エノキ

榎 バラ目/アサ科/エノキ属 花期/4月 結実期/8月~10月 黄葉/11月

自生種

エノキの葉 茅ヶ崎市・清水谷 2018/05/12

エノキの葉 茅ヶ崎市・清水谷 2018/05/12

林内に生える落葉高木で、雌雄同株(しゆうどうしゅ)の雌雄異花。湘南・鎌倉・三浦半島では神社叢林(そうりん)に生えているもの、あるいは公園や川べりなどに植えられたものを多く見かける。ケヤキ(欅)やタブノキ(椨)と並んでたいへん身近な樹木の一つである。

エノキ 茅ヶ崎市浜之郷・小出川 2018/08/11

エノキ 茅ヶ崎市浜之郷・小出川 2018/08/11

幹はこれといった特徴なし(特徴ないのが特徴)。樹皮がかさぶたのようにべりべり剥がれてこないケヤキ、といったところか。

エノキの幹 茅ヶ崎市浜之郷・小出川 2018/08/07

エノキの幹 茅ヶ崎市浜之郷・小出川 2018/08/07

エノキの幹 茅ヶ崎市浜之郷・小出川 2018/08/07

エノキの幹 茅ヶ崎市浜之郷・小出川 2018/08/07

葉は互生で、先端側半分にのみ鋸歯あり。オオムラサキ(大紫)、ゴマダラチョウ(胡麻斑蝶)、外来種アカボシゴマダラ(赤星胡麻斑)タマムシ(玉虫)などの食葉になっている。

エノキの葉 茅ヶ崎市・清水谷 2018/05/12

エノキの葉 茅ヶ崎市・清水谷 2018/05/12

エノキの結実期の葉 茅ヶ崎市今宿 2018/08/05

エノキの結実期の葉 茅ヶ崎市今宿 2018/08/05

エノキの結実期の葉はじつは虫食いでぼろぼろ 茅ヶ崎市浜之郷・小出川土手 2018/08/20

エノキの結実期の葉はじつは虫食いでぼろぼろ 茅ヶ崎市浜之郷・小出川土手 2018/08/20

ムクノキ(椋の木)と混同しやすいか。

エノキの花

エノキの実

実は葉の下に隠れるように付き、【緑→黄→オレンジ→赤→暗い紫】と色が変化し熟して、のちしおれる。赤く熟したものは一応食べられる。

エノキの未熟な実 藤沢市・新林公園 2018/07/08

エノキの未熟な実 藤沢市・新林公園 2018/07/08

エノキの実 茅ヶ崎市今宿・小出川 2018/08/05

エノキの実 茅ヶ崎市今宿・小出川 2018/08/05

エノキの実 茅ヶ崎市今宿・小出川 2018/08/05

エノキの実 茅ヶ崎市今宿・小出川 2018/08/05

エノキの実 茅ヶ崎市今宿・小出川 2018/08/05

エノキの実 茅ヶ崎市今宿・小出川 2018/08/05

エノキの実 茅ヶ崎市今宿・小出川 2018/08/05

エノキの実 茅ヶ崎市今宿・小出川 2018/08/05

エノキの実 茅ヶ崎市・清水谷 2016/09/09

エノキの実 茅ヶ崎市・清水谷 2016/09/09

エノキの実 茅ヶ崎市・清水谷 2016/09/09

エノキの実 茅ヶ崎市・清水谷 2016/09/09

エノキの完熟した実(葉の枯れは台風塩害によるもの) 茅ヶ崎市今宿・小出川 2018/10/06

エノキの完熟した実(葉の枯れは台風塩害によるもの) 茅ヶ崎市今宿・小出川 2018/10/06

エノキの黄葉

カエデ(楓)に先駆けて、黄色くよく染まる。

エノキの黄葉 小田原市早川・太閤一夜城と長興山史跡巡りコース 2018/11/02

エノキの黄葉 小田原市早川・太閤一夜城と長興山史跡巡りコース 2018/11/02

エノキの黄葉 小田原市早川・太閤一夜城と長興山史跡巡りコース 2018/11/02

エノキの黄葉 小田原市早川・太閤一夜城と長興山史跡巡りコース 2018/11/02

エノキの黄葉 小田原市早川・太閤一夜城と長興山史跡巡りコース 2018/11/02

エノキの黄葉 小田原市早川・太閤一夜城と長興山史跡巡りコース 2018/11/02

エノキの黄葉 小田原市早川・太閤一夜城と長興山史跡巡りコース 2018/11/02

エノキの黄葉 小田原市早川・太閤一夜城と長興山史跡巡りコース 2018/11/02

エノキの黄葉 横浜市金沢区・横浜横須賀道路釜利谷本線料金所 2018/11/15

エノキの黄葉 横浜市金沢区・横浜横須賀道路釜利谷本線料金所 2018/11/15


鎌倉市材木座・元八幡宮(巨木)

清水谷(湿地木道沿い、小出暫定スポーツ広場側)、茅ヶ崎市今宿・小出川(右岸に多い、中原橋の左岸、共に低所に花実)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする