ナツズイセン

夏水仙 キジカクシ目/ヒガンバナ科/ヒガンバナ属 花期/7月末~8月中旬

有毒外来種

ナツズイセン 茅ヶ崎市浜之郷 2018/08/01

ナツズイセン 茅ヶ崎市浜之郷 2018/08/01

中国原産の多年草。さほど多くは見かけないが栽培されることがある。自然界にあるのは栽培ものの逸出。開花時期には葉がなく花茎のみが伸び頂上で複数の花を咲かせる性質はまさにヒガンバナ(彼岸花)の仲間だが、ラッパ形の花は小振りなユリ(百合)のようでもある。スイセン(水仙)には似ていない。花色はかわいらしいやや淡いピンク色。草丈は人の膝(ひざ)上くらい。

ナツズイセン 茅ヶ崎市浜之郷 2018/08/01

ナツズイセン 茅ヶ崎市浜之郷 2018/08/01

開花からわずか四五日で見違えるほどの満開に。

ナツズイセン 茅ヶ崎市浜之郷 2018/08/05

ナツズイセン(上の2018/08/01と同一個体) 茅ヶ崎市浜之郷 2018/08/05

サフランモドキ(サフラン擬)、ホンアマリリス(本アマリリス)と見間違えやすい。


横浜市南区・こども植物園

大巧寺(8月上旬)、東慶寺、長谷寺、高麗山公園

鎌倉市西御門・来迎寺(7月末)、鎌倉中央公園(農家風休憩舎の西側)、フラワーセンター大船植物園(ハナショウブのグリーンハウス側)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする