マグノリア

Magnolia モクレン目/モクレン科/モクレン属 花期/3月中旬~4月

外来種改良種

ガールマグノリア 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/04/13

ガールマグノリア 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/04/13

園芸栽培されるハクモクレン(白木蓮)の仲間は、モクレン属を意味するマグノリア(Magnolia)の名で総称される。従って、ハクモクレンもシモクレン(紫木蓮)コブシ(辛夷)タイサンボク(泰山木)もマグノリアの一種である。マグノリアである。※本頁では、これら具体個別の呼称が広く知られていない、得体の知れない交配種をマグノリアと呼ぶことにする。どうやらマグノリアは欧米で人気が高いらしく、様々な品種が作出され続けているようである。

ガールマグノリア 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/04/13

ガールマグノリア 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/04/13

マグノリアの花

シモクレンとハクモクレンないしシデコブシ(紙垂辛夷)などが交配された園芸種は、花色に紫が入る。従って一般にはシモクレンであると誤認されているかもしれない。「シモクレン」でGoogle画像検索をすると表示される写真のほとんどはこうしたマグノリアである。マグノリアの特徴は、ハクモクレンのように木が大きくなる、ハクモクレンのように花色が(濃い紫ではなく)白っぽくなる(結果としてかわいらしいピンク系の色になる)、などの、本来のシモクレンにはありえない特徴が表れる。

マグノリアの蕾 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/03/18

マグノリアの蕾 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/03/18

マグノリア('レッド・ラッキー') 平塚市・花菜ガーデン 2017/04/21

マグノリア(’レッド・ラッキー’) 平塚市・花菜ガーデン 2017/04/21

ガールマグノリア('アン') 平塚市・花菜ガーデン 2017/04/21

ガールマグノリア(’アン’) 平塚市・花菜ガーデン 2017/04/21

マグノリア 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/03/18

マグノリア 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/03/18

通称ガールマグノリアはアメリカ合衆国で作出された木が大きくならない品種群で、シモクレンとシデコブシの交配種。 ‘アン’、’ジュディ’、’ジェーン’、’スーザン’、’ピンキー’、’べティ’、’ランディー’、’リッキー’という女性の名が冠された八品種のことを総称していう。

ガールマグノリア 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/04/12

ガールマグノリア 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/04/12

マグノリア 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/03/18

マグノリア 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/03/18

マグノリアにヒヨドリ


見た目がかわいらしくなく、鳴き声がうるさく、他の小鳥を追いかけまわしていじめる様子などから人に嫌われてばかりのヒヨドリ(鵯)であるが、憎たらしいことにマグノリアの花まで(蕾のうちから)食べてしまう。所によっては膨らんだ蕾をすべてつつかれてしまって木一本丸ごと一切花が咲かないという悲惨な事態になることも。

ヒヨドリに食べられたマグノリアの蕾 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/03/18

ヒヨドリに食べられたマグノリアの蕾 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/03/18

見るからに汚らしく、無残な姿としかいいようがない。ここまでの悪さをするのは花蜜を狙ったタイワンリス(台湾栗鼠)に違いないと疑ってみたのだが、専門家によればヒヨドリの仕業で間違いないとのこと。ヒヨドリがついばんで花びらその物を食べてしまっているようだ。

ヒヨドリに食べられたマグノリア 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/03/18

ヒヨドリに食べられたマグノリア 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/03/18

ヒヨドリに食べられたマグノリア(4日後) 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/03/22

ヒヨドリに食べられたマグノリア(4日後) 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/03/22


横浜市金沢区・#金沢自然公園(なんだろ坂、マグノリア育種家眞垣哲男氏(マグズ・ピルエット(’Mag’s Pirouette’)開発者で同園職員)コレクションのもの)、横浜市旭区・#白根東公園(マグノリア育種家眞垣哲男氏コレクションのもの)

#花菜ガーデン(往にし方の小庭)

フォローする