鳥獣保護管理法

鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律 平成26年(2014)5月30日公布、平成27年(2015)5月29日施行

鳥獣保護法(鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律)の内容を一部改訂して成立。鳥獣保護法は狩猟方法を規制し、狩猟鳥獣を”保護”することが目的であったが、保護されたニホンジカ(日本鹿)ニホンイノシシ(日本猪)が増えすぎたことから今度は植物・農作物などの被害が深刻化。これを受けて、適正数を超えたものは捕獲(要するに駆除・殺処分)も行い、保護と捕獲の両輪でバランスを保って自然環境を”管理”しようと試みる法律。

原則として、野生のすべての鳥獣(鳥類および哺乳類、卵を含む)の捕獲・採取・損傷は禁止されている。(第8条)

狩猟鳥獣

鳥獣保護法の時代から指定を受けていた”狩猟対象となる鳥獣”。本法により狩猟方法等の規制がかけられ、保護を受ける。平成28年(2016)8月1日現在、狩猟鳥獣の指定を受けているのは全48種(鳥類28種、獣類20種)。なお狩猟鳥獣に指定されていない鳥獣は、原則の通り全面的に狩猟禁止である。

具体的な規制は、(1)狩猟免許の取得、(2)都道府県への狩猟者登録・狩猟税の納付、(3)狩猟鳥獣に限定、(4)狩猟期間の限定、(5)狩猟禁止区域の設定、(6)猟法の限定。

鳥類(28種)

カワウ、ゴイサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、クロガモ、エゾライチョウ、ヤマドリ(コシジロヤマドリを除く)、キジ、コジュケイ、バン、ヤマシギ、タシギ、キジバト、ヒヨドリ、ニュウナイスズメ、スズメ、ムクドリ、ミヤマガラス、ハシボソガラス、ハシブトガラス

ウズラは、平成25年(2013)狩猟鳥獣の指定解除。平成24年(2012)の環境省第4次レッドリストにおいて「絶滅危惧II類」に挙げられたため、保護の方向へ舵が切られた。

獣類(20種)

タヌキ、キツネ、ノイヌ、ノネコ、テン(ツシマテンを除く)、イタチ(オス)、チョウセンイタチ(オス)、ミンク、アナグマ、アライグマ、ヒグマ、ツキノワグマ、ハクビシン、イノシシ、ニホンジカ、タイワンリス、シマリス、ヌ-トリア、ユキウサギ、ノウサギ

指定管理鳥獣

鳥獣保護管理法で”管理”(保護と捕獲)するよう指定された鳥獣のこと。狩猟に関する規制が緩和される。

獣類(2種)

ニホンジカイノシシ