カブ

蕪 アブラナ目/アブラナ科/アブラナ属 収穫期/11月中旬~1月

食用改良種

カブ 茅ヶ崎市円蔵 2018/12/25

カブ 茅ヶ崎市円蔵 2018/12/25

根菜として食べられているカブ。カブラ(蕪)などの別名あり。正確な原産地等は不明。アブラナ科の植物は世界的に古くから野菜として栽培され改良も繰り返されているため、元々の素性はよくわからない。湘南・鎌倉・三浦半島ではダイコン(大根)とは異なり大規模には生産されていないが、農家の畑で細々とは作られているので直売所でも安価で手に入るだろう。市民農園でも見かける冬の定番野菜である。

カブ 茅ヶ崎市円蔵 2018/12/25

カブ 茅ヶ崎市円蔵 2018/12/25

根が丸く膨らんで食用にされる。細かいことをいえば根ではなく、根と茎の間にある胚軸(はいじく)という部分。加熱するとダイコン以上にふわっと柔らかくなるのが特徴。煮崩れしやすい。根はその下に長細く伸びる髭(ひげ)状の部分で、ふつうは捨てられる。葉もダイコン同様食べることができる。

カブ 茅ヶ崎市円蔵 2018/12/25

カブ 茅ヶ崎市円蔵 2018/12/25

カブの葉 茅ヶ崎市円蔵 2018/12/25

カブの葉 茅ヶ崎市円蔵 2018/12/25

フォローする