マルバフジバカマ

丸葉藤袴 キク目/キク科/アゲラティナ属 花期/9月下旬~10月中旬

有毒外来種改良種駆除

生態系被害防止外来種リスト「総合対策外来種」

マルバフジバカマ 箱根町宮ノ下 2017/09/25

マルバフジバカマ 箱根町宮ノ下 2017/09/25

北米原産の多年草。茎や葉が紫色を帯びる園芸品種はユーパトリウム’チョコレート’ないしユーパトリウム’チョコラータ’の名で市販されている。ユーパトリウム(Eupatorium)はヒヨドリバナ属のこと。帰化植物として日本在来の生態系に悪影響を及ぼしており問題視されている。神奈川県内では箱根の山野に逸出しているものが有名。元は(小田急グループの箱根登山鉄道が運営している)箱根強羅公園で栽培されていたものというが、平成29年(2017)現在塔ノ沢から芦ノ湖に至るまで広範囲に自然繁殖している有様。国道1号線(東海道一般道)や国道138号線を車で走れば道路沿いにタマアジサイ(玉紫陽花)と並んでたいへん数多く見ることができる。

マルバフジバカマ 箱根町宮ノ下 2017/09/25

マルバフジバカマ 箱根町宮ノ下 2017/09/25

マルバフジバカマ 箱根町宮ノ下 2017/09/25

マルバフジバカマ 箱根町宮ノ下 2017/09/25

丸葉といっても、フジバカマ(藤袴)ヒヨドリバナ(鵯花)に比べれば葉が幅広という意味。実際の形状はまったく丸くは感じられない。葉柄(ようへい)に翼(よく)あり。

マルバフジバカマの葉 箱根町宮ノ下 2017/09/25

マルバフジバカマの葉 箱根町宮ノ下 2017/09/25

マルバフジバカマの花

花色は白。フジバカマというよりはヒヨドリバナに似る。

マルバフジバカマ 箱根町宮ノ下 2017/09/25

マルバフジバカマ 箱根町宮ノ下 2017/09/25

マルバフジバカマ 箱根町宮ノ下 2017/09/25

マルバフジバカマ 箱根町宮ノ下 2017/09/25

マルバフジバカマ 箱根町宮ノ下 2017/09/25

マルバフジバカマ 箱根町宮ノ下 2017/09/25


円覚寺松嶺院

箱根(宮ノ下から堂ヶ島への道沿いなど、9月下旬~10月初旬)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする