サツマイモ

薩摩芋 ナス目/ヒルガオ科/サツマイモ属 葉/8月 花期/8月~9月中旬 旬/10月~1月

食用改良種

サツマイモの葉 茅ヶ崎市萩園 2018/08/04

サツマイモの葉 茅ヶ崎市萩園 2018/08/04

中米原産という蔓性の多年草。名前の由来は薩摩(現鹿児島県)に伝わり特産品となったため。サツマイモの収穫産量は今でも鹿児島県が断トツ一位である。湘南・鎌倉・三浦半島でも市民農園でふつうに栽培されているので見かける機会は多い。

畑に植え付けられた苗が成長し葉が目立つようになるのは8月。様々な品種があるので葉の形状も一定でないが、イモ(芋)っぽい蔓植物が広い面積に這っていればサツマイモ。若い葉は紫色を帯びていることが多くそれが目印となる。
じつはサツマイモは葉や茎も食べることができる。今の時代にあってはあまり好んで食べる人もいないとは思うけれども、戦中戦後の食糧難にあっては空き地という空き地にはこぞってサツマイモが植えられて、救荒植物として葉も茎も余すところなく食べられていたと聞く。

サツマイモの葉 茅ヶ崎市萩園 2018/08/04

サツマイモの葉 茅ヶ崎市萩園 2018/08/04

サツマイモの葉 茅ヶ崎市萩園 2018/08/04

サツマイモの葉 茅ヶ崎市萩園 2018/08/04

サツマイモの花

サツマイモはじつはアサガオ(朝顔)の仲間なので花はそっくり。少し小さめで、薄紫色。ただし神奈川県ではふつう開花はせず、珍しくサツマイモの花が咲くと新聞の地域面で取り上げられている。

平成30年(2018)夏の連日30℃を軽く超えてくる、気象庁が「災害」とまで評したとんでもない猛暑であってもサツマイモは花を咲かせなかった。

サツマイモの芋

フォローする