ヤブツルアズキ

藪蔓小豆 マメ目/マメ科/ササゲ属 花期/8月中旬~9月 結実期/9月中旬~11月中旬

自生種稀少保護

ヤブツルアズキ 藤沢市大庭・小糸川土手 2018/09/12

ヤブツルアズキ 藤沢市大庭・小糸川土手 2018/09/12

蔓性の一年草。やや湿った場所が好みなのか河川の土手などで比較的多く目にするか。豆が餡子(あんこ)の原料になる栽培品種アズキ(小豆)の日本在来の原種。湘南・鎌倉・三浦半島では稀に自生を見かける程度であるが、おもしろいことにあるところにはまとまって大量にある。花がノアズキ(野小豆)とそっくりで見分けがつかないが、豆果(とうか)ができていれば形状に違いがあるため判別は可能。ヤブツルアズキの豆果は細長い線形(インゲンマメ形)で、ノアズキは明らかに幅広(キヌサヤ形)である。共によく繁る蔓植物なため夏恒例の刈払い被害に遭いやすく、見つけるのは困難。特にノアズキは(本当は自生していないのではないかと疑いたくなるレベルで)激レア。個人ブログ等でノアズキと称して紹介されているものは、湘南・鎌倉・三浦半島に限っていえばほぼすべてがヤブツルアズキのようである。

ヤブツルアズキ 茅ヶ崎市・清水谷 2016/09/09

ヤブツルアズキ 茅ヶ崎市・清水谷 2016/09/09

ヤブツルアズキ 藤沢市大庭・小糸川土手 2018/09/12

ヤブツルアズキ 藤沢市大庭・小糸川土手 2018/09/12

草地に広がるヤブツルアズキ 茅ヶ崎市・清水谷 2017/09/19

草地に広がるヤブツルアズキ 茅ヶ崎市・清水谷 2017/09/19

葉は三出複葉(茎から分岐した柄の先に”小葉3枚×1セット”の計3枚の葉が付く)。小葉は浅く三裂するものがある。

ヤブツルアズキの葉 茅ヶ崎市・清水谷 2017/09/19

ヤブツルアズキの葉 茅ヶ崎市・清水谷 2017/09/19

ヤブツルアズキの葉 茅ヶ崎市・清水谷 2016/09/09

ヤブツルアズキの葉 茅ヶ崎市・清水谷 2016/09/09

ヤブツルアズキの花

花はマメ科の黄色いもの。ノササゲ(野大角豆)タンキリマメ(痰切豆)トキリマメ(吐切豆)とは違って幅広で、花弁がくしゃくしゃっとしていて構造が判然としない感じ。

ヤブツルアズキ 茅ヶ崎市・清水谷 2016/09/09

ヤブツルアズキ 茅ヶ崎市・清水谷 2016/09/09

ヤブツルアズキ 茅ヶ崎市西久保・小出川土手 2018/09/08

ヤブツルアズキ 茅ヶ崎市西久保・小出川土手 2018/09/08

花はマメ科の蝶形花(ちょうけいか)で、ゾウ(象)の耳形をした旗弁(きべん)が一枚(左右一枚ずつではなく一枚)、前ならえしている翼弁が左右一枚ずつ、ガッツポーズをしている右腕のように見える竜骨弁ないし舟弁(しゅうべん)と呼ばれるものが一枚、で構成。竜骨弁が右側の翼弁を持ち上げてしまっているため、左右非対称で奇妙な形状に。なお蕊は竜骨弁に覆われている。

ヤブツルアズキ 茅ヶ崎市・清水谷 2016/09/09

ヤブツルアズキ 茅ヶ崎市・清水谷 2016/09/09

蜜を出すのか、(花のみならず若い実にも)小さなアリ(蟻)が集まっている。

ヤブツルアズキ 茅ヶ崎市・清水谷 2016/09/09

ヤブツルアズキ 茅ヶ崎市・清水谷 2016/09/09

ヤブツルアズキの実

インゲンマメ(隠元豆)のように細長い。

ヤブツルアズキの若い実 茅ヶ崎市・清水谷 2017/09/29

ヤブツルアズキの若い実 茅ヶ崎市・清水谷 2017/09/29

ヤブツルアズキの若い実 茅ヶ崎市・清水谷 2017/09/29

ヤブツルアズキの若い実 茅ヶ崎市・清水谷 2017/09/29

ヤブツルアズキの熟した実 茅ヶ崎市西久保・小出川 2018/10/09

ヤブツルアズキの熟した実 茅ヶ崎市西久保・小出川 2018/10/09

ヤブツルアズキ(上)と栽培品種アズキ(下)の実と種子の比較

ヤブツルアズキ(上)と栽培品種アズキ(下)の実と種子の比較


横浜市栄区・瀬上市民の森

藤沢市大庭(引地川親水公園大庭遊水地南側の小糸川土手)、清水谷(9月上旬)、茅ヶ崎市西久保・小出川(左岸土手=湘南タゲリ米の里西側、土手通路確保のための夏の刈払りで存在が大量に露見するが更なる刈払いでヤブツルアズキまで丸刈られてしまう、右岸土手にも少々)

寒川町田端(西久保橋北側の田んぼにある東京電力送電線鉄塔「湘南茅ヶ崎線No.2」柵内)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする