ムラサキツメクサ(アカツメクサ)

紫詰草 マメ目/マメ科/シャジクソウ属 花期/5月~9月

外来種駆除

ムラサキツメクサ(アカツメクサ) 葉山公園 2017/05/17

ムラサキツメクサ(アカツメクサ) 葉山公園 2017/05/17

ヨーロッパなどを原産とする多年草。近似種のシロツメクサ(白詰草)と同様に河川の土手や公園などに帰化し、雑草として大量に生えている。シロツメクサとは単なる色違いではなく、葉の形状が明確に異なっている。また花序の直下に(対生した)葉があるのもムラサキツメクサの特性。言い換えれば、花序には柄(え)がない(ように見えるくらいに柄が短い)。なお花序直下以外の葉は互生。別名アカツメクサ(赤詰草)。群生地には外来種の寄生植物ヤセウツボ(痩靫)が生えていることがある。

ムラサキツメクサ(アカツメクサ)の花

花色は明るい紫ないし紫がかったピンク。濃淡や色合いには多少の変異あり。

ムラサキツメクサ(アカツメクサ) 寒川町一之宮・目久尻川沿い 2018/04/28

ムラサキツメクサ(アカツメクサ) 寒川町一之宮・目久尻川沿い 2018/04/28

ムラサキツメクサ(アカツメクサ) 平塚市・イシックス馬入のお花畑(馬入・光と風の花づつみ) 2018/04/29

ムラサキツメクサ(アカツメクサ) 平塚市・イシックス馬入のお花畑(馬入・光と風の花づつみ) 2018/04/29

白花を咲かせるものはシロバナアカツメクサ(白花赤詰草)ないしセッカツメクサ(雪花詰草)と呼ばれることも。

ムラサキツメクサ(アカツメクサ)とシロバナアカツメクサ 茅ヶ崎市西久保 2018/08/07

ムラサキツメクサ(アカツメクサ)とシロバナアカツメクサ 茅ヶ崎市西久保 2018/08/07

シロバナアカツメクサ 茅ヶ崎市西久保・小出川 2018/08/10

シロバナアカツメクサ 茅ヶ崎市西久保・小出川 2018/08/10

花序の直下に対生する葉がなかった場合、基本的にはシロツメクサを疑えばよいが、タチオランダゲンゲ(立阿蘭陀紫雲英)の可能性も念のため考慮に入れたい。タチオランダゲンゲは、全体的な様子はシロツメクサに似て、花は(シロともムラサキともいえないような)淡い紅色がふつうで、花序には(シロツメクサに比べれば短いながら)長い柄があり、小葉(しょうよう)に毛がない、といったあたりを手掛かりに。湘南・鎌倉・三浦半島にはほとんどないらしいけれども。

ムラサキツメクサ(アカツメクサ)の実

咲き終わっても葉弁は落ちずに残る。ツメクサ類に共通する特性である。

ムラサキツメクサ(アカツメクサ)の花終わり 茅ヶ崎市萩園 2018/05/25

ムラサキツメクサ(アカツメクサ)の花終わり 茅ヶ崎市萩園 2018/05/25

参考資料

『神奈川県植物誌2018』(電子版を含む) 神奈川県植物誌調査会編 神奈川県植物誌調査会発行(2018)

フォローする