バクチノキ

博打の木 バラ目/バラ科/サクラ属 花期/9月中旬~下旬

稀少

バクチノキ 小田原市早川・海蔵寺 2017/09/09

バクチノキ 小田原市早川・海蔵寺 2017/09/09

常緑の高木。成長すると樹皮が剥がれ落ちることを、博打に負けて身包み剥がされる様子に見立てた名。別名ハダカノキ(裸の木)、ビランジュ(毘蘭樹)。ビランジュという名は肌が焼けただれることを意味する糜爛(びらん)に由来するだろう。温暖な九州などに自生。神奈川県内ではなぜか小田原市を中心とした西部に集中して多いが、生えているのは真言密教系寺院境内などでありおそらくいずれも植栽と思われる。千葉県鴨川にある群生地(県指定天然記念物「鴨川のバクチノキ群生地」)も大山不動が植えたものではないか。もしかしたら仏経典に登場する伊蘭樹(いらんじゅ)の代用としたか。伊蘭樹はインドにもあった大型の多年草(木質化もするらしい)で悪臭を放つ毒草トウゴマ(唐胡麻)のことという。これが香木の栴檀樹(せんだんじゅ、センダンではなくビャクダン(白檀)のこと)と対比され、伊蘭樹は悪しき煩悩に、栴檀は仏性(ぶっしょう)に喩(たと)えられた。さすれば因んで、ビランジュを寺境内の門外に、センダンを門内に植える、とかいう発想はあってもよさそうな気がする。湘南・鎌倉・三浦半島ではまず見かけない。

バクチノキ 小田原市・早川観音 2016/10/04

バクチノキ 小田原市・早川観音 2016/10/04

バクチノキのただれた樹皮 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/03/18

バクチノキのただれた樹皮 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/03/18

バクチノキのただれた樹皮 小田原市・早川観音 2016/10/04

バクチノキのただれた樹皮 小田原市・早川観音 2016/10/04

バクチノキのただれた樹皮 小田原市・早川観音 2016/10/04

バクチノキのただれた樹皮 小田原市・早川観音 2016/10/04

バクチノキの葉 小田原市・早川観音 2016/10/04

バクチノキの葉 小田原市・早川観音 2016/10/04

葉は硬そうに見えるが意外と薄くて柔らかい。樹皮も葉もサクラっぽさは感じられない。

バクチノキの葉 小田原市・早川観音 2016/10/04

バクチノキの葉 小田原市・早川観音 2016/10/04

セイヨウバクチノキ(西洋博打の木)なる外来の近縁種が公園などの生垣に利用されていることがある。

バクチノキの花

樹皮にばっかり目がいくが、サクラの仲間というのがじつに面白い。秋咲きのウワミズザクラ(上溝桜)とでもいったところか。花期はキンモクセイ(金木犀)の前。

バクチノキ 小田原市早川・海蔵寺 2017/09/09

バクチノキ 小田原市早川・海蔵寺 2017/09/09

バクチノキ 小田原市早川・海蔵寺 2017/09/09

バクチノキ 小田原市早川・海蔵寺 2017/09/09

バクチノキ 小田原市早川・海蔵寺 2017/09/14

バクチノキ 小田原市早川・海蔵寺 2017/09/14

バクチノキ 小田原市早川・海蔵寺 2017/09/14

バクチノキ 小田原市早川・海蔵寺 2017/09/14


東京都調布市・神代植物公園、横浜市金沢区・金沢自然公園(なんだろ坂

遊行寺(大井町金子・最明寺よりも北にある)

大井町金子・最明寺(参道石段のぼって山門前右手に1本、新たに生育北限とされているのはこれか)、南足柄市三竹・御嶽神社、飯泉観音、小田原フラワーガーデン、小田原市早川字飛乱地(国指定天然記念物、かながわの名木100選「早川のビランジュ」、晩夏以降はスズメバチ(雀蜂)営巣の可能性・平成29年(2017)9月14日 スズメバチにホバリングされたため撤収)、小田原市早川・海蔵寺(観察最適)、小田原市早川・早川観音

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする