ツリフネソウ

釣船草 フクロソウ目/ツリフネソウ科/ツリフネソウ属 花期/9月 結実期/10月下旬~11月

自生種保護

ツリフネソウ 茅ヶ崎市・清水谷 2017/09/19

ツリフネソウ 茅ヶ崎市・清水谷 2017/09/19

林内のやや湿った場所や湿地周辺に生える一年草で、よく群生する。野草にしては大型で、人の腰の高さくらいまで伸びる。奇妙な形状をした花が特徴。湘南・鎌倉・三浦半島の丘陵地の林内で見かける機会は多め。

ツリフネソウ 茅ヶ崎市・清水谷 2017/09/19

ツリフネソウ、黄色花はヤブツルアズキ 茅ヶ崎市・清水谷 2017/09/19

ツリフネソウ 茅ヶ崎市・清水谷 2017/09/19

ツリフネソウ 茅ヶ崎市・清水谷 2017/09/19

小学校の花壇でよく見かけたホウセンカ(鳳仙花)は東南アジア原産のツリフネソウの仲間。

ツリフネソウの花

花は葉よりも上部で咲く。

ツリフネソウ 茅ヶ崎市・清水谷 2017/09/19

ツリフネソウ 茅ヶ崎市・清水谷 2017/09/19

花の後ろっ方に距(きょ)と呼ばれる突き出しあり。くるりんと丸まる。

ツリフネソウの距 茅ヶ崎市・清水谷 2017/09/19

ツリフネソウの距 茅ヶ崎市・清水谷 2017/09/19

近似種にキツリフネ(黄釣船草)あり。隠れるように葉の下で咲き、花色は黄色、距は完全には丸まらない、といった違いあり。

ツリフネソウの実

サツマイモ(薩摩芋)の芋くらいに膨らんだら完熟。熟しても暗紫色を帯びるがほぼ緑色でつやつやでぷりぷり感を維持したまま。この実に何らかの力が加わるとそれをきっかけに果皮が一瞬にしてぱちんとカールして中に収めていた黒色の種子を遠くに弾き飛ばす。ホウセンカの実と同様の運動。

ホウセンカの実、人為的に手でつまんで弾けさせたため種子を飛ばしそこなったもの 茅ヶ崎市行谷 2018/10/20

ホウセンカの実、人為的に手でつまんで弾けさせたため種子を飛ばしそこなったもの 茅ヶ崎市行谷 2018/10/20


横浜市戸塚区・俣野園

森戸川源流、鎌倉市十二所・二階堂・吉沢川上流、鎌倉中央公園、清水谷(池西側や湿地に多く群生)

茅ヶ崎市行谷(寒川町岡田隣接の田んぼ周辺の藪に)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする