イモカタバミ

芋片喰 カタバミ目/カタバミ科/カタバミ属 花期/3月下旬~11月

外来種

イモカタバミ 茅ヶ崎市茅ヶ崎 2019/05/10

イモカタバミ 茅ヶ崎市茅ヶ崎 2019/05/10

南米原産の多年草。フシネハナカタバミ(節根花片喰)とも。私有地の片隅で栽培されているのかそうでないのかよくわからないような様子で生えている帰化雑草。かわいらしい花が咲いていれば残され、葉しかなければ刈られたり引っこ抜かれたり。土中に塊茎は残るのでまたじきに生えてくるだろうが。帰化植物ではあるけれど、種子をあまり作らないのか分布を広げる能力は高くない模様。ただし、生えている場所ではよく群生する。湘南・鎌倉・三浦半島では稀少ではないけれどあまり見かけないような。カタバミの仲間はカタバミ属を意味するオキザリス(Oxalis)の名でも呼ばれることがある。

イモカタバミ 茅ヶ崎市茅ヶ崎 2019/05/10

イモカタバミ 茅ヶ崎市茅ヶ崎 2019/05/10

葉は、花に比べて大きいと感じるもの。

イモカタバミの葉 茅ヶ崎市茅ヶ崎 2019/05/10

イモカタバミの葉 茅ヶ崎市茅ヶ崎 2019/05/10

地下(というより地表)に芋状の塊茎がある。これが名前の由来。

イモカタバミの芋状の塊茎 鎌倉市二階堂 2019/09/20

イモカタバミの芋状の塊茎 鎌倉市二階堂 2019/09/20

イモカタバミの芋状の塊茎 鎌倉市二階堂 2019/09/20

イモカタバミの芋状の塊茎 鎌倉市二階堂 2019/09/20

イモカタバミの芋状の塊茎 鎌倉市二階堂 2019/09/20

イモカタバミの芋状の塊茎 鎌倉市二階堂 2019/09/20

イモカタバミの花

花色は蛍光ピンク。花弁基部は更に濃い色になる。葯(やく)は黄色。萼は赤みを帯びない緑色。萼や花柄(かへい)には細かい毛が多い。かわいらしい花ではあるけれど、人の目には雑草と認識されるため立ち止まって観賞する者ほぼなし。春から初夏にかけて群生が一斉開花していると見応えあり。真夏と冬は苦手なので花は咲かない傾向。

イモカタバミ 茅ヶ崎市茅ヶ崎 2019/05/10

イモカタバミ 茅ヶ崎市茅ヶ崎 2019/05/10

イモカタバミ、萼と葉柄は有毛、萼は緑色 茅ヶ崎市茅ヶ崎 2019/05/10

イモカタバミ、萼と葉柄は有毛、萼は緑色 茅ヶ崎市茅ヶ崎 2019/05/10

ピンク花のオキザリスは五種類ある。花が大きなハナカタバミ(花片喰)と花の形状が独特なフヨウカタバミ(芙蓉片喰)はわかりやすいが、他の三種、つまりベニカタバミ(紅片喰)、イモカタバミ、ムラサキカタバミ(紫片喰)は混同しがちなので注意したい。ベニカタバミとイモカタバミの花色は同じで、濃いめの蛍光ピンク(昭和時代(-1989)は品がないと嫌われていたが最近は高い人気を維持しているギャル系ピンク)。花弁基部は更に濃いピンク色になる。ただしベニカタバミの花の方が一回り二回り大きく、萼も赤みを帯びる、という違いあり。ムラサキカタバミは、花の大きさはイモカタバミと同じながら、花色がやや薄めで、花弁基部は濃いピンク色にはならず逆に薄く白っぽくなる。(ベニカタバミと)イモカタバミの葯は黄色、ムラサキカタバミの葯は白色、というわかりやすい違いもあり。イモカタバミとムラサキカタバミの萼は緑色である。湘南・鎌倉・三浦半島では、よく栽培されているのはベニカタバミ、帰化雑草としてしばしば勝手に生えてくるのはムラサキカタバミ、か。

イモカタバミとベニカタバミの比較 茅ヶ崎市茅ヶ崎 2019/05/10

イモカタバミとベニカタバミの比較 茅ヶ崎市茅ヶ崎 2019/05/10

イモカタバミとベニカタバミの萼の比較 茅ヶ崎市茅ヶ崎 2019/05/10

イモカタバミとベニカタバミの萼の比較 茅ヶ崎市茅ヶ崎 2019/05/10

珍しいながら白花品種もある。シロバナイモカタバミ(白花芋片喰)やシロバナフシネハナカタバミ(白花節根花片喰)と呼ばれる。

シロバナイモカタバミ 秦野市北矢名 2017/04/06

#シロバナイモカタバミ 秦野市北矢名 2017/04/06


東京都文京区・#小石川植物園(白花)

鎌倉市・#第二中学校(テニスコート東側)、パークタウン茅ヶ崎(茅ヶ崎住宅公園側、ベニカタバミもある)

フォローする