浜之郷 2019/11/24

オキザリス・グラブラ('桃の輝き') 茅ヶ崎市浜之郷 2019/11/24

#オキザリス・グラブラ(’桃の輝き’) 茅ヶ崎市浜之郷 2019/11/24

オキザリス・グラブラ('桃の輝き') 茅ヶ崎市浜之郷 2020/11/16

#オキザリス・グラブラ(’桃の輝き’) 茅ヶ崎市浜之郷 2020/11/16

オキザリス・グラブラ('桃の輝き') 茅ヶ崎市浜之郷 2020/11/16

#オキザリス・グラブラ(’桃の輝き’) 茅ヶ崎市浜之郷 2020/11/16

日当たりやや不良な道端に生えたオキザリス・グラブラ('桃の輝き') 茅ヶ崎市浜之郷 2020/11/23

日当たりやや不良な道端に生えた#オキザリス・グラブラ(’桃の輝き’) 茅ヶ崎市浜之郷 2020/11/23

葉は三出複葉ではあるものの、小葉はオキザリスらしからぬ細身なもの。夏まで地上部は枯れて消滅しているが、秋の始まりを感じる九月以降に葉が生え出てくる。肥料をたっぷりやると葉ばかり茂って花が咲かなくなるので注意。

オキザリス・グラブラ('桃の輝き')の発芽 茅ヶ崎市浜之郷 2020/09/22

#オキザリス・グラブラ(’桃の輝き’)の発芽 茅ヶ崎市浜之郷 2020/09/22

オキザリス・グラブラ('桃の輝き')の葉 茅ヶ崎市浜之郷 2019/11/24

#オキザリス・グラブラ(’桃の輝き’)の葉 茅ヶ崎市浜之郷 2019/11/24

オキザリス・グラブラ('桃の輝き')の茂った葉 茅ヶ崎市浜之郷 2020/11/02

#オキザリス・グラブラ(’桃の輝き’)の茂った葉 茅ヶ崎市浜之郷 2020/11/02

オキザリス・グラブラ('桃の輝き')の三出複葉 茅ヶ崎市浜之郷 2020/10/27

#オキザリス・グラブラ(’桃の輝き’)の三出複葉 茅ヶ崎市浜之郷 2020/10/27

園芸種’桃の輝き’よりも園芸種’ラブハピネス’の方が葉がふっくら茂る。

オキザリス・グラブラ('ラブハピネス ホワイト')のこんもり茂る葉 茅ヶ崎市浜之郷 2020/11/22

#オキザリス・グラブラ(’ラブハピネス ホワイト’)のこんもり茂る葉 茅ヶ崎市浜之郷 2020/11/22

花期が終わったらじきに地上部も枯れて休眠するので、とっ散らかった枯れ残りを適当に(引っこ抜かずに)刈り取って片付けて終了。初秋に発芽するまでは放ったらかしで。すぐかっさかさに乾燥するような土であれば、神奈川県南部(暑くて蒸れる)では梅雨の異常気象レベルの長雨でも植えっぱなしで全く問題はなかった。水はけがあまり良くない土だと腐って溶けちゃう可能性もあるかもしれない。

オキザリス・グラブラの花

花色は基本ピンク系。一瞬フヨウカタバミ(芙蓉片喰)の花かと勘違いしてしまいそうになる色と形状。但し花弁の重なりは本種の方が大きい。かわいい。オキザリスの仲間に共通する性質として、日が当たっている間だけ花は開き、陰ると花を閉じる、という運動を日中に一度だけ行う。いったん閉じようとし始めてしまうといくら日当たり良い場所へ慌てて移動させてももう開かないので、日光にはしっかり当て続けること。生育環境が良ければ花数はたくさん上がってくるので、他に見るべき花が少なくなる秋冬にはかなり目立った存在になる。花殻(はながら)はこまめに摘むこと。指でちょんと引っ張れば取れるが、根張りが弱い小株だと丸ごと引っこ抜けてしまうこともあるので、株数が少ないうちは注意されたし。

オキザリス・グラブラ('桃の輝き')の花が閉じた状態 茅ヶ崎市浜之郷 2019/11/30

#オキザリス・グラブラ(’桃の輝き’)の花が閉じた状態 茅ヶ崎市浜之郷 2019/11/30

オキザリス・グラブラ('桃の輝き') 茅ヶ崎市浜之郷 2019/11/24

#オキザリス・グラブラ(’桃の輝き’) 茅ヶ崎市浜之郷 2019/11/24

開いたり閉じたりするので、花弁のふりふり感なんかは見るタイミングによって違いが出てくるだろう。

オキザリス・グラブラ('桃の輝き') 茅ヶ崎市浜之郷 2020/11/02

#オキザリス・グラブラ(’桃の輝き’) 茅ヶ崎市浜之郷 2020/11/02

オキザリス・グラブラ('ラブハピネス ホワイト')、咲き始め 茅ヶ崎市浜之郷 2020/11/22

#オキザリス・グラブラ(’ラブハピネス ホワイト’)、咲き始め 茅ヶ崎市浜之郷 2020/11/22

オキザリス・グラブラ('ラブハピネス ホワイト') 茅ヶ崎市浜之郷 2020/11/22

#オキザリス・グラブラ(’ラブハピネス ホワイト’) 茅ヶ崎市浜之郷 2020/11/22

オキザリス・グラブラ('ラブハピネス ホワイト') 茅ヶ崎市浜之郷 2020/12/23

#オキザリス・グラブラ(’ラブハピネス ホワイト’) 茅ヶ崎市浜之郷 2020/12/23

オキザリス・グラブラの紅葉

暑さが苦手なので、初夏に葉を落として休眠期に入る。その前にきれいに紅葉することがある。

オキザリス・グラブラ('桃の輝き')の紅葉 茅ヶ崎市浜之郷 2020/04/30

#オキザリス・グラブラ(’桃の輝き’)の紅葉 茅ヶ崎市浜之郷 2020/04/30

オキザリス・グラブラ('桃の輝き')の紅葉 茅ヶ崎市浜之郷 2020/04/30

#オキザリス・グラブラ(’桃の輝き’)の紅葉 茅ヶ崎市浜之郷 2020/04/30

関連記事 – 仲間・似ている・紛らわしい

カタバミ

フヨウカタバミ