ツタウルシ

蔦漆 ムクロジ目/ウルシ科/ウルシ属 花期/4月下旬~5月 結実期/8月~9月 紅葉/11月

有毒危険自生種

ツタウルシの幼木の葉 横浜市栄区・市境広場~鎌倉市・鎌倉霊園 2018/04/21

ツタウルシの幼木の葉 横浜市栄区・市境広場~鎌倉市・鎌倉霊園 2018/04/21

蔓性の落葉藤本(とうほん)で、雌雄異株(しゆういしゅ)。丘陵地や山地の林床に生える蔓性のウルシ(漆)の仲間。湘南・鎌倉・三浦半島で見かける機会はさほどはないが、あるところにはたくさん生えている。ハイキングコース沿いなどでは大きく成長する前に刈られてしまっていて目立たないだけかもしれない。ツタウルシはウルシの仲間としては最強のかぶれ成分を含有しているといわれるので、林の中で出遭った三出複葉の植物にはくれぐれも素手で触れたりせぬように。葉の形状がどことなく似ているものに、ツタ(蔦)の幼木、ボタンヅル(牡丹蔓)の仲間、ハンショウヅル(半鐘蔓)シロバナハンショウヅル(白花半鐘蔓)がある。

キヅタやツタと混生するツタウルシ 鎌倉市・円覚寺松嶺院 2018/04/24

キヅタやツタと混生するツタウルシ 鎌倉市・円覚寺松嶺院 2018/04/24

ツタウルシの葉は一回三出複葉(茎から分岐した柄の先に”小葉3枚×1セット”の計3枚の葉が付く)。幼木のうちは鋸歯があり、これがツタの幼木の葉にそっくり。成木になるにつれ鋸歯は減り、いずれ全縁(ぜんえん)になる。

ツタウルシの幼木の葉 横浜市栄区・市境広場~鎌倉市・鎌倉霊園 2018/04/21

ツタウルシの幼木の葉 横浜市栄区・市境広場~鎌倉市・鎌倉霊園 2018/04/21

ツタウルシの幼木の葉 横浜市栄区・横浜自然観察の森~鎌倉市・天園 2018/04/21

ツタウルシの幼木の葉 横浜市栄区・横浜自然観察の森~鎌倉市・天園 2018/04/21

ツタの幼木の葉 茅ヶ崎市萩園 2018/04/26

参考)ツタの幼木の葉 茅ヶ崎市萩園 2018/04/26

ツタウルシの花

花が咲くほど大きく成長した株をなかなか見かけない。よって花も見かけない。

ツタウルシの実

ツタウルシの紅葉


横浜市栄区・横浜自然観察の森(タンポポの道8~9、コナラの道11~18とその延長の尾根沿い=大丸山~天園)

円覚寺松嶺院

大和市・深見歴史の森

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする