ハナシュクシャ

花縮砂 ショウガ目/ショウガ科/シュクシャ属 花期/8月中旬~9月中旬

外来種

生態系被害防止外来種リスト「総合対策外来種」

ハナシュクシャ(ジンジャー・リリー) 鎌倉市・常栄寺 2012/09/05

ハナシュクシャ(ジンジャー・リリー) 鎌倉市・常栄寺 2012/09/05

インドなどを原産とする多年草。洋名ホワイト・ジンジャー。日本では主にジンジャー・リリー(Lilyはユリ(百合))ないし単にジンジャーと呼ばれることが多い。バタフライ・ジンジャーなどとも。ジンジャー(Ginger)はショウガ(生姜)のことだがここではショウガ科の花全般という曖昧な意味で用いている。神社ではなく寺に多い。なお食用ショウガは日本の本州では花を付けない。

ハナシュクシャ(ジンジャー・リリー) 茅ヶ崎市萩園 2017/08/19

ハナシュクシャ(ジンジャー・リリー) 茅ヶ崎市萩園 2017/08/19

白くて大きい可憐な花を咲かせるが、クチナシ(梔子)に似た甘い香りも楽しみたい。高温になる炎天下に弱いのか、花は朝の内の方がきれい。

ハナシュクシャ(ジンジャー・リリー) 茅ヶ崎市萩園 2017/08/19

ハナシュクシャ(ジンジャー・リリー) 茅ヶ崎市萩園 2017/08/19


宝戒寺、常栄寺、東慶寺

英勝寺、湘南平

キバナシュクシャ

黄花縮砂 ショウガ目/ショウガ科/シュクシャ属 花期/8月中旬~9月中旬

外来種改良種駆除稀少

外来生物法「要注意外来生物」(廃止)
国際自然保護連合(IUCN)「世界の侵略的外来種ワースト100」

ヒマラヤ原産。ジンジャー・リリーの仲間だが花の形状が少し異なり、花色は明るい黄色。

ニクイロシュクシャ

肉色縮砂 ショウガ目/ショウガ科/シュクシャ属 花期/8月中旬~9月中旬

外来種改良種稀少

ヒマラヤ原産。花色はサーモン色に近い。

ときどき栽培ものを見かける花弁が幅広でオレンジ色に近いものは、ニクイロシュクシャとハナシュクシャ(花縮砂)の交配種らしい。

ニクイロシュクシャの園芸種か 茅ヶ崎市萩園 2017/08/19

ニクイロシュクシャの園芸種か 茅ヶ崎市萩園 2017/08/19

ニクイロシュクシャの園芸種か 茅ヶ崎市萩園 2017/08/19

ニクイロシュクシャの園芸種か 茅ヶ崎市萩園 2017/08/19

ニクイロシュクシャの園芸種か 茅ヶ崎市萩園 2017/08/19

ニクイロシュクシャの園芸種か 茅ヶ崎市萩園 2017/08/19

ニクイロシュクシャの園芸種か 茅ヶ崎市萩園 2017/08/19

ニクイロシュクシャの園芸種か 茅ヶ崎市萩園 2017/08/19


東京都調布市・神代植物公園

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする