エゴマ

荏胡麻 シソ目/シソ科/シソ属 花期/9月中旬~10月上旬 結実期/10月下旬~11月

食用

エゴマ 茅ヶ崎市・清水谷 2017/09/29

エゴマ 茅ヶ崎市・清水谷 2017/09/29

東南アジア原産という。古い時代に日本へ入ってきたため在来種の扱いになる。一年草。

食用になり葉はアオジソ(青紫蘇)と対比されるが、全体的な姿はイラクサ科のカラムシ(苧)に似ているか。

エゴマ 茅ヶ崎市・清水谷 2017/08/27

エゴマ 茅ヶ崎市・清水谷 2017/08/27

葉は対生。シソのようには極端に薄からず、シソのようには縮れず。揉んでみればシソの香りも立たない上、ひと癖ある青臭さが漂う。エゴマの葉はスーパーマーケットでも売られていることがあるが、この青臭さが日本人好みではないためシソに比べれば格段に人気なし。韓国人は焼肉と一緒にこのエゴマの葉を食べているらしい。

エゴマの葉 茅ヶ崎市・清水谷 2017/08/27

エゴマの葉 茅ヶ崎市・清水谷 2017/08/27

エゴマの葉 茅ヶ崎市・清水谷 2017/08/27

エゴマの葉 茅ヶ崎市・清水谷 2017/08/27

エゴマの花

花序は葉脈にも付くが茎先端に突き出たものが印象的。シソのような姿である。

エゴマ 茅ヶ崎市・清水谷 2017/09/29

エゴマ 茅ヶ崎市・清水谷 2017/09/29

エゴマ 茅ヶ崎市・清水谷 2017/09/29

エゴマ 茅ヶ崎市・清水谷 2017/09/29

エゴマ 茅ヶ崎市・清水谷 2017/09/29

エゴマ 茅ヶ崎市・清水谷 2017/09/29

エゴマの実

完熟した実の種子からは食用油の「えごま油」が採れる。α-リノレン酸を多く含んでおり、動脈硬化や心疾患を予防する、あるいは老化防止になる、認知症を予防する、ダイエット効果があるなどと謳われて、昨今は健康食品としての人気が高まっているようだ。えごま油は酸化しやすいため、加熱することなく(サラダにかけるなどして)生食し、開封後一ヶ月以内で使い切ること。えごま油にはエゴマ特有の臭みは一切なく、味はまろやか。オリーブオイルより全然使い勝手は良い。


逗子市・池子の森自然公園、清水谷(10月下旬に「清水谷を愛する会」が収穫)

レモンエゴマ

檸檬荏胡麻 シソ目/シソ科/シソ属 花期/9月中旬~10月上旬 結実期/10月下旬~11月

自生種稀少保護

エゴマの変種という。葉を揉むとなぜか果物のレモン(檸檬)のような爽やかな(不快でない)香りが立つ。花はうっすらと紫色をしている傾向があるようだが白いものも。


横浜市栄区・横浜自然観察の森(ミズキの道11番、10月中旬)、横浜市栄区・瀬上市民の森

森戸川源流(9月中旬~下旬)、茅ヶ崎市萩園・相模川沿い

小田原市早川・太閤一夜城と長興山史跡巡りコース(シキミ畑向かいのやや南方道端

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする