フイリグミ

斑入茱萸 バラ目/グミ科/グミ属 花期/11月中旬~下旬 (結実期/4月)
学名/Elaeagnus × submacrophylla Servett.

改良種

フイリグミの葉 オハナ茅ヶ崎ガーデニア 2021/10/21

#フイリグミの葉 オハナ茅ヶ崎ガーデニア 2021/10/21

園芸栽培される常緑の低木で、雌雄同株(しゆうどうしゅ)。葉に黄色い斑が入り美しく、生垣などに利用される。和名は不明。”ナワシログミ(苗代茱萸)の園芸種「斑入りグミギルド・エッジ‘」、学名/Elaeagnus × ebbingei Door.”、などとして流通している。どう見てもナワシログミとは葉の形状が異なるのは、正しくはナワシログミとマルバグミ(丸葉茱萸)の交配種(ハイブリッド)であるため。実際の葉の形状、花の形状および開花時期は、ナワシログミというよりマルバグミに準じている。なお品種名は’ギルト・エッジ(Gilt Edge、金色の縁取りの意)’が正しい。Elaeagnus × ebbingei は現在はシノニム(支持されない学名)である。葉の中央が黄色に染まる’ライムライト(Limelight)’、などの品種も。

フイリグミが混じった生垣 オハナ茅ヶ崎ガーデニア 2021/10/21

#フイリグミが混じった生垣 オハナ茅ヶ崎ガーデニア 2021/10/21

フイリグミの葉 オハナ茅ヶ崎ガーデニア 2021/10/21

#フイリグミの葉 オハナ茅ヶ崎ガーデニア 2021/10/21

フイリグミの葉 オハナ茅ヶ崎ガーデニア 2021/10/21

#フイリグミの葉 オハナ茅ヶ崎ガーデニア 2021/10/21

フイリグミの葉 オハナ茅ヶ崎ガーデニア 2021/10/21

#フイリグミの葉 オハナ茅ヶ崎ガーデニア 2021/10/21

フイリグミの花

マルバグミと同時期にほぼ同形の花が咲く。強剪定に遭っていると花付きは悪くなるが。

フイリグミ オハナ茅ヶ崎ガーデニア 2021/11/17

#フイリグミ オハナ茅ヶ崎ガーデニア 2021/11/17

フイリグミ オハナ茅ヶ崎ガーデニア 2021/11/17

#フイリグミ オハナ茅ヶ崎ガーデニア 2021/11/17

フイリグミ オハナ茅ヶ崎ガーデニア 2021/11/17

#フイリグミ オハナ茅ヶ崎ガーデニア 2021/11/17

フイリグミ オハナ茅ヶ崎ガーデニア 2021/11/17

#フイリグミ オハナ茅ヶ崎ガーデニア 2021/11/17

雑種によくある傾向として、実はふつうならない。


#オハナ茅ヶ崎ガーデニア(左富士通り側および北東端に植え込み)

関連記事 – 仲間・似ている・紛らわしい

ナワシログミ

マルバグミ(オオオバグミ)