オオバウマノスズクサ

大葉馬の鈴草 コショウ目/ウマノスズクサ科/ウマノスズクサ属 花期/4月中旬~6月上旬 結実期/7月~9月

有毒自生種

オオバウマノスズクサ 横須賀市湘南国際村 2017/06/04

オオバウマノスズクサ 横須賀市湘南国際村 2017/06/04

丘陵地の林縁部などに生える落葉藤本(とうほん)で、雌雄同株(しゆうどうしゅ)。名前はウマノスズクサの葉が大きいものの意であるが、生えている場所や花が咲く時期などもいろいろと異なるため別種と捉(とら)えておいた方がよいだろう。へんちくりんな花を咲かせる点は一緒。湘南・鎌倉・三浦半島では、三浦丘陵でありふれた普通種で特に北部のハイキングコースを歩けば見つけることができる。市街地にはない。

ハイキングコース沿いの低木に絡まって生えるオオバウマノスズクサ 横浜市栄区・瀬上市民の森 2018/12/23

ハイキングコース沿いの低木に絡まって生えるオオバウマノスズクサ 横浜市栄区・瀬上市民の森 2018/12/23

葉は互生で、人の手のひらサイズにもなる大きな心形(しんけい、ハート形)。ふつう幅広なでっぷり太った丸っこい心形だが、細身でヤマノイモ(山の芋)の葉を思わせる形状のものも。いずれも葉は大きく、触ってみればふかふかと細かい毛が多く生えているので区別はできる。ヤマノイモの葉は無毛。一応ヘクソカズラ(屁糞葛)アオツヅラフジ(青葛藤)シオデ(牛尾菜)あたりの葉とも見分けられるように。なおオオバウマノスズクサは茎が木質化する(草ではなく)木である。ヤマノイモなどより開葉時期が早いため、5月上旬までに探せば見間違えることはないだろう。5月中旬以降はヤマノイモの仲間やクズ(葛)の葉が伸長してくるので、藪にも紛れてすこし探しづらくなる。葉を落とす時期は遅いため晩夏以降も人目に触れやすいか。

オオバウマノスズクサの葉 横須賀市湘南国際村 2017/06/04

オオバウマノスズクサの葉 横須賀市湘南国際村 2017/06/04

オオバウマノスズクサのやや細身な葉 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2018/11/15

オオバウマノスズクサのやや細身な葉 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2018/11/15

オオバウマノスズクサの細身な葉 横浜市金沢区・金沢自然公園 2018/11/15

オオバウマノスズクサの細身な葉 横浜市金沢区・金沢自然公園 2018/11/15

オオバウマノスズクサのかなり細身な葉 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2018/11/15

オオバウマノスズクサのかなり細身な葉 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2018/11/15

オオバウマノスズクサの葉裏に生える細かい毛 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2018/11/15

オオバウマノスズクサの葉裏に生える細かい毛 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2018/11/15

オオバウマノスズクサはジャコウアゲハ(麝香揚羽)の幼虫の食草としても有名。葉裏にキモカワイイ白黒いぼいぼの芋虫が付いていたらそれ。

オオバウマノスズクサの葉裏にいたジャコウアゲハの幼虫 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2017/05/21

オオバウマノスズクサの葉裏にいたジャコウアゲハの幼虫 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2017/05/21

オオバウマノスズクサの葉裏にいたジャコウアゲハの幼虫 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2017/05/21

オオバウマノスズクサの葉裏にいたジャコウアゲハの幼虫 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2017/05/21

オオバウマノスズクサの葉裏にいたジャコウアゲハの幼虫 横須賀市湘南国際村 2017/06/04

オオバウマノスズクサの葉裏にいたジャコウアゲハの幼虫 横須賀市湘南国際村 2017/06/04

オオバウマノスズクサの花

サクソフォン(サキソフォン)のような奇妙な形状。なお蔓性の木に共通する性質として、しっかりと大きく成長した株でなければ花を付けない。ハイキングコース付近の株は通路確保などの名目でしばしば刈払われてしまうため、葉ばかりちょくちょく見かけるものの花はぜんぜん咲いていない、なんていうことも。花は人の目線よりもすこし上の方にあることが多いか。

オオバウマノスズクサ 鎌倉広町緑地 2017/05/07

オオバウマノスズクサ 鎌倉広町緑地 2017/05/07

オオバウマノスズクサ 鎌倉広町緑地 2017/05/07

オオバウマノスズクサ 鎌倉広町緑地 2017/05/07

食虫植物を思わせる姿ではあるものの、食虫植物ではない。受粉をするために小さな虫を呼び込んでしばし中に閉じ込めようとする構造にはなっているらしい。


横浜つながりの森(横浜市磯子区・円海山(いっしんどう広場)~横浜市栄区・瀬上市民の森~横浜市金沢区・金沢市民の森~横浜市栄区・横浜自然観察の森~鎌倉市・天園の尾根を伝うハイキングコース沿いに多い

祇園山ハイキングコース、鎌倉広町緑地、大磯運動公園

鎌倉中央公園、新林公園(山道に点在するが日陰すぎるため大きく成長できない)、高麗山公園

フォローする