サルナシ

猿梨 ツバキ目/マタタビ科/マタタビ属 花期/5月 結実期/10月~11月

食用自生種保護

サルナシの雄花 鎌倉市・獅子舞 2017/05/19

サルナシの雄花 鎌倉市・獅子舞 2017/05/19

丘陵地や山地に生える落葉藤本(とうほん)で、ふつう雌雄異株(しゆういしゅ)。キウイフルーツの日本在来種である。神奈川県内では丹沢や箱根に多いが、三浦丘陵や大磯丘陵にも自生がないわけでもない。葉柄(ようへい)が赤くなるのが特徴。花は白。

葉裏が白いものはウラジロマタタビ(裏白木天蓼)という。

サルナシの花

サルナシの雄花 鎌倉市・獅子舞 2017/05/19

サルナシの雄花 鎌倉市・獅子舞 2017/05/19

サルナシの実

実は外観のみならず中身もキウイフルーツのミニチュア版。熟したものは甘く、野良で見かける果実としては一番おいしいのではないか。

サルナシの未熟な実 富士山須走口・ふじあざみライン 2017/10/01

サルナシの未熟な実 富士山須走口・ふじあざみライン 2017/10/01

サルナシの未熟な実 富士山須走口・ふじあざみライン 2017/10/01

サルナシの未熟な実 富士山須走口・ふじあざみライン 2017/10/01

サルナシの未熟な実 富士山須走口・ふじあざみライン 2017/10/03

サルナシの未熟な実 富士山須走口・ふじあざみライン 2017/10/03

サルナシの未熟な実 富士山須走口・ふじあざみライン 2017/10/03

サルナシの未熟な実 富士山須走口・ふじあざみライン 2017/10/03


横須賀市・鷹取山、森戸川源流(林道沿い他)、獅子舞(入口に雄株)、天園ハイキングコース今泉台入口(5月10日頃、雄株、平成29年(2017)刈払われた)、散在ガ池森林公園(平成28年(2016)なし)

箱根町・県道75号椿ライン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする