シソ

紫蘇 シソ目/シソ科/シソ属 旬/(赤紫蘇)6月~7月、(青紫蘇)6月~9月 花期/9月~10月 結実期/9月~11月

食用薬用改良種

シソ(アカジソ) 鎌倉広町緑地 2017/08/24

シソ(アカジソ) 鎌倉広町緑地 2017/08/24

東南アジアの辺りを原産とするらしい一年草。シソといったらふつうはシソ属の総称。多品種あるが大まかに分類すると、葉が赤色(赤紫色)のアカジソ(赤紫蘇)、アカジソのようだが葉が縮れているチリメンジソ(縮緬紫蘇)、葉が緑色で大葉(おおば)の名前で流通しているアオジソ(青紫蘇)の三種。そのまま生食されるのはアオジソで、アカジソは梅干の着色やしそジュースに用いられる。アオジソは旬に限らず通年手に入る。いずれも葉のみでなく実も食用にされる。ハーブ(Herb、独特の風味ある植物全般を指す)の一種。湘南・鎌倉・三浦半島では農家が大規模に生産している畑はなかなか見かけないが、市民農園でもふつうに栽培されているので見かける機会は多いだろう。

シソの葉

“蓼(たで)食う虫も好き好き”(タデという辛い葉を食べる虫さえいるように、人の好みも人それぞれだ)というけれど、シソの葉なんかをかじる虫もいる。放っておけば虫食い穴だらけに。

シソ(アカジソ)の葉 鎌倉広町緑地 2017/08/24

シソ(アカジソ)の葉 鎌倉広町緑地 2017/08/24

シソ(アオジソ)の葉 茅ヶ崎市浜之郷 2018/07/13

シソ(アオジソ)の葉 茅ヶ崎市浜之郷 2018/07/13

シソの花

シソ(アカジソ) 鎌倉広町緑地 2017/08/24

シソ(アカジソ) 鎌倉広町緑地 2017/08/24

シソの実

柄(え)に付いたまま収穫してそのまま天ぷらに、あるいは柄からこそげ落として蕎麦(そば)の薬味に、塩漬けにして白飯のお供に。シソの風味と、ぷちぷちした食感がおいしい。


瑞泉寺(受付外に青・赤)、鎌倉広町緑地(畑に青・赤)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする