センニチコウ

千日紅 ナデシコ目/ヒユ科/センニチコウ属 花期/9月~10月

外来種改良種

センニチコウ 茅ヶ崎市浜之郷 2018/10/15

#センニチコウ 茅ヶ崎市浜之郷 2018/10/15

園芸栽培される、熱帯アメリカ原産の一年草。名前は、長きに渡って赤くきれいな花を保つことから。もちろん千日間(二年半以上)咲き続けるわけではない。公園花壇や民家の庭で栽培されることがある。昭和時代(-1989)はそこかしこに植えられていたド定番の花だったが、飽きられたのか意外とあまり見かけなくなってきたような。生け花や茶花(ちゃばな)としても好まれる。

センニチコウ 茅ヶ崎市・中央公園 2018/09/19

#センニチコウ 茅ヶ崎市・中央公園 2018/09/19

モンキチョウが止まったセンニチコウ 厚木市・荻野運動公園 2016/10/02

モンキチョウが止まった#センニチコウ 厚木市・荻野運動公園 2016/10/02

センニチコウ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2016/10/16

#センニチコウ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2016/10/16

センニチコウ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/11/15

#センニチコウ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/11/15

センニチコウ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/11/15

#センニチコウ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/11/15

センニチコウの葉 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/11/15

#センニチコウの葉 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/11/15

徒長気味な姿で葉が細長かったら近似種のキバナセンニチコウ(黄花千日紅)か。

ヒャクジツコウ(百日紅)といったらサルスベリ(百日紅)のこと。

センニチコウの花

シロツメクサ(白詰草)ムラサキツメクサ(紫詰草)に似たような形状の花を咲かせる。花だけの写真になるとにわかに紛らわしくなるが、これらとは全体的な姿や葉の形がまったく異なるので実物を混同することはまずあるまいが。園芸品種多く、花色は赤、紫、ピンク、白など様々あり。

センニチコウ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/11/15

#センニチコウ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/11/15

細かいことをいうと、花弁に見える部分は苞(ほう、花に付随する葉)で、その合間に小さく顔を出す蕊が花、ということらしい。

センニチコウ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/11/15

#センニチコウ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/11/15

センニチコウ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/11/15

#センニチコウ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/11/15


#大船フラワーセンター、#花菜ガーデン

鎌倉市寺分・#東光寺

関連記事 – 仲間・似ている・紛らわしい

シロツメクサ 秦野市北矢名 2017/04/06シロツメクサ

ムラサキツメクサ 葉山公園 2017/05/17ムラサキツメクサ(アカツメクサ)